全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛の豆知識 > ムダ毛が生えにくくなる?イソフラボンの持つ効果って?

ムダ毛が生えにくくなる?イソフラボンの持つ効果って?

抑毛効果アップ?イソフラボンの持つ効果って?

豆乳ローションやイソフラボンローションにはムダ毛の発生を抑制する抑毛効果があるというのを、雑誌やテレビなどで聞いたことはありませんか?本当にイソフラボンには抑毛効果があるのか、どのくらいの効果があるのか気になりますよね。

今回はイソフラボンの抑毛効果について考察していきます。

イソフラボンってなに?

イソフラボンというのは大豆に含まれているポリフェノールの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするのが特徴です。

美肌やバストアップ効果があると聞いたことがある人も多いと思いますが、それはイソフラボンの効果によるものです。

大豆自体が、タンパク質や必須アミノ酸など美容や健康に良い栄養素を多く含んでいるので、美容食品の代表格と言ってもいいかもしれません。

美容と健康に良いことで有名なイソフラボンですが、実は抑毛効果があることがわかっています。

イソフラボンはなぜ抑毛効果があるの?

woman-question

イソフラボンには発毛のもとである乳毛頭と毛母細胞を包んでいる「毛包」の働きを抑える効果があります。

これはもともとエストロゲンの性質によるものですが、似た働きをしているイソフラボンにも同じような効果があることがわかっています。

男性ホルモンをいかに抑えるかが抑毛の鍵です。男性ホルモンが多いと毛が濃くなるというのは本当で、妊娠したり更年期になったりすると、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になり、体毛が濃くなることがあります。

女性ホルモンであるエストロゲンは、加齢やストレス、自律神経の乱れなどホルモンバランスの崩れの影響を受けやすくなっています。

逆に男性ホルモンは減りにくいので、女性ホルモンが減っていくと相対的に男性ホルモンが優位のホルモンバランスになってしまいます。

減ってしまったエストロゲンを補う役目をするのがイソフラボンです。イソフラボンにはエストロゲンの不足している部分をカバーする性質があります。

体内のエストロゲンが減っていても、イソフラボンを摂取して補うことで女性ホルモンが優位になり、ムダ毛が生えるのを抑えることができるというわけです。

どのくらいの効果があるの?

抑毛効果には個人差があります。なぜなら人によってもともと持っている男性ホルモン量に違いがあるからです。

女性はホルモンバランスが変わりやすい生き物です。思春期や更年期はもちろん、生理前後などでもホルモンバランスが変わります。

前述したように男性ホルモンは減りにくいため、実際に影響を受けやすいのは女性ホルモンです。

日々変わっていく女性ホルモン量を測りながら、日々男性ホルモンよりも優位にしようと思ってもコントロールはできません。

また、抑毛効果はありますが、ムダ毛を薄くするような効果はないので注意しましょう。

毛包の働きを鈍らせて毛自体が多少細くなる可能性もありますが、過度な期待は禁物です。

脱毛サロンでは乳毛頭や毛母細胞に対して人工的にダメージを与えて、ムダ毛を生えにくくさせます。イソフラボンの効果は自然なものなので、さすがに脱毛施術には及びません。もし即効性と確実性を求めるのであれば脱毛を受ける方が賢明です 。

ちなみに、イソフラボンは食べて摂取することをおすすめします。

ローションもありますが、角質層までしか浸透しないので、効果はあまり期待できません。

効果的なイソフラボンの摂取方法

効果的なイソフラボンの摂取方法

イソフラボンはどのくらいとればいいのでしょうか。

一般には1日70~75mgと言われています。

食品で例えると、納豆なら1パックで約36mg、豆腐150gで約38mg、豆乳1パック200mlで約41mg、みそ汁1杯で約6mgが目安です。

食べすぎると体内のホルモンを抑制されてしまうことがあるので気をつけましょう。

イソフラボンは水溶性なので、ゆでると水に溶けだしてしまいます。温める場合には蒸すか、ゆでるならスープなどにして一緒に食べるようにします。

また1日1食で規定量を食べるのではなくて、1日2~3食に分けて毎日とることをおすすめします。

イソフラボン摂取後の吸収ピークは2時間後で、6~8時間たつとイソフラボンが半減してしまいます。そのため1食で1日分のイソフラボンをとるよりも、毎食で小分けにして食べた方が効率が良いのです。

24~48時間で排出されてしまうので、毎日大豆製品を食べ続けることも重要です。

イソフラボンの抑毛効果や影響はゆっくり現れます。人は即効性を望んでしまうものですが、日々の生活習慣に組み込んでいけば、いずれ効果を実感する時がやってきます。

焦らずに毎日食べる習慣を作っていきましょう。

おわりに

いかがでしたか?

イソフラボンの抑毛効果は毎日コツコツ大豆製品を食べ続けることで得られます。

しかし、食べ物でとると即効性には欠けてしまうので、早くムダ毛をなくしたいと考えているのであれば脱毛施術も視野に入れておくといいかもしれません。

大豆製品はイソフラボン以外にも、美容や健康に良い栄養素が多く含まれているので、適切な量を守って積極的に食べることをおすすめします。