全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 自己処理でカミソリ負け!原因と対処法は?

自己処理でカミソリ負け!原因と対処法は?

自己処理でカミソリ負け!原因と対処法は?

普段どのような方法でムダ毛処理をしていますか?最近は、自宅で使える脱毛器具やブラジリアンワックスなどを使用している人もいるようですが、やはりお手軽な「カミソリ」を使っている人が圧倒的に多いようです。

しかし中には、「カミソリで念入りに自己処理したらカミソリ負けしてしまった」という人も少なくないのではないでしょうか。つらい赤みやかゆみが起こるだけでなく、人によっては赤いブツブツができてしまうこともあるので、できるだけ早く何とかしたいですよね。

思い当たることがあるかも?カミソリ負けが起こる理由5選

自分ではいつも通りに自己処理していたつもりでも、なぜかカミソリ負けの症状が出てしまった…ということはありませんか?そもそも「カミソリ負け」とは、カミソリでムダ毛をそった後に肌に炎症が起こる症状のことで、場合によってはかゆみ、赤みのほか、湿疹などを生じることもあるそうです。

カミソリ負けが起こる原因は人によってさまざまではありますが、以下のような要因が関係していることが多いといわれています。

カミソリが不衛生、もしくは刃を交換していない

カミソリの刃がさびてしまっていたり欠けてしまっていたりすると、そるときにいつも以上に力が入ってしまい、その分肌を傷つけてしまいがちです。そうなると肌に赤みが残ったり色素沈着が起きたりと、いわゆる「カミソリ負け」の症状が起こりやすくなるといわれています。さらに切れ味が悪いカミソリを使用していると、刃にムダ毛が引っ掛かってしまい毛穴に負担がかかることもあるようです。

逆ぞりをしている

カミソリでムダ毛を処理する場合は、基本的には毛の流れに沿ってカミソリを滑らせていく必要があります。しかし「触ったときのザラザラ感が気になる」「きれいにそれない」といった理由から、毛の流れに逆らった、いわゆる「逆ぞり」をしてしまう方も少なくはないとか。逆ぞりすると確かに仕上がりがきれいになるかもしれませんが、その分肌を傷つけやすい方法でもありますし、出血の原因にもなります。

ボディーソープやせっけんを使用している

ムダ毛をカミソリで処理するとき、プレケア(事前のケア)として何を塗布していますか?カミソリを使用する場合は、基本的に専用のシェービングジェルやシェービングフォームをあらかじめ塗布しておく必要があります。

しかし、入浴に合わせてムダ毛処理を済ませてしまおうという女性は少なくはなく、その際にボディーソープやせっけんを泡立ててシェービング剤の代わりにしてしまうことも多いのだとか。

そもそもボディーソープやせっけんは肌の皮脂を洗い流すためのものなので、肌を保護するためのシェービング剤とは目的とする用途が異なり、代わりとして使用することはできません。

アフターケアを怠っている

カミソリで自己処理した後、きちんとアフターケアを行っていますか?カミソリを当てた肌はしっかりと保湿ケアを行っておかないと、乾燥が進んだり肌トラブルの原因となったりすることもあるそうです。

体調不良

女性の場合は特に、生理中はムダ毛処理を行わない方が良いといわれています。さらに生理中だけでなく風邪をひいているときや体調がすぐれないときにもカミソリ負けしてしまうことが多いようです。

体調不良のときなどは肌の免疫力も低下していることがあり、その場合に細菌が侵入しやすくなることで「毛嚢炎」という赤いブツブツが発生しやすくなるためです。ちなみに毛嚢炎は、肌が乾燥していたりコンディションが悪かったりするときにも発症しやすいといわれています。

カミソリ負けを起こしやすい人って?

カミソリ負けを起こしやすい人って?

