全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > セルフケア > そんなことが!?ムダ毛の自己処理による3つのデメリット

そんなことが!?ムダ毛の自己処理による3つのデメリット

まさかそんなことが!?ムダ毛の自己処理による3つのデメリット

ムダ毛の自己処理には、カミソリやシェーバーでそったり、除毛クリームで毛を溶かしたりなど、人によって処理方法はさまざまですよね。

しかし、ムダ毛を自己処理することは、肌に何らかの影響を与えてしまっている恐れがあることをご存じでしょうか。

いくら傷つけないように気をつけていても、肌は私たちが思っている以上にダメージを受けやすいものです。

ここでは、ムダ毛を自己処理する上でのデメリットをまとめましたので見ていきましょう。

その1:乾燥や肌荒れが起きる

乾燥や肌荒れが起きる

カミソリやシェーバーで毛をそっても、太い毛の部分が黒い点々として残ってしまい、触るとジョリジョリすることがあります。それが気になって何度も同じ箇所のそり直しをしている方は多いでしょう。

しかし、そうすることで肌の角質はどんどん剝がれ落ち、肌荒れや乾燥、肌が赤くなるなどの症状を招きます。

シェービングクリームを使っていたとしても、刃は肌全体に触れているので、そる度に角質はダメージを受けているのです。見た目に問題は無くても、思っている以上に肌は傷ついた状態になっています。

また、除毛クリームやワックスでは、薬剤が肌に合わないと肌がかぶれたり、炎症やアレルギーを起こしたりする場合があります。特に、刺激を受けやすい敏感肌の方は注意が必要です。

自己処理を浴室で行う方は多いと思いますが、カビや雑菌が繁殖しやすい場所ですので、肌トラブルを起こす可能性が高まってしまいます。

その2:埋没毛や毛嚢炎になる危険性がある

埋没毛

埋没毛は、カミソリや毛抜きでの処理後によく見られます。毛抜きで毛を抜くと、皮膚が毛穴をふさいでしまうのです。そのため、皮膚の下で再生を始めた新しい毛も、表面に出てくることができません。

この、皮膚の内側に黒いポツポツとして残ってしまうのが埋没毛です。

また、カミソリなどでそった後の毛が、別の場所から出てこようとする場合もあります。このような毛も埋没毛になる可能性があります。

埋没毛はVIOラインやワキなどの毛の生える方向が比較的自由な部位に多いようです。気になるからといって針や爪で取り除こうとすると、雑菌が入る恐れがあります。

毛嚢炎

不衛生な環境や、消毒を行っていない器具を使用して自己処理を行うと、毛嚢炎になる可能性があります。

毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包に雑菌が入ることで肌が赤くなったり、ニキビのようなブツブツができたりするのが特徴で、白っぽい膿が毛穴の中にある状態も毛嚢炎に含まれる場合もあります。

毛嚢炎はワキやVIO、背中やおでこ、ふくらはぎなどの、皮脂の分泌が多く雑菌が繁殖しやすい環境にある部位や、ムダ毛が濃い部位に症状が現れやすいとされています。

自然に治る場合が多いのですが、痛みを感じたりブツブツが広範囲にわたって出てきたりしたときは治療が必要になります。

その3:色素沈着を起こしやすくなる

色素沈着を起こしやすくなる

人間の皮膚は、ダメージを受けると防衛本能が働くので、刺激から身を守るために肌の内部にあるメラニン細胞が活性化します。それによって色素沈着が起こり、肌の表面に黒ずみや、茶色のシミのようなものができてしまうのです。

これは、VIOラインやワキなど毛が密集している部位に起こりやすいようです。

適切な対策や手当が遅れてしまうと、黒ずみが定着し、治すのが難しくなる場合があるので注意が必要になります。

おわりに

自己処理にはさまざまなデメリットがあることがわかりますね。

特に浴室で自己処理を行っている方は注意が必要です。カミソリやシェーバーを置きっぱなしにしていると、雑菌やカビが繁殖してしまうので、風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

ムダ毛は脱毛をしない限り、ずっと生え続けるものです。除毛クリームやワックスなどで毛を抜いても、1週間程度で再び処理を行わなければなりません。

ですから、自己処理をする手間や余計な肌トラブルを招かないためにも、脱毛サロンやクリニックでムダ毛の処理をしてみてはいかがでしょうか。