全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 脱毛方法 > コストパフォーマンスが良いのはどっち?家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

コストパフォーマンスが良いのはどっち?家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

コスパが良いのはどっち?家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

その場だけムダ毛をなくすのではなく、しっかりムダ毛を処理してなくしていきたいと思ったら、脱毛器を使った脱毛をするのがおすすめです。

一言で脱毛器と言っても、大きく分けて「脱毛サロンで使う脱毛器」と「家庭用脱毛器」がありますが、その2つの違いにはどういったものがあるのでしょうか。

それぞれの効果と金額、コストパフォーマンスについてご紹介します。

家庭用脱毛器と脱毛サロンでの脱毛の違いって何?

家庭用脱毛器と脱毛サロンでの脱毛の違いって何?

家庭用脱毛器と脱毛サロンでの脱毛器の違いを考えた時にまず思い浮かぶことに、脱毛器本体による効果と、必要な費用が挙げられます。

早速、具体的なその2つの違いを見ていきましょう。

効果の違い

脱毛サロンで施術してもらった場合、個人差や部位によりますが3回目くらいで効果が出始めます。回数が必要な部位でもだいたい1カ月~2カ月に1回のペースで通い、12回程度脱毛器を照射すればツルツルになって脱毛が完了します。

家庭用脱毛器はそれよりも効果が出にくく、2週間~1カ月に1回の頻度で使用することが推奨されていてムダ毛がかなり薄くなるまでには1年以上がかかります。

毛が生えてくるまでには毛周期があるので、このペース以上で脱毛器を使っても効果は薄いのですが、脱毛サロンと家庭用脱毛器のそれぞれで次の脱毛をするまでの期間にこれだけの差が開くということは、それだけ脱毛サロンの脱毛器の方が効果が高く、家庭用脱毛器の効果は薄いということを意味しています。

脱毛サロンでは良い脱毛器や最新の脱毛器を使っているからこそ、家庭用のものよりも高い効果が期待できるのです。

金額の違い

脱毛サロンの金額は部位によって違い、部分脱毛だと1回数千円で済みますが、全身脱毛は1回2万円くらいかかります。

部位によって脱毛完了するまでの回数は異なるので、最初は全身脱毛からスタートして脱毛の必要がなくなった部位が出てきたら部分脱毛に切り替えても良いですが、それを含めても全部で20万円はかかると思っておいた方が良いでしょう。

それに対して家庭用脱毛器の値段はピンキリですが、スタンダードなものだと本体が4万円~8万円くらいがかかります。

その他に付属品の購入が必要な場合も多く、ジェルやカートリッジなどはなくなったり使えなくなったりしたらまた新しく購入する必要があります。

本体は基本的に全身に繰り返し使えて保証も付いているので、長く使っていくことができるはずです。

家庭用脱毛器の場合も10万円程度の費用がかかることは覚悟しておきましょう。

1回あたりのコストパフォーマンスはどっちの方が良いの?

効果と金額を踏まえて1回あたりのコストパフォーマンスを考えると、やや家庭用脱毛器の方が上になります。ただし、これは全身脱毛をした時の場合です。

部分脱毛は脱毛サロンでもキャンペーンを行っていることが多く、500円~とかなり安く施術を受けることができます。

そのような場合は費用面で見ても効果で見ても脱毛サロンの方が勝っていて、脱毛完了するまで通ったとしてもかなりコストパフォーマンスが良くなりますよね。

自分がどこを脱毛したいかということや何回照射したいかということでもコストパフォーマンスは変わるので、まずはそこをよく考えてからどちらで脱毛するかを検討してみてください。

総合的に見ておすすめなのは脱毛サロン

総合的に見ておすすめなのは脱毛サロン

脱毛サロンを選ぶか家庭用脱毛器を選ぶかの基準は人によって異なり、効果や金額以外にも恥ずかしいから家庭用脱毛器で自己処理したいと思うような人もいますよね。

総合的にそれぞれの違いやメリット、デメリットを考えた時に特におすすめなのは脱毛サロンです。

家庭用脱毛器は使えば使うほどコストパフォーマンスが良くなるといった点では魅力的なのですが、自分で照射するとなると手が届く範囲しかできません。また、実際に照射をしていくのは脱毛についての知識があるエステティシャンではなく自分自身になります。

自分がそれなりに正しい知識を持っている場合は良いのですが、脱毛初心者で肌が炎症を起こしていたりホクロなどがあったりする場合にその部位は避けて照射しなければいけないなどの知識がないと、トラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。

だからこそ、安全に、自分の手の届かないところまでのムダ毛を処理したいと思ったら、多少金額は高くても脱毛サロンの方が良いと言えるのです。

   

おわりに

脱毛サロンや家庭用脱毛器には意外といろいろな違いがありますが、必ずどちらかだけに決めなければいけないという訳ではありません。

例えば、併用して基本は家庭用脱毛器を使って自分の手の届かないところは脱毛サロンで部分脱毛するのも良いでしょう。

両方を使うと逆に高額になるのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、上手に使えば逆にコストパフォーマンスは良くなります。

家庭用脱毛器はもちろん、脱毛サロンでの脱毛も実は永久脱毛ではなく減毛する施術になるので、時間がたてばムダ毛が少しは生えてきます。

そんな時に家庭用脱毛器があったら便利なので、基本は脱毛サロンで脱毛したいと思っている方も余裕があれば家庭用脱毛器もそろえておくことをおすすめします。