全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛サロンの予備知識 > 医療レーザー脱毛は保険適用外ってホント?

医療レーザー脱毛は保険適用外ってホント?

医療レーザー脱毛は保険適用外ってホント?

ムダ毛が多かったり毛深かったりするのが気になって、皮膚科やクリニックで脱毛をしてみようかな、とお考えの方は多いですよね。

そこで気になるのが、「医療レーザー脱毛では保険が適用されないのか」ということ。脱毛は決して安いものではないので、契約する前にきちんと真実を把握しておきたいですよね。今回は、医療脱毛と保険について解説します。

医療レーザー脱毛は保険適用外なの?

医療レーザー脱毛は保険適用外なの?

医療機関による医療行為なので、保険が適用されると思いますよね。しかし、医療レーザー脱毛は保険外診療の区分であり、保険適用外となっているのです。

医療行為であるのにも関わらず、なぜ施術費を全額負担しなければならないのでしょうか?

その理由は、私たちの身体に体毛が生えているのは正常な状態であり、健康な肌に治療を加える必要がないとのことから、保険が適用されないのです。

ムダ毛の処理はケガや風邪といった身体の健康に関わることではありませんよね。ですから、病気だと認められない脱毛は「美容のための脱毛」と判断され、保険適用外となるのです。

保険が適用されるケースも!

脱毛の中でも、保険が適用されるケースがあります。それは「多毛症」とよばれる、柔らかい毛や細い毛が硬くて太い毛へと変化してしまう病気の場合です。

多毛症は、男性ホルモンや性別に関係なく、体中、または一部分に異常な量の毛が生えてしまう「無性毛型多毛症」と、男性ホルモンの影響で柔らかい毛が硬くなったり太くなったりする「男性型多毛症」の2種類に分けられます。

これは、ホルモンバランスの影響が大きいと言われていて、婦人系疾患の多嚢胞性卵巣症候群や卵巣腫瘍、薬の副作用といったことが原因にあるようです。

このようなホルモンの異常やなんらかの病気によって多毛症が発症したら、健康保険を使って脱毛が受けられる場合があります。

あくまで可能性があるということだけで、医師の判断では保険適用外とされることも。ですから、自分の判断で多毛症だと決めつけずに、脱毛の契約前に一度病院で検査を行ってもらいましょう。

医療機関によって料金が異なるのはなぜ?

医療機関によって料金が異なるのはなぜ?

病気ではない限り、脱毛には保険が利かないということがわかりましたね。

でも、同じ医療行為であるのに、なぜクリニックや皮膚科によって施術料金が違うのか疑問に思いませんか?実はこれ、美容脱毛が「自由診療」に分類されていることが理由にあるのです。

保険が適用される医療行為には、薬や診察においてそれぞれ点数が決められており、その点数を勝手に変えることはできません。

しかし、保険適用外となる自由診療ではこの点数が定められておらず、医療機関側で独自の料金プランを立てることができます。それにより、皮膚科やクリニックによって脱毛の料金が異なっているのです。

ですから、脱毛の契約する前には、公式サイトを見たり、カウンセリングでスタッフに質問したりして、施術にかかる費用を確認しておくことが大切です。

中には、期間限定で割引キャンペーンを行っていたり、紹介割りや学割が利いたりするところもあるようですよ。

また、脱毛の照射漏れなどがあった場合に再照射の保証があるかどうか、アフターサービスは充実しているか、サロンの雰囲気の良しあしなどをチェックし、クリニック同士を比較してから決めることも選び方のポイントになります。

おわりに

医療レーザー脱毛は美容脱毛になるので、多毛症などの病気ではない限り、保険適用外となることがわかりました。

自己負担の金額になるため費用はそれなりにかかりますが、キャンペーンを活用すれば賢くお得に通うことができます。

クリニックでの脱毛は万が一の肌トラブルにもすぐに処置してもらえるというメリットも大きいですよね。

脱毛は決して安いものではない上に、何回も通う必要があるので、自分が気持ち良く施術を行っていけるところを選びましょう。