全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛サロンの予備知識 > 医療脱毛の痛みが怖い方も安心!3つの麻酔方法とその効果

医療脱毛の痛みが怖い方も安心!3つの麻酔方法とその効果

医療脱毛の痛みが怖い方も安心!3つの麻酔方法とその効果

脱毛サロンで脱毛するよりも痛みが強いといわれている医療脱毛。脱毛初心者の方にとってはどれほどのものなのか想像がつきませんよね。

「どうしても痛いのが怖くて脱毛に踏み切れない!」そんな思いを抱えているばかりに施術を渋っていませんか?

そんな不安はクリニックで麻酔を打ってもらえば解決です!今回は医療脱毛に使われる3つの麻酔方法についてご紹介します。

医療脱毛で使われる3つの麻酔方法

医療脱毛で使われる3つの麻酔方法

医療脱毛で使われる麻酔には「笑気ガス」「麻酔テープ」「麻酔クリーム」の3つがあります。それぞれ効果が現れるまでの時間や注意点が異なります。

また、基本的に女性の脱毛施術で使用される麻酔はそれほど強いものではないといわれています。そのため、「麻酔は施術時の痛みを感じにくくさせる」程度のものと捉えておきましょう。

ここでは各方法どのように麻酔が行われるのかをご紹介していきます。

笑気ガス

笑気ガスによる麻酔は、歯の治療でも用いられるもので、亜酸化窒素を鼻から吸うことでその効果を発揮します。

吸引マスクを装着後およそ30秒で効果が現れ始め、お酒を飲んだ時のような、ほわほわとした状態になります。眠気も感じるため、施術中に寝てしまう方も中にはいらっしゃるようです。

妊娠している、その可能性が少しでもある場合は笑気ガスを使えないため、麻酔クリームを選びましょう。

とはいえ、妊娠さんはホルモンバランスの関係で肌が敏感な状態になっているので、トラブルを招かないためにも脱毛自体控えたほうが良いです。

麻酔クリーム

麻酔クリームは施術したい部位に塗布するタイプです。効果が現れるまでには30分ほどかかるので、施術前までにクリームを塗っておく必要があります。

塗布後は皮膚の感覚が徐々に鈍り、しびれが出てきた後数時間ほど持続します。笑気ガスよりも強い麻酔なので、あまり効果が得られなかった方はこちらの方法を試してみましょう。

麻酔クリームの注意点として、リドカイン(キシオロカイン)とよばれる薬剤にアレルギーがある方は使用できません。

また、過剰に使うことで中毒を起こす恐れがあるため、全身脱毛を受ける時は全身に塗布するのではなく、一番強く痛みを感じる部位のみにしましょう。

麻酔テープ

これは薬剤のついたテープを皮膚に貼る方法です。主成分は麻酔クリームと同じリドカインですが、薬剤の量が少ないので麻酔テープのほうが効果は弱めです。

麻酔を使う人は少ない?

昔に比べて、医療脱毛の施術時に感じる痛みは少なくなってきたため、麻酔を希望する方は少ない傾向にあります。

これは脱毛に使用される機器に冷却装置が備わったり、皮膚を吸引しながらレーザーが照射されるような仕組みが施されたりといった、脱毛技術の向上が理由に挙げられます。

また、なるべく痛みを感じさせないようにレーザーを照射する時の当て方や、角度に十分配慮するなどの工夫もされているようです。

しかし、痛みを感じやすい部位や痛みに弱い方は無理に我慢をする必要はありません。照射に耐えられそうになかったら、すぐにスタッフへ申し出ましょう。

不安な方はカウンセリング時にテスト照射を!

不安な方はカウンセリング時にテスト照射を!

麻酔の使用でお悩みの方は、クリニックの無料カウンセリング時にテスト照射を行ってもらいましょう。

不安や恐怖心で痛みを感じやすくなることもあるようなので、本番前に痛みがどの程度か確認しておくという意味でも、テスト照射をしてみることはおすすめです。

麻酔を使う場合は体質やアレルギーの有無などをしっかりと伝え、当日トラブルが起きないようにしましょう。

おわりに

医療脱毛の麻酔について、理解は深められましたでしょうか。

最近は脱毛技術の向上によって痛みを軽減させる工夫がされてきたことで、麻酔を使う方は少なくなってきました。

ですが、脱毛は痛みを感じやすい部位もあるので、不安な方はテスト照射を行ったり、部分的に麻酔を使用したりすることがおすすめです。

リラックスすることで痛みが緩和するともいわれているので、施術時の不安や疑問はカウンセリングの時点で解決しておけるといいですね。