全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 返金は可能?脱毛サロンが倒産してしまった時の対処法

返金は可能?脱毛サロンが倒産してしまった時の対処法

返金は可能?脱毛サロンが倒産してしまった時の対処法

全身脱毛の施術を行っている途中で、そのサロンが倒産してしまったらどうしますか?

「そんなことってありえるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、経営破綻などで、ある日突然倒産してしまうケースが中には存在するのです。

もしそうなった場合、支払ってしまったお金はどうなるのか気になりますよね。

今回は、サロンが倒産してしまったときの対処法と、安心して通えるサロン選びのポイントについてご紹介します。これから脱毛を始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

サロンが倒産してしまう理由って何?

サロンが倒産してしまう理由って何?

サロンの倒産は意外と多く、経営難によるものが大半です。何の連絡も無しにお店が無くなってしまう場合や、通知が来てもその後連絡がつかなくなるといった場合もあるのだとか。

また、それ以外の理由では、たくさんの契約金を取ってからお店を閉店させるというような、計画的な倒産をする悪質なサロンもあります。

このようなお金もうけを目的としたケースは、別の場所で新たにサロンを開く可能性が高いようです。

残りの契約分は返金されない可能性がある

倒産理由の多くが経営難なことから、ほとんどのサロンは、契約者に返金できるだけの資金がありません。人気や実績のあるサロンでも、絶対に倒産しないという保証はないのが現状です。

そのため、残念ながらお金を返してもらえず、契約者が泣き寝入りすることもありえます。

「せっかく払ったお金がもどってこないなんて!」と心配な方は、高額な脱毛コースの契約をするときは分割払いにしたり、月ごとに支払いが行える月払いプランで契約したりと、万が一のときの金銭的ダメージを少しでも減らす工夫をしておいても良いかもしれません。

また、場合によっては倒産したサロンが他の企業によって買収されると、その企業で返金の措置を行ってもらえる、もしくは、脱毛の継続ができることもあるようです。

倒産したときの対処法

倒産した時の対処法

その1:契約書の内容を確認する

サロンが倒産したときはまず、契約書を見てみましょう。その文面に「前受け金の保全措置」についての記述があるか確認します。

「前受け金の保全措置」とは、サロンが倒産した場合、前払いした金額の一部、または全額を返金してもらえる措置のことです。

この記述があったら、サロンへ連絡して返金の手続きを行いましょう。

その2:消費者センターに相談しに行く

契約書に返金措置の記述がない場合は、消費者センターに連絡をしましょう。

ここでは、商品やサービスなどの消費サービスに関わること全般について、専門の相談員に相談することができます。

今後の対応の仕方や、返金は可能なのかどうかなど、問い合わせてみましょう。

その3:クレジットカード会社へ問い合わせる

クレジットカード決済で契約をしていた方は、すぐにカード会社へ連絡を入れましょう。

まだ引き落としされていない支払い分をストップさせることができます。

安心して脱毛できるサロン選びのポイント

安心して脱毛できるサロン選びのポイント

自分が通っていた脱毛サロンが倒産してしまうなんて、思ってもない事態ですよね。

しかし、少し気をつけてみると「このサロン、大丈夫?」といった違和感に気づけるかもしれません。

そこで、契約前にチェックしておくべき脱毛サロンのポイントをご紹介いたします。

無理な価格設定の契約をすすめてくるサロンは避ける

支払いが困難そうな、多額の脱毛コースの契約を迫ってくるサロンは、倒産間近もしれません。

また、施術のたびに、高い化粧品を買わせようとするサロンもおすすめしません。その契約や購入を断ることで、態度が変わるスタッフにはノルマが課せられていることが多いようです。

ですから、激しい勧誘や営業をしてくるサロンは、経営が厳しいと思って契約するのを避けたほうが安全です

広告費を削っていないかどうか

サロンにとって大きな出費となるのは、何と言っても広告費です。たくさんの契約者をゲットするためには、常にサロンをアピールし続ける必要があります。

運営が厳しくなってくると、この広告費が最初に削られることになるため、雑誌の広告や電車の中づりでサロンの宣伝が見られなくなってきたら注意したほうが良いでしょう。

この他に、インターネットで「脱毛サロン」の検索をしたとき、契約したサロンの名前を見かけなくなってきた場合も要注意です。

検索の上位に出てくるサロンというのは、多額の広告費を支払っているために、常に人目につきやすい場所をキープできているのです。

これらのことから、無名のサロンよりも広告でよく見かける大手のサロンで契約を結んだほうが、倒産の心配を少なくできるでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。決して安くない金額を支払うので、サロンが倒産してしまう場合があることを知って、不安に感じた方は多いと思います。

ですが、契約をする前に、倒産した際の返金制度について質問したり、無理な営業をしてこないかなどをチェックしたりすることで、その危険を回避できる可能性を高めることができます。

万が一、倒産した場合は、慌てずに契約書の確認、消費センターへ問い合わせるなど適切な対処を取りましょう。