全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛の豆知識 > 赤ちゃんへの影響は?妊娠中の脱毛事情

赤ちゃんへの影響は?妊娠中の脱毛事情

妊娠中の脱毛について

妊娠すると今までの日常が一変して、バランスの良い食事にいっそう気を遣ったり、身体に負担の少ないファッションをしたりと、赤ちゃん中心の生活になりますよね。

でも、妊婦さんだって最低限の身だしなみくらいはきっちりしておきたいものです。

妊婦検診も定期的に受けなければならないので、そのときに「ムダ毛が生えた身体を見せるのはちょっと恥ずかしいから」と、脱毛をしたくなる方は多いと思います。

その半面、「赤ちゃんに影響はない?」「そもそも、妊娠中って脱毛してもいいの?」など、いろいろな疑問が出てくるのではないでしょうか。

そんな女性のために、ここでは妊娠中の脱毛事情についてご紹介します。

妊娠中の脱毛について

赤ちゃんへの影響は?妊娠中の脱毛事情

施術に使用される脱毛機器の光は、おなかの中の赤ちゃんに直接的な影響を与えることはないと言われています。

とは言え、ほとんどのサロン・クリニックでは、妊娠している方への施術を断っている場合が多いです。

脱毛の光を照射したときに感じる痛みが原因で、子宮収縮を引き起こしたり、陣痛を誘発してしまったりなど、妊婦さんの身体に大きな負担がかかってしまうからです。

また、赤みがなかなか引かないといったトラブルにつながる可能性もあります。そのため、妊娠中の方はできるだけ脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛を控えたほうが良いでしょう。

妊娠中に脱毛したときに起こる症状について

肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなる

妊娠中はホルモンバランスが不安定になります。それによって、妊娠前に比べて肌が敏感になっているため、脱毛機器の光に身体が激しく反応してしまうようです。

痛みを感じたり、肌荒れなどのトラブルを起こしたりといった恐れや、シミができやすくなったり、肌が乾燥しやすくなったりする場合もあります。

毛周期が乱れて脱毛の効果を感じにくくなる

人間の身体には毛周期というものがあり、一定の期間がたつと今まであった毛は自然と抜け落ちて、新しい毛が生えてきます。

毛周期は「成長期→退行期→休止期」というように繰り返されていますが、妊娠中はこのサイクルが乱れてしまうため、毛の寿命が一時的に長くなり、施術を行っても脱毛の効果を実感しにくくなると言われています。

妊娠中の自己処理について

妊娠中の自己処理について

ワックス・除毛クリームの使用は控える

脱毛サロンやクリニックで脱毛が受けられないとなると、自宅で自己処理をすることになります。ここで使用を避けたいのが、脱毛ワックスと除毛クリームです。

ワックスは一度にたくさんの毛を抜くことができ、その上次の新しい毛が生えてくるまでにある程度時間があくので、とても便利ですよね。

しかし、妊娠中の敏感になった肌にワックスを使用すると、毛を引き抜くときの刺激によって、炎症を引き起こす、もしくはかぶれる可能性があります。

除毛クリームも同様に、クリームに含まれる薬剤が肌を刺激して、ピリピリとした痛みを感じたり、色素沈着の原因になったりする場合があります。

電気シェーバー・カミソリがおすすめ

妊娠中に自己処理を行うときは電気シェーバー、カミソリを使ってムダ毛の処理を行いましょう。

電気シェーバーもカミソリも、ワックスや除毛クリームよりも負担が軽減されるとはいえ、少なからず肌にダメージが加わります。自己処理するときは、肌の表面を優しく滑らせるように、力を入れずにそってください。

また、カミソリを使用する際は、必ずクリームやシェービングジェルをたっぷり塗って、カミソリ負けを起こさないように注意しましょう。

自己処理した後は、肌に優しい敏感肌用の乳液などでしっかりケアすることが大切です。

おわりに

妊娠中の脱毛は、胎内の赤ちゃんに直接的な影響はありません。ですが、赤ちゃんを育てる妊婦さんにもしものことが起きたら大変ですよね。

それに、妊娠中は少しのことでもストレスを感じやすかったり、体調も不安定になりやすかったりします。

余計な心配事やトラブルを増やさないためにも、妊娠中の脱毛は控え、ムダ毛の処理は自己処理のみにしておきましょう。