全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 毛には種類があるって知ってた?性毛と無性毛の違い

毛には種類があるって知ってた?性毛と無性毛の違い

毛には種類があるって知ってた?性毛と無性毛の違い

腕や足、ワキなど、私たちの身体の至るところに生えている毛。場所によって波状の毛や直毛、色が薄い毛・・・さまざまな形状の毛がありますよね。

みなさん、これらの毛が大きくわけて「性毛」「無性毛」の2種類に分類されることをご存じでしょうか?全身脱毛をするにあたって、これらの毛の役割について知っておくのはとても大切になります。

体毛の種類によって、脱毛がしやすい、しにくいことがあるためです。ここでは、その違いについて解説していきます。

性毛について

性毛について

性毛は、性ホルモンの影響を受けて生えてくる毛のことを指します。

これは、身体つきの変化や声変わりなどで、男女の区別がはっきりされ始める「第二次性徴期」を迎えると見られるようになる毛です。

そして、この性毛はさらに「男性毛」と「両性毛」にわけられます。

男性毛は男性ホルモンが働くことで生えてくる毛、両性毛は性ホルモンの影響で男女ともに生える毛です。男性毛と両性毛が生える部位は以下の通りです。

毛の種類

生える部位

男性毛

ヒゲ・胸毛・頭頂部・前頭部・陰毛上部・手足の硬い毛・背中

両性毛

ワキ・陰毛下部

女性でこれらの部位の毛が濃い方は、男性ホルモン(テストステロン)が活発に分泌されている人だといえます。

また、性毛には「生える向きがバラバラで、太くて硬い」「毛穴に体臭が発生する元になるアポクリン汗腺がある」「毛根を包む組織(毛包)が強い」などの特徴があります。

性毛にはフェロモンを分散させる働きがある

フェロモンを分散させるのは性毛だけの役割です。フェロモンというのは、アポクリン汗腺から出る汗のことを指し、これが分泌されて陰部の毛に絡むことで、匂いが分散されていきます。

この匂いを嗅ぐと男性は興奮状態になるといわれているようです。

ですから、性毛は、女性としての魅力を最大限に発揮するための大事な毛だということがわかりますね。

無性毛について

無性毛は男女の差がはっきりする以前から生えているもので、頭頂部や後頭部をはじめ、眉毛やまつ毛、手足の毛を指します。

無性毛は性毛に比べると性ホルモンの影響を受けにくい傾向にあるようです。

性毛と無性毛に共通する役割

性毛と無性毛に共通する役割

性毛と無性毛には、保湿したり、身体を守ったりする役割があります。

毛穴から皮脂が分泌することで、肌に潤いをもたらし、乾燥するのを防いでくれるのです。

そして、身体を守るという役割に関して、陰毛は特に重要です。薄着や水着になる季節になると、陰毛を邪魔に感じる方は多いですよね。それに、毛量が多くてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、非常にデリケートで傷つきやすいところだからこそ、たくさんの毛が生えることで、陰部の保護が可能となっているのです。

とはいえ、全くお手入れしないというのは気が引けますよね。自己処理する際は、下着や水着から見えない部分や、気になるところの形を整える程度にしておきましょう。

脱毛しやすい毛はどっち?

結論からいえば、脱毛しやすいのは無性毛です。

性毛は太くて硬いことや、毛包がしっかりしているという特徴があることから、「脱毛しにくいのでは?」と思われる方がいると思いますが、そうではありません。

実は、これには毛周期が大きく関係しています。

性毛の毛周期は1~2年と長いので、そのサイクルに合わせて脱毛を行っていくとなると、脱毛が完了するのに時間がかかってしまうのが理由です。

ですから、性毛よりも毛周期が短い無性毛の方が、短期間での脱毛が可能なのです。

おわりに

性毛と無性毛の違いについて、理解できましたでしょうか?どちらの毛も、私たちの身体にとって大切な役割を持っています。

ですが、女性としての身だしなみのためには、ムダ毛の存在が邪魔になりますよね。そのため、脱毛をお考えの方は多くいらっしゃると思います。

性毛と無性毛は、毛周期の関係で脱毛にかかる時間が異なっているので、全身脱毛をする時はその点を考慮して予約を取れば、効率よく脱毛を行っていけるでしょう。