全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > セルフケア > もう悩まない!自宅でできるニキビ跡を改善する方法

もう悩まない!自宅でできるニキビ跡を改善する方法

もう悩まない!自宅でできるニキビ跡を改善する方法

プッツリニキビができてしまっただけでも憂鬱(ゆううつ)なのに、治ったと思ったら今度はニキビ跡ができてしまうと余計に目立って嫌ですよね。

しかしこのニキビ跡、実は自宅ケアでキレイに治すことも夢ではないようです!今回は、そんなニキビ跡解消に効果的なスキンケア方法を詳しくご紹介します。

解消できるニキビ跡は3種類!

自宅のケアで完治が期待できるニキビ跡は基本的に3種類あります。まずはそれぞれの特徴やメカニズムについてご説明します。

1. 赤みがあるタイプ

赤みがあるタイプのニキビ跡は、ニキビができている時と状態が似ているため「赤ニキビ」と勘違いしやすいかもしれません。

そもそも赤いニキビ跡というのは、ニキビの炎症で傷ついた皮膚が修復のために作った毛細血管がうっ血してしまうことで赤く見える状態のことを指します。

通常は肌のターンオーバーが進むにつれて炎症が治まるので赤みも解消されていきますが、皮膚が盛り上がってしまっている場合はけがの傷跡のようになっている可能性が高いため自宅でのケアで治すのは難しいそうです。

2. 紫や赤紫に残るタイプ

赤みがあるニキビ跡が悪化してしまうと、皮膚の中にある毛細血管が壊れて血がにじみ出てしまうため、紫や赤紫色のニキビ跡がみられるようになります。

こちらは内出血やアザのような状態なので、手や足にできたアザと同じようにきちんとケアしていけば時間はかかりますが、段々と色が薄くなっていくようです。

3. シミのように茶色く残るタイプ

上記で挙げた二つのニキビ跡が紫外線を浴びてしまうと、茶色く色素沈着し「シミ」となります。

ニキビができると、肌を外部の刺激から守ろうとして皮膚内で大量のメラニンが生成されます。メラニンは紫外線から肌を守る作用もありますが、紫外線を吸収することでニキビ跡が茶色いシミに変化すると消えにくくなってしまいます。

種類別ニキビ跡の治し方

種類別ニキビ跡の治し方

ニキビ跡の種類が分かったところで、実際にそれぞれの種類のニキビ跡を治す方法を紹介していきましょう。

1.赤みがあるニキビ跡を改善する方法

赤みのあるニキビ跡の場合、先ほども紹介したように基本的には時間がたてばきれいに治ると考えられています。しかし肌のターンオーバーが正常に行われていないと、治りにくくなってしまうそうです。

そのため、赤みのあるタイプの治療にはターンオーバーを整えることが重要となります。

正常な肌の場合、ターンオーバーの周期は約28日と言われています。しかし睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足といった生活習慣が続くと肌のターンオーバーが乱れてしまい、ニキビ跡の治療にも支障をきたします。

こういった肌のターンオーバーの乱れにつながる要因を改善することももちろん大切ですが、それ以外にスキンケア方法を見直すことも赤みのあるニキビ跡の治療には有効のようです。

例えばターンオーバーを促進したり、ニキビ跡に有効な成分が含まれていたりといった化粧品を試してみてはいかがでしょうか。特に、肌への浸透力が高いとされるビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液は肌のターンオーバーを正常化し、肌の再生力を高めると言われています。もちろん使ってすぐに効果が発揮されるわけではないようですが、地道にケアを続けることで変化は実感できるようです。

2.紫や赤紫に残るニキビ跡を改善する方法

紫や赤紫色のニキビ跡の場合も、上記で紹介したような浸透力が高い化粧水や美容液を使用し地道にスキンケアを続けることで直すことができるようです。また、茶色いシミに変化させないために、外出時は特に紫外線対策を行うことも大切です。

紫外線対策をとった上でニキビ跡に刺激を与えず、新しいニキビを増やさないように気をつけることで少しずつ肌はキレイになります。

また、皮膚科を受診する場合、紫色のニキビにはピーリングやレーザー治療は不向きなので、覚えておきましょう。

3.茶色いシミのようなニキビ跡を改善する方法

茶色く色素沈着してしまったニキビ跡の場合、ピーリング剤を使った角質ケアが有効だと考えられています。

なぜなら茶色くなってしまったニキビ跡が日焼けしてしまうとさらに治るのに時間がかかってしまうため、即効性があるピーリング剤を使用して古い角質を落とした方が早く直すことができるからです。

しかし強い酸性のピーリング剤を使用すると人によってはやけどのような状態になってしまうこともあるので、敏感肌の方の場合は特に肌への負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

クレーター型ニキビ跡の場合は皮膚科へ

クレーター型ニキビ跡の場合は皮膚科へ

ニキビ跡の中でも、肌がクレーターのように凸凹になってしまったものの場合、自宅でのケアだけでは完治は難しいといわれています。

人によっては、コラーゲンやコラーゲンを増やす効果があるレチノールやビタミンC誘導体といった成分が配合されている化粧水や美容液を使用することで、クレーター型のニキビ跡も治ることがあるようです。ただし、確実に治したいのであれば皮膚科に行ってしっかり治療してもらうことをおすすめします。

おわりに

ニキビ跡を防ぐためには、まずニキビケアをしっかりと行うことが大切です。ニキビができるとつぶしたくなってしまうこともありますが、むやみに刺激したりつぶしたりせず、ニキビ専用の薬を塗るなどして自然に治るのを待ちましょう。