全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > セルフケア > 忘れてない?全身脱毛後のホームケア

忘れてない?全身脱毛後のホームケア

忘れてない?全身脱毛後のホームケア

全身脱毛の終わりに、サロンでは冷却パッドで施術部位を冷やしたり、ジェルやローションなどで保湿したりするアフターケアを行います。これは、脱毛機器の熱によってダメージを受けた肌が赤くなったり、ヒリヒリしてしまったりするのを抑えるための重要な作業です。

しかし、サロンでのアフターケアだけでは十分とは言えません。目立った変化や痛みが無くても、脱毛後の肌は思っている以上に負担がかかっているものです。

ですから、施術後の肌トラブルを招かないために、自分でもケアをしてあげることが大切になります。

今回は、ホームケアの仕方や、脱毛後に気をつけたいポイントをご紹介します。

ホームケアについて

ホームケアについて

ここでは、自宅でできるケアについてまとめました。基本、ホームケアを行えば、施術後の赤みや腫れは治まってきます。

ですが、数日たっても症状が緩和されない場合は、なるべく早めにサロンや医師に相談しましょう。

当日の入浴は控えて、シャワーのみにする

脱毛機器から発せられる光の熱で毛根を焼いて、ムダ毛を処理していくため、施術後の肌は軽いやけどを負った状態になります。

そこに刺激を与えてしまうと、赤みや腫れを引き起こしてしまう可能性があります。なので、全身脱毛を受けた日は浴槽につからないようにしましょう。

サロンによっては、「当日に入浴をしてもよい」というところもありますが、肌トラブルが起きないとは限りません。当日の入浴はなるべく控えた方がよいです。

ただし、熱いお湯につかることはNGですが、シャワーを浴びるだけなら問題ありません。このとき、シャワーは、冷たい水かぬるめの温度に設定しましょう。熱いお湯は血行を促進させてしまうことから、かゆみを引き起こす原因になります。

また、身体を洗うときは、ゴシゴシとこすらないように気をつけてください。なるべく肌に刺激を与えないように、ボディータオルは使わず、手で優しく洗いましょう。

保湿をしっかりと行う

脱毛後の肌は乾燥しているだけでなく、バリアー機能も低下しています。脱毛後や入浴後は化粧水やローションで肌に水分を与えて、クリームなどでしっかりと保湿しましょう。

サロンやクリニックでもらえる専用の保湿剤を使ってもよいですし、薬局などで購入できるものでも大丈夫です。その際、アルコールやメントール成分の入ってないものを選びましょう。

肌への刺激をできるだけ抑えるために、敏感肌用のアイテムを選ぶことがおすすめです。

脱毛後に気をつけたい3つのポイント

脱毛後に気をつけたい3つのポイント 脱毛後の肌はとてもデリケートな状態なので、通常なら問題ないようなことでも肌トラブルにつながる恐れがあります。

できるだけ早く肌のコンディションを元に戻すためにも、普段の生活の中で気をつけたいポイントを3つまとめましたので見ていきましょう。

日焼けに注意する

日焼けをすると、紫外線の影響で肌が乾燥してしまいます。その上、脱毛後はメラニンが反応しやすい状態にあるせいで、普段よりもヒリヒリとした痛みを感じやすくなるのです。

そのため、外出するときは日焼け止めを塗る、長袖を着る、帽子をかぶるなどをして、日焼けしないように注意しましょう。

温泉やプールに入らない

プールや温泉にはさまざまな成分が含まれているので、脱毛後の肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

また、サウナやホットヨガなども身体を火照らせてしまうので、肌の調子が回復するまではそのような施設の利用は避けた方がよいです。

激しい運動や飲酒を控える

激しい運動や飲酒をすると、肌の血行が促進されて体温が上昇します。血行がよくなりすぎると、脱毛後に赤みやかゆみなどが起こり、肌トラブルの原因につながってしまうのです。

脱毛当日や翌日は、汗をたくさんかくような運動やアルコールの摂取を控えて、お肌を十分休ませましょう。

おわりに

最近、脱毛後のアフターケアが充実したサロンが増えている傾向にあります。そうはいっても、部分脱毛と違い、全身脱毛は施術部位が広範囲にわたります。

その分、炎症や乾燥のリスクが高くなるので、自宅でのケアがとても重要です。

脱毛は長い期間かけて行われるため、日頃から日焼けに気をつけたり、保湿対策をしたりする癖をつけておくとよいですね。