全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛サロンの予備知識 > 顔脱毛と歯列矯正の関係は?施術できない場合もあるって本当??

顔脱毛と歯列矯正の関係は?施術できない場合もあるって本当??

施術できない場合も!?脱毛と歯列矯正の関係について

顔脱毛したいと思っている方の中には歯列矯正を行っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

口の中に器具があるとはいえ、脱毛に影響が出るのではないか、そもそも施術を行ってもらえるのかといった不安や疑問が浮かぶかと思います。

実際のところ歯列矯正を行っている場合、脱毛は可能なのでしょうか。今回は脱毛と歯列矯正の関係についてお話します。

歯列矯正中の脱毛はサロンによって対応が違う

歯列矯正中の脱毛はサロンによって対応が違う

結論からいうと、歯列矯正中の顔脱毛が可能かどうかは脱毛サロンによって異なります。

顔のどの部位も脱毛不可としている脱毛サロンもあれば、プラスチック製の器具やリテーナー(マウスピース)なら脱毛可能の脱毛サロン歯列矯正中でも脱毛OKの脱毛サロンなどさまざまです。

そのため、顔脱毛をお考え中の方は、施術を受けたい脱毛サロンがどういった対応をしているのかを事前に問い合わせたり、カウンセリングの時に確認したりしておきましょう。

対して、クリニックの場合は医療機関であることから歯列矯正中でも脱毛を受け付けているところが多いようです。医師によって施術が行われるので、万が一トラブルが起こった場合でもその場で適切な処置をとることが可能だからです。

ただし、サロンに比べると費用が高いため、料金プランをよく確認して契約することが大切になります。

歯列矯正で脱毛を断られる理由とは?

歯列矯正中の歯にはコットンをかぶせるなど、歯を保護してから施術が行われるのですが、まれにトラブルが起こる場合があります。脱毛機器から発せられる光が器具に反応してやけどを負ってしまうのです。

また、脱毛の光を照射するとその部分には力が加わります。この光のせいで、器具が変形してしまったり、口の内側に痛みを感じてしまったりすることも。専門医のいない脱毛サロンではこのような肌トラブルなどの対応が難しいので、脱毛をお断りしているようです。

さらに、最近話題となっているインプラントを使っている方も、脱毛サロンによっては脱毛不可になることがあります。歯列矯正と同じく、あごの下に埋め込まれている金属のボルトが機器の光に反応し、肌トラブルを起こす恐れが考えられるためです。

銀歯や虫歯がある場合は大丈夫?

脱毛サロンの中には銀歯があると脱毛できないところがあります。例えば大手脱毛サロンのミュゼプラチナムだと、上下6本の前歯のうち、表面に銀歯、あるいは金歯があると脱毛できません。

虫歯がある場合は、基本的にどの脱毛サロンでも脱毛可能です。ただし、進行が進んでひどい状態ですと、施術時の軽い刺激によって痛みを感じることがあります。

虫歯に直接脱毛の光が影響するわけではありませんが、リラックスして施術を行うためにも、脱毛前に治療を済ませておくことがベストです。

歯列矯正していても脱毛できるサロンは?

歯列矯正していても脱毛できるサロンは?

それでは一体、どこの脱毛サロンでなら施術を行ってもらえるのか気になりますよね。

そんなみなさんのために、歯列矯正中でも脱毛できるサロンとその施術条件をまとめました。お近くに店舗があるか確認してみてください。

サロン名

歯列矯正の対応

矯正器具の種類に関係なく脱毛が可能。

・前歯上下の6本で金・銀歯が表面にある場合、顔脱毛は不可。裏側のみはOK。

・下の歯に付いている場合、あご周りの脱毛は不可。

・上の歯に付いている場合、鼻下の脱毛は不可。

矯正器具の種類に関係なく脱毛が可能。

基本的には不可。
ただし、部位によってはコットンを挟んでの施術が可能(要カウンセリング)

矯正器具の種類に関係なく脱毛が可能。

プラスチック製の器具なら脱毛可能。

おわりに

歯列矯正中でも脱毛できるかどうかは、脱毛サロンによって異なることがわかりましたね。施術可能な場合は、口内にクッションとなるようなコットンなどを詰めて施術が行われるので安心です。

それでもトラブルに対して不安を感じる方は、歯列矯正の治療が終わるまで待つか、クリニックでの脱毛をおすすめします。ご自身が納得できる形で脱毛ができると良いですね。