全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 目指せ美肌!自分に合った化粧水の選び方は?

目指せ美肌!自分に合った化粧水の選び方は?

目指せ美肌!自分に合った化粧水の選び方は?

美肌を目指すのに欠かせない化粧水ですが、今使っている化粧水は本当に自分に合っているものなのでしょうか。

実際に自分が使っている化粧水が実は合わないものだと気付かずに使い続け、肌トラブルを引き起こしてしまう人もいます。

毎日使うものだからこそ失敗したくない、自分に合った化粧水の選び方をご説明します。

1. スキンケアで重要な”保水”すること

スキンケアで重要な”保水”すること

スキンケアでは保湿をすることが重要だと言われていますが、実は大切なのは”保水”です。

保湿をすることももちろん肌のためには欠かせないことではありますが、保水力の低いスキンケア化粧品を使っても肌質は改善しません。

特に、乾燥肌の人は水分が蒸発しやすい化粧品を使うことですぐに肌が乾燥してしまい、肌がくすみやすくなってしまいます。

スキンケアの中で乳液やクリームを重視することも間違いではないのですが、化粧水で水分をしっかり補わないと結局は水分と油分のバランスが崩れてしまいます。

肌本来の力を高めて健康的な肌を手に入れるためにも、化粧水を正しく選ぶことで肌の水分量が多い状態をキープしましょう。

2. 化粧水選びでは成分を確認することが大切

化粧水を選ぶ時には、化粧水に含まれている成分をきちんと確認することが大切です。

肌に良い効果をもたらしてくれる、代表的な化粧水の成分としては、グリセリンやセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがあります。これらの成分はそれぞれが肌に良い影響を与えてくれます。

例えば、水溶性セラミドは肌のバリアー機能を高めてダメージを受けにくい肌にしてくれますし、加齢とともに減少するコラーゲンやエラスチンはたるみを改善してハリや弾力をアップさせるのに効果的です。化粧水を選ぶ時には美白効果を高めたい、アンチエイジングをしたいなど自分の目指す肌になれるような成分を基準として化粧水を選ぶのも良いでしょう。

逆に、肌が弱い人は避けた方が良い成分もあります。例えば、防腐剤や石油系界面活性剤などの添加物が含まれた化粧水は、肌が弱い人には向きません。

特に敏感肌や乾燥肌など肌の悩みがあるという人は、必ず無添加で安全な化粧水を使ってスキンケアをするように注意してください。

3. 肌質によっても違う!自分に合う化粧水の選び方

肌質によっても違う!自分に合う化粧水の選び方

自分に合う化粧水の選び方は、自分がどんな肌質に当てはまるかによっても変わります。早速、肌質別の化粧水の選び方を見ていきましょう。

①乾燥肌

乾燥肌の場合には、たくさんの保湿成分が配合されている化粧水を選ぶようにしましょう。

保湿力の高いセラミドはもちろん、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸といった保湿力の高い成分が複数含まれた化粧水を選ぶことで、肌がキープできる水分量は変わります。

化粧水を使って乾燥を防ぐための肌の土台作りをするのがポイントです。

②オイリー肌

オイリー肌は皮脂の分泌が過剰になってしまう肌のことを言います。

乾燥肌とは真逆のように感じるオイリー肌ですが、実は間違った洗顔などで肌に必要なものまでを落とし過ぎて皮脂が過剰に分泌されてしまっている可能性もあります。

洗顔を見直して自分でオイリー肌の原因を作ってしまっていないかを見直すとともに、ビタミンC誘導体などの整肌成分にこだわって化粧水を選んでみてください。

③混合肌

顔の中でも乾燥した部分とベタベタする部分がある混合肌は、一番化粧水選びが難しいかもしれませんね。

混合肌の場合には元々乾燥しやすいのに、先ほど挙げた洗顔法など何か肌トラブルを起こすようなことを無意識にやっている可能性があります。

そのため、Uゾーンなどの一部は皮脂の分泌が過剰になっていることを疑ってみましょう。

混合肌は刺激に弱く皮脂の分泌を過剰にしてしまっているかもしれないので、まずは肌質を改善させるためにも保水力の高い化粧水を使うようにしてください。

皮脂の分泌量が多いとニキビができてしまうことがありますが、その時はニキビ用の化粧水を併せて使いましょう。

使う化粧水は必ず一つにしなければいけない訳ではないので、混合肌の場合は悩みに合わせて臨機応変な使い方をしていくことをおすすめします。

4. 化粧水が合っているかの定期的な見直しをしよう

加齢や使っているスキンケア化粧品によって肌質が変わってくることもよくありますよね。

以前使っていた化粧水が合わなくなったと感じたら使用をストップし、定期的な見直しをして今の自分に合う化粧水を探すようにしてください。

自己判断が難しい場合は皮膚科で相談して、アドバイスしてもらうのも良いでしょう。

おわりに

種類が豊富な化粧水ですが、「誰にでも必ずこれが良い」といったものはありません。口コミなどを見て良さそうだと思っても、自分の肌に合っていなければ肌トラブルは改善しないでしょう。

自分の肌質に合った化粧水の選び方を正しく知ることで、今の肌の悩みを解消させることができます。ぜひ、自分の肌のタイプを把握して肌力をアップさせることで、土台の強い美肌を目指してみてください。