全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 自分でできる!ワキの黒ずみの解決方法

自分でできる!ワキの黒ずみの解決方法

自分でできる!ワキの黒ずみの解決方法

肌のお手入れ箇所の中でも気になりやすいワキ。ムダ毛処理の時にワキを見たら黒ずんでいた、とイヤな思いをしたことはありませんか?

毛をそっても無くならないので、一体何が原因なのか気になりますよね。今回はそんな厄介なワキの黒ずみについて解説します。

黒ずみの主な原因は?

黒ずみの主な原因は?

黒ずみは「色素沈着によるもの」と「古い角質や皮脂が毛穴に詰まっている」ことが主な原因です。原因の詳細を知っておくことで、黒ずみの悪化防止や、これからの生活で気をつけるべきこともわかるため、自分はどちらのケースに当てはまるのか見ていきましょう。

その1:自己処理によるもの

ワキの自己処理にカミソリや毛抜きを使っている方は多いですよね。この時、刃が肌に触れたり、毛を引き抜く力によって毛穴にダメージが加わったりして、目には見えない傷ができます。

こうした外部からの刺激を受けることで、メラニン色素が活性化して色素沈着が起こり、肌は次第に黒ずんでいくのです。

「ムダ毛をそり残しているのかな?」と勘違いをして、何度もカミソリを当ててしまうこともありますよね。

しかし、ワキは他の部位に比べると皮膚が薄くてデリケートです。同じ場所に何度もカミソリの刃を当てたり、ピンセットの先で毛穴を刺激したりするのは控えましょう。

また、自己処理によって埋没毛ができることでも、肌が黒ずんで見えるようになります。

無理に毛をほじくり出そうとすると、雑菌が入って肌荒れを起こす、新たな埋没毛ができるといった原因になるのでやめましょう。

その2:皮脂や汚れが毛穴に詰まっている

ワキは身体の中でもっとも汗をかきやすく、皮脂の分泌量も多い部位です。

そのため、汗をこまめに拭かなかったり、蒸れたまま放置したりすることで、毛穴に皮脂や汚れがたまり、雑菌が繁殖して黒ずみを起こします。

そのほかに、制汗剤を使いすぎることでも毛穴の詰まりが起こります。暑い日やスポーツを行った後など、臭いや汗を抑えるために欠かせないものですが、使いすぎには注意しましょう。

中には黒ずみを隠そうと、ファンデーションをワキに塗る方もいらっしゃるようですが、毛穴を詰まらせるだけではなく、肌に強い刺激も与えてしまうので、あまりおすすめしません。

黒ずみの解決方法

黒ずみの解決方法

黒ずみには二つの原因があることがわかりました。次にご紹介するのは、それぞれに適した解決方法です。

ドラッグストアやコスメショップで手に入るものばかりですので、自分に合ったものを購入して、黒ずみ改善に役立ててみてください。

自己処理が原因の場合

自己処理によって黒ずんだ肌は、保湿成分の高いローションや美白成分が含まれた基礎化粧品を使いましょう。肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなります。

お風呂上がりだけでなく、朝起きた時やお昼休憩の時間など、こまめに保湿することが大切です。

美白効果のある化粧品にはメラニン色素の生成を抑える作用があるので、黒ずみによるくすみの改善が期待できるでしょう。

また、埋没毛は古い角質を除去してあげることで自然と解消されていくため、スクラブを使用することがおすすめです。

ただし、やりすぎると必要な皮脂を落としてしまったり、スクラブの粒が肌を傷つけてしまったりするので、使用回数や方法をしっかり守ることが大切です。

自己処理による黒ずみには脱毛がおすすめ!

自己処理による黒ずみを回避したい方はぜひ脱毛をしてみてください。一度脱毛が完了してしまえば、自己処理する必要が無くなるので、黒ずみの心配もしなくてよくなります。

施術が初めてで不安のある方は、体験脱毛を行っているサロンでお試し脱毛をしてもらうのがおすすめです。

皮脂や汚れが原因の場合

皮脂や汚れによる黒ずみは、洗浄力の高いせっけんを使うと効果的です。

ただし、ゴシゴシと強い力で肌を擦ってしまうと、肌が傷ついて黒ずみの原因になります。たっぷり泡立てた泡で優しく洗いましょう。

また、クレンジングオイルを使用することもおすすめです。オイルはメークを落とすだけでなく、毛穴の汚れも同時に落としてくれます。

肌への負担を考えて、週2~3回を目安に、黒ずみが気になる部分へ使ってみましょう。

おわりに

ワキの黒ずみにはそれぞれ原因があり、解決法も異なることがわかりました。

ですが、黒ずみを早く解消させたいからといって、洗浄のしすぎやスクラブの使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。自分の肌の調子を見ながら改善していけるといいですね。