カミソリ負けはカミソリを誤った使い方をした時に引き起こされますが、体質によってもカミソリ負けを引き起こしやすいと言われています。

特にカミソリ負けを起こしやすい、三つのタイプ別にご紹介いたします。

敏感肌

カミソリは肌への刺激や負担が強いので、当然肌が弱い敏感肌の方は特にカミソリ負けを引き起こしやすいと言えます。また、金属や薬品に反応しやすいアレルギー体質の方もカミソリ負けを起こしやすいようです。

普段は大丈夫という方であっても、生理中や生理前後はホルモンバランスの影響でお肌が過敏になっている時なので、このタイミングでのカミソリを使ったお手入れはなるべく避けるようにしましょう。

毛量が多い・毛質がしっかりしている

毛量が多く、毛質も太い剛毛体質の方は、しっかりした毛質のせいでカミソリの刃が劣化するのが早く、スムーズにそれないためカミソリ負けを引き起こしやすいようです。

また、そったあとの毛の断面が目立つからと何度もそってしまい、肌が赤くなってしまうのもこのタイプの方に多く見られます。

色白の肌

肌が白い方は少しでも炎症が起こると赤みが目立ってしまいます。

例えば、色白で敏感肌の方、色白で剛毛の方などは症状が出やすいので、注意が必要です。

自分でできるカミソリ負け対処法とは

自分でできるカミソリ負け対処法とは

かゆみや赤みが出たら冷やす

カミソリ負けで肌にかゆみが出た時は、かきたい気持ちをおさえて患部を冷やすようにしましょう。

これでカミソリ負けが治るわけではありませんが、体温が上がるとかゆみが増すため、冷やすことでかゆみを多少抑えることができます。

市販薬を塗る

カミソリ負けしてしまったときには、市販の薬を使い対処することも可能です。

市販で売られている軟こうには、止血作用や殺菌・消毒作用、かゆみや炎症を抑える作用を持つものも多くあるので、カミソリ負けにも効果を発揮するでしょう。

「市販の薬を試してみても効果が無い」「かゆみや赤みが引けない」といった場合には、迷わず皮膚科で診療を受けましょう。皮膚科では、赤みやかゆみの症状に応じて適切な軟こうを処方してもらえます。

カミソリ負けを防ぐ対策法

肌を温めてから

何もしていない状態でカミソリを使うと、刃が肌に引っかかりやすく、カミソリ負けの原因になります。

お手入れの前にホットタオルで肌を温めることで、肌や毛穴がやわらかくなり、刃の引っかかりを防ぐことができます。

専用のジェルやクリームを使う

肌に何も付けていない状態でカミソリを使うのはNGです。専用ジェルやクリームを使って、お肌への刺激を最小限に減らしましょう。また、そる際は肌を傷付けないために毛の流れに沿ってそりましょう。

処理後は冷却&保湿

ムダ毛処理が終わったら、赤みやかゆみを防ぐために、冷やしたタオルなどで肌を冷やしましょう。カミソリを使った後の肌は乾燥しがちなので、化粧水やクリームでしっかり保湿することも忘れずに。

カミソリ負けから脱却するには?

カミソリ負けから脱却するには?

せっかくムダ毛をきれいにしたくて自己処理したのに、カミソリ負けで赤身やブツブツができてしまえば取り越し苦労に。さらにカミソリ負けしてしまった部分にもまたムダ毛は生えてきますし、「そってはケアの繰り返し」という無限のループに巻き込まれてしまう女性も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、「全身脱毛」です。脱毛サロンや医療機関で全身脱毛を行うことで、カミソリ負けからはおさらばすることもできますし、自己処理の手間からも脱却することができますよ!

   

おわりに

いかがでしたか?最近はカミソリ負けしている肌でも脱毛施術を行うことができるサロンもあるようですし、多くのサロンでは施術を受ける前に無料でカウンセリングが実施されているので、あらかじめ担当の方に相談しておくことも可能です。カミソリ負けで必要以上に肌を傷めてしまう前に、ぜひ負担が少ない全身脱毛を検討してみてください。