全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 部位 > みんなはどうしてる?Iラインのムダ毛処理方法

みんなはどうしてる?Iラインのムダ毛処理方法

みんなはどうしてる?Iラインのムダ毛処理方法

VIOの1つであるIライン。Iラインとはデリケートゾーンの周り(小陰唇の左右)を指しています。人には聞きづらいことなので、自己流で処理を行っている方も多いかと思いますが、Iラインの自己処理はどのような方法で行えばいいのでしょうか。

今回は、Iラインのムダ毛処理について解説していきます。

Iラインは自己処理が難しい?

Iラインの自己処理は、Vライン(デリケートゾーンより上の三角形に毛が生えている部分)よりも難しく、傷つけやすいです。粘膜に近くデリケートな場所のため、自己処理をしている最中に傷をつけてしまわないように注意しましょう。

IラインのNG自己処理その①:抜く

Iラインの自己処理方法の1つとして、ピンセットやワックスで抜くという方法があります。

Iラインの毛は太くて濃いため、毛根がしっかりしています。これを無理やり抜くと毛につながっている皮膚や血管を傷つけてしまう可能性がありますので、抜くという自己処理は控えた方が良いでしょう。毛そのものを抜いてしまうため非常に強い痛みを感じてしまいます。

ブラジリアンワックス(VIOの毛をワックスで固めてワックスごと毛を引き抜く処理)は有名な自己処理方法ではありますが、リスクが高いので肌が弱い方にはあまりおすすめできない方法です。

IラインのNG自己処理その②:カミソリでそる

カミソリやシェーバーでそる方法は、身体全体でよく行われる代表的な自己処理法ですよね。しかし、カミソリやシェーバーでの処理は、肌を傷めてしまう可能性があります。Iラインに限らないことですが、そるという自己処理は肌の表面の角質まで削り取ってしまうというデメリットがあるのです。

Iラインのようなデリケートな部分でそるという方法をとってしまうと、肌表面を傷つけるリスクが高いため肌トラブルの原因となってしまう恐れがあります。

Iラインの自己処理は「長さを整える」程度にする

Iラインの自己処理は「長さを整える」程度にする

ショールからはみでない程度にそろえておけたら良い、水着を着たときには見えなければ良い、少しだけ短くして生理中の蒸れが軽減されれば良い、程度の処理を希望しているのであれば、「長さを整えるために切る」程度の自己処理をおすすめします。ヒートカッターというコーム部分で毛を焼いてカットするムダ毛カッターを用意できればベストですが、眉や鼻毛用のはさみを使って切りそろえておいても良いでしょう。

Iラインは脱毛サロンでの脱毛がおすすめ!

Iラインは脱毛サロンでの脱毛がおすすめ!

前述したように、Iラインのムダ毛処理は難しいだけでなく、さまざまなリスクがあります。他の部位と比べしっかりとした毛質なので、毎回自分で処理するのも大変です。

デリケートな部位をきれいに処理してもらうには、やはりプロにお任せするのが一番でしょう。

Iラインをツルツルにしたい場合は医療レーザー脱毛、毛量全体を薄くしたいのであれば光脱毛がおすすめです。

医療クリニックで行っている医療レーザー脱毛は永久脱毛ができますがIラインは痛みを感じやすい部位です。痛みが気になる方は脱毛サロンでの光脱毛を選ぶと良いでしょう。脱毛サロンなら痛みゼロのサロンや痛みの少ないサロンがあるため、脱毛の痛みを軽減できるはずです。

痛みゼロなら!ハイパースキン脱毛のディオーネ

ディオーネ

ディオーネは敏感肌の女性でも痛みを感じずに脱毛できる脱毛技術をもっています。ハイパースキン脱毛は肌への刺激が少なく、熱さも38℃程度しか感じない脱毛です。

ホームページでは3歳の女の子でも安心して脱毛できるくらい、というコピーで宣伝しています。毛深くて悩んでいる子どもたちの脱毛も行っており、子どもの脱毛サービスも開始から10年以上たちますが、いまだトラブルを起こしたことがないそうです。

痛みゼロのディオーネの脱毛は、痛みを感じやすいIラインの処理に向いている施術方法といえるでしょう。

   

S.S.C脱毛で痛みを軽減!業界最大手のミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、S.S.C.脱毛を取り入れています。S.S.C.脱毛はディオーネのハイパースキン脱毛のように「痛みゼロ」をうたっているわけではありませんが、光脱毛の中では肌に優しい施術となっています。

ミュゼプラチナムは店舗数が業界最大手なので、ディオーネが近くにない人はミュゼで脱毛すると良いでしょう。ミュゼではIラインだけの脱毛だとSパーツの脱毛となり、8回12,000円から脱毛することができます。また、ハイジニーナ脱毛というVIOがセットになった4回24,000円というコースもあります。ディオーネと比較するとコストパフォーマンスが良いので、お財布にも優しいですね。

   

おわりに

Iラインの脱毛は、肌を傷つけてしまうリスクのある自己処理よりも脱毛サロンで脱毛することがおすすめです。また、Iラインのムダ毛がはみでなければ良いという程度の処理をしたいのなら、脱毛ではなくカットで済ませるという方法もおすすめです。