全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > パーツの分け方が違うだけ!?全身脱毛の部位数のからくり

パーツの分け方が違うだけ!?全身脱毛の部位数のからくり

パーツの分け方が違うだけ!?全身脱毛の部位数のからくり

脱毛サロンを比較していると、サロンによって部位数に違いがあるとお気づきになった方もいらっしゃるかもしれません。果たして部位数が多い方がお得なのでしょうか。

今回は全身脱毛の部位数のからくりと、選ぶ上での重要なポイントをご紹介します。

部位数が多い方がお得なの?

結論から述べると、部位数が多いからといってお得であるとは限りません。同じ部位であってもサロンによって分け方が違うため、数が違うだけだからです。

例えば、「ひざ上」と一言でいっても、銀座カラーでは「ひざ上」という1部位でカウントしているのに対して、ストラッシュでは「左ひざ上表、左ひざ上裏、右ひざ上表、右ひざ上裏」の4部位で分けられています。

パーツを細かく分ければ分けるほど、部位数が増えるのは当たり前ですね。

部位数が多い方が一見とてもお得に見えます。営業戦略として見せ方を工夫している場合もあれば、ただ施術をする側がわかりやすいようにパーツを細かく分けていることもあります。

つまり、サロンによって分け方が違うだけなので、部位数の多さで比較しても意味がないということです。

部位数より重要なのは施術範囲

部位数より重要なのは施術範囲

それでは一体なにで比較するべきなのでしょうか。比較するときに重要になるのは、ズバリ「施術範囲」です。

基本的には施術できる部位は、どのサロンもほとんど変わりません。

ただし、顔とVIO」だけは、サロンによって全身脱毛に含まれている場合と含まれない場合があります。全身脱毛というと、くまなく全ての部位が施術できると勘違いしてしまいがちなので注意しましょう。

単純に全身脱毛の料金や部位数で比較すると、あとから悔やんでしまうことになりかねません。施術範囲がどこからどこまでなのか、きちんとチェックすることが大切です。

顔やVIOは、別コースになっていることが多い人気の部位です。全身脱毛に含まれているということは、全身脱毛の料金自体が高い可能性があります。

自分がどこまで脱毛したいのか、どの程度まで金額を出せそうかを事前に考えておくといいでしょう。

顔とVIOがどこまで脱毛範囲なのかをチェック!

顔の細かい部位

顔とVIOも脱毛したい場合は、全身脱毛で契約した方がお得な料金で施術ができます。

ただし顔とVIOは、サロンごとに考え方が異なり脱毛範囲に差が大きい部位です。特に顔パーツの脱毛範囲には大きな開きがあります。

    サロン自体で取り扱っていない

    口周りのみ

    頰骨(きょうこつ)下までで、オデコはできない

    まぶた以外はほぼ脱毛可能

もし顔の産毛もキレイにしたいのであれば、顔の施術範囲が多いところにするといいでしょう。

ただし脱毛自体はできるものの全身脱毛には含まれておらず、別コースで契約しなくてはいけないサロンもあるので要チェックです。

ちなみに脱毛サロンでは眉毛やまぶたなど目の周辺は施術していません。顔は皮膚が薄いといわれていますが、その中でも特に目の周辺はデリケートな部分です。目にレーザーが入る危険性もあるため、医療機関で細心の注意を払って施術をする必要があります。もし眉毛を脱毛したいなら、医療機関で相談するようにしましょう。

VIOも扱いに違いがあります。

Vラインは比較的どこの脱毛サロンも扱っていますが、粘膜に近いIOラインは施術対象外もしくは別コースのみの対応となっている場合があります。

デリケートゾーンと記載があり実際に施術してみたら、IOラインは施術対象外だったということもあるので注意が必要です。

顔・VIOも全身脱毛に含まれているサロンは?

顔、VIOが全身脱毛に含まれているサロンを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ストラッシュ

ストラッシュ

対象部位:顔全体、VIO

ストラッシュの61カ所の全身脱毛には、顔とVIOが含まれています。ストラッシュの脱毛方式は産毛にも効果の高いSHR方式です。顔の産毛に悩んでいる人は、満足のいく効果を得ることができるでしょう。

料金も顔とVIOが含まれている割にリーズナブルで、全体的におすすめ度の高い脱毛サロンです。

   

キレイモ

キレイモ

対象部位:顔全体、VIO

キレイモの33カ所全身脱毛は、顔全体を脱毛できる他、VIO全てが施術範囲です。顔パーツは細かい部分まで脱毛できるので、くまなくキレイにできます。

IPL脱毛を採用しており、冷却ジェルを使わない分スピーディな脱毛が可能です。スリムアップ成分配合のローションで顔痩せも狙えます。

   

恋肌

恋肌

対象部位:顔全体、VIO

55部位の全身脱毛に顔とVIOも含んでいます。恋肌は料金が安いことに定評があります。安さを求めるなら検討しておくべきサロンでしょう。

恋肌では国産の脱毛機器を使用しています。安いプランだとLVSという機器を使いますが、効果が出るのが遅いという意見が多いです。お金に余裕があればシルキーライトⅡのプランを検討するといいでしょう。

   

C3(シースリー)

C3(シースリー)

対象部位:顔全体、VIO

C3の53カ所の全身脱毛は顔、VIOどちらも対象部位になっています。

脱毛機器は国産のルネッサンスGT-Rを使用しています。日本人の肌と毛質に合うように作られているので、デリケートな顔とVIOへの負担を極力減らしてくれます。

   

銀座カラー

対象部位:顔全体、Vラインのみ

銀座カラーの「新・全身脱毛」は24部位脱毛プランを選択すると、顔全体を脱毛することができます。ただし全身脱毛のプランだと、デリケートゾーンはVラインのみでIOラインは対象外なので注意しましょう。

   

おわりに

いかがでしたか?

全身脱毛の部位数はただパーツの分け方が違うだけで、重要なのは施術範囲です。

全身脱毛に顔とVIOが含まれていない場合があるので、キチンとチェックしてサロンを選ぶようにしましょう。