全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 部位 > どこまで処理する?人には聞けないVIO脱毛の疑問

どこまで処理する?人には聞けないVIO脱毛の疑問

どこまで処理する?人には聞けないVIO脱毛の疑問

全身脱毛をしようと思っているみなさんは、脱毛サロンの公式サイトなどで「VIO脱毛」の言葉をよく目にすると思います。

「最近はやっているみたいだから他の部分と一緒に脱毛しようかな」と、VIO脱毛に興味を持たれた方は多いのではないでしょうか。

ですが、いざ脱毛しようと思っても「どこまで脱毛すればいいんだろう?」「そもそもVIOってどの範囲?」などとさまざまな疑問が出てきますよね。

デリケートな部分なのでなかなか人にも聞きづらいことです。そこで今回は、そんなVIOについてのあれこれを解説していきましょう。

VIOってどこのこと?

VIOってどこのこと?

VIOとはデリケートゾーンを指します。つまり「VIO脱毛」は陰毛の脱毛ということですね。「ハイジーナ脱毛」とも呼ばれています。

サロンやクリニックでは、陰部をそれぞれ「Vライン」「Iライン」「Oライン」の3つにパーツ分けして脱毛が行えるようになっています。

ここでは各パーツを具体的にご紹介します。

Vライン

ビキニラインにあたる部分がVラインです。

一般的には、水着や下着に沿ったV字の部分を指します。

この部位のムダ毛は個人差が大きく、特に処理の必要がないと感じている人もいれば、広い範囲で生えている人もいます。

Vライン脱毛を始める理由の多くは、「毛がはみ出るのが気になる」という方が多いようです。

Iライン

女性器の両サイドをIラインと呼びます。

粘膜部分には脱毛機器の光を照射することができないため、その付近ぎりぎりまでの毛を処理します。

生理時のむれやニオイといった不快感が軽減されることで人気の部位です。

自分の手で剃毛すると、場合によっては色素沈着が起こり、肌が黒ずんでしまう原因になるようですので、自己処理よりも脱毛サロンでのお手入れをお任せしたい部位です。

Oライン

Oラインは肛門周りを指します。

自分では見えない場所なので、自己処理をするとなると誤って肌を傷つけてしまう可能性がありますので、こちらも自己処理はおすすめできません。

また、Iラインと同じくOラインも非常にむれやすい部分なので、衛生面が気になる方にとってもI・Oラインの脱毛はおすすめです。

VIO脱毛のお手入れについて

形やデザインは?

Vラインの脱毛をする時に注目してもらいたいのが、その形やデザインについてです。

サロンでは必要ないムダ毛の処理だけでなく、自分の好みの形に整えることも可能です。せっかく脱毛するのですから男性うけを狙ったり、今はやりのデザインにしてみたりしてはいかがでしょうか。

オーバル型のような、女性らしさのある少し丸みを持たせた形やおうぎ型、小さめの下着を好んで身に付けたい場合は逆三角形型などのデザインも、プロの手によればきれいに仕上げてくれるでしょう。

どんな形にすればいいかお悩みの方は、ぜひサロンのエステティシャンに相談してみてください。

施術時の服装は?

多くのサロンでは紙パンツや使い捨てのショーツをはいて施術を行います。

ショーツの形は普通の形だったりTバック型だったりサロンによって異なりますが、いずれもはき心地のゆるいものが用意されています。脱毛クリニックで脱毛する場合は、何もはかない、もしくはTバックのショーツを持参するところもあるようです。

施術はそのショーツをはいた状態で、少しずつずらしながら行われていきます。

施術時の体制は?

VIO脱毛は一体どのようにして進められていくのでしょうか。

普段人に見せる場所ではないので施術に抵抗を感じる方も少なくないと思います。そこで、どんな体勢で脱毛を行うのか、大体の流れを説明していきます。

Vライン

あおむけの状態で少しガニ股になるように足を開いて脱毛が進められます。

Iライン

Vライン同様、あおむけの状態で片ひざを立てて外側に倒しながら施術していきます。

Oライン

Oラインの施術はサロンによって体勢が違います。

よつんばいの状態か、うつぶせの状態のどちらかです。お尻のヒダを広げながら脱毛機器の光を照射していきます。

VIO脱毛についての予備知識

VIO脱毛についての予備知識

施術前に自己処理が必要

VIO脱毛をうける前には、自己処理をしておかなければなりません。

しかし、Vラインは自分でそることができてもIラインとOラインは肌を傷つけてしまわないか心配だと思います。サロン側でも処理を行ってもらえるので、自分の手の届く無理のない範囲までの処理で大丈夫です。

ただし、サロンによっては衛生面上VIOのシェービングサービスを行っていないところもあるので、事前に確認しておきましょう。

VIO脱毛は痛いの?

VIOは他の部位の毛よりも濃く密集していて、皮膚が柔らかいために痛みを感じやすいようです。

我慢できないような傷みがあった時は、肌に負担をかけないためにも光の出力を少し抑えて施術してもらいましょう。

男性スタッフが施術を行う場合もある?

全国にはいくつもの店舗が存在するので絶対とは言い切れませんが、大手の脱毛サロンやクリニックなどのスタッフのほとんどは女性です。男性スタッフが施術を行うことはまずないでしょう。

もしも不安があるようならば、電話で問い合わせたりカウンセリングの時に質問したりして確認すると良いです。

おわりに

VIO脱毛についての疑問は解決できたでしょうか?

サロンのスタッフは脱毛のプロですので、この他にも何か不安なことがあれば、積極的に質問すると良いでしょう。

全身脱毛と一緒に施術ができるからと言っても、初めての施術は恥ずかしいと思います。ですが、2回目以降の脱毛からは慣れてしまう方が多いようです。

ファッションスタイルに合わせたデザインで脱毛したり、生理時の不快感を軽減するために脱毛したりと、自分に合ったVIO脱毛ができるといいですね。