全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛サロンの予備知識 > 脱毛の解約がしたい方必見!クーリングオフできる条件と手順

脱毛の解約がしたい方必見!クーリングオフできる条件と手順

脱毛の解約がしたい方必見!クーリングオフできる条件と手順

「契約したけど、やっぱりこんな高額は支払えないかも」「スタッフの勧誘に負けて契約してしまった」などと、契約後に心配や不満を感じてはいませんか?

このようなことを理由に、契約を取り消したいと思っている方は必見。実は、脱毛の契約にもクーリングオフを利用できるのです。

ただし、この制度を利用するにはいくつか条件が存在します。そこで今回は、クーリングオフの条件と、そのための手順をご紹介するのでぜひ役立ててみてください。

クーリングオフするためにはどんな条件がある?

クーリングオフするためにはどんな条件がある?

クーリングオフとは、一定期間内に必要な手続きを踏むことで、契約を解除することができる制度のことです。

クーリングオフが適用される日数や条件は、契約内容によって異なっており、脱毛サロンの場合は以下の3つになります。

契約した日から8日以内

これは、8日目の消印までが有効であるということ。もしも気に入らない点があった場合、この期限内でクーリングオフの手続きを行うようにしましょう。

契約コースの金額が5万円以上

脱毛の場合、5万円以上の契約からがクーリングオフできる条件です。

ですから、「ワキ100円」といった安い金額のコースは対象外となるので、注意しましよう。

契約コースの期間が1カ月以上

脱毛は1カ月で完了するものではないため、この条件は基本的にどのコースもクーリングオフの対象となるでしょう。

医療クリニックはクーリングオフができない

1つ注意していただきたいのが、医療クリニックでの脱毛はクーリングオフの対象外ということ。これは、美容のために脱毛を行う脱毛サロンとは違い、医療クリニックでの脱毛は医療行為に当たるからです。

そのため、特定商取引法(通信販売、訪問販売、サロン、家庭教師などの契約)が適用されません。返金保証の無いクリニックでは途中解約した後、支払ったお金を返してもらうのは難しいようです。

クリニックで脱毛したい方は、万が一のことを考えて、返金保証のあるところで契約しておくことがおすすめですよ。

クーリングオフの手順は?

クーリングオフは基本的に、前述した条件を全て満たしている上で、脱毛サロンに「契約を解除する」という旨を書面に書いて送ればOK。

ただし、「脱毛サロンに届いていない」「8日を過ぎている」などとトラブルが起きる可能性があるかもしれません。それを避けるために、公的に証明しておくことが大切になります。

内容証明郵便という手もありますが、ここでははがきを使った方法をご紹介します。クレジット払いで契約した方は、クレジット会社宛てにも同様のはがきを送ってください。

  • 1. まず、はがきの表にサロン/クレジット会社名と住所、自分の住所と氏名を記入します。
  • 2. 次に、裏面には以下のように記入してください。
  • 契約解除通知書

    契約日 ◯年◯月◯日

    販売会社名 ◯◯サロン

    住所◯◯◯◯

    電話番号◯◯◯◯

    担当者名 ◯◯ ◯◯(不明なら未記入でも可)

    商品名 ◯◯(全身脱毛コースなど契約したコース名を記入)

    契約金額 ◯◯,◯◯◯円

    (クレジット会社宛ての場合、返金振込口座も記入)

    上記契約または申し込みを解除いたします。

  • 3. 全て記入し終えたら、裏表両方のコピーを取り、郵便局へ。
  • 4. 簡易書留の手続きをしたら完了です。控えは大切に保管しておきましょう。

基本的にはこの方法で契約が解除されるはずです。ただし、サロンによってはこの方法で解除されない場合があるかもしれないため、あらかじめ確認しておいてください。

また、高額な契約をした時や、悪質なサロンなどに送る時、クーリングオフ後にトラブルの心配がある方は、内容証明郵便で通知すれば確実でしょう。

大体2週間前後、遅くても1~2カ月以内には料金が返金されるようです。

とはいえ、クーリングオフを自分で行うのが不安な方もいるかと思います。その場合は、慌てずにお近くの消費者センターに行って相談してみてください。

また、クーリングオフの通知は、必ず書面で行うことが望ましいです。なぜかというと、口頭や電話で契約の続行を説得させられてしまうかもしれないためです。

「しつこい勧誘でつい契約してしまった」なんて方は特に、直接店頭に出向いて解約の旨を伝えるのは控えた方が良いでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。脱毛の契約を解除したい方は、今回ご紹介した条件をしっかりチェックしてから、クーリングオフの制度を利用しましょう。

心配な時は、近隣の消費者センターに行ってみてください。専門のスタッフに相談すれば、安心してクーリングオフが行えるでしょう。

とはいえ、クーリングオフの手続きを行うのは手間がかかるので、できることなら避けたいですよね。

ミスマッチを防ぐためにも、事前のカウンセリングで自分に合ったサロンなのかをしっかり見極めることも大切です。