全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛をお考え中のみなさん。脱毛サロンと皮膚科などの医療クリニックとでさまざまな違いがあることをご存じでしょうか。

ムダ毛が処理できることに変わりはないのですが、施術に使用している機器や費用、施術期間、医師在籍の有無などが異なります。

施術開始から完了まで後悔のない脱毛を行うために、それぞれの違いを知っておきましょう。

脱毛機器の照射パワーの強さ

脱毛機器の照射パワーの強さ

脱毛サロン:低出力の光を照射して毛の再生力を弱らせる施術法

サロンで行われているのは、光脱毛といって毛根に対して低出力の光を照射し、そのエネルギーを利用して毛の再生力を抑制させる施術方法です。フラッシュ脱毛やIPL脱毛などとも呼ばれています。

脱毛サロンでは「長期的効果のある脱毛」を行ってはならないと法律で定められているため、低出力の機器しか使用できません。よって、永久脱毛の効果はなく、一定期間が過ぎるとまた毛が生えてきてしまいます。

また、肌の色が暗めの方は光脱毛では効果が出にくい場合があります。なぜなら、照射される光は黒色のメラニン色素に反応するので、毛の黒色の部分だけでなく肌の暗い色にもターゲットが分散されてしまい、結果、脱毛効果を十分に得ることができないためです。

脱毛クリニック:強力なレーザー治療が可能

脱毛クリニックには資格を持った専門の医師が在籍しているため、脱毛サロンよりも照射パワーの強い機器を使用しての脱毛が行われます。

よって、短期間で脱毛の効果を実感することができます。

ただし、毛の色によっては効果が得られにくい場合があり、産毛の脱毛はあまり期待できないとされています。また、光脱毛の理由と同様で、肌の色が暗めの方は脱毛の効果が出にくい可能性があります。

眉の太さやデザインにこだわりたい方は、細かいスポットを照射できるレーザー脱毛で思い通りに整えることが可能です。

施術に必要な費用と回数

脱毛サロン:費用は安いが施術回数が多い

レーザー脱毛と比較すると、光脱毛のほうが1回の料金が安いため、お試しで脱毛をしてみたい場合には気軽に通える脱毛サロンがおすすめです。

ただし、脱毛サロンで使用する脱毛器はクリニックのものよりも照射パワーが弱いため、効果を実感できるまで長い期間がかかります。

毛には成長期、退行期、休止期があり、照射の光が反応するのは成長期と退行期の一部の毛のみ。脱毛は毛の周期に合わせて2カ月に一度程度のペースで施術を行うので、全身脱毛が完了するまでは数年がかりになります。

脱毛サロンは初回無料コースなどのサービスが多いのでお得に感じやすいですが、自分の満足いくレベルに達するまで施術を繰り返すとなると、レーザー脱毛よりも費用がかさんでしまう場合があります。

脱毛クリニック:施術回数は少なめ、若干費用が高い

光脱毛と同じくレーザー脱毛も毛の周期に合わせて施術が行われますが、使用している機器のパワーが強いため、5回から6回程度の施術で脱毛が終了します。割引などのサービスを行っているクリニックもありますが、それでも若干費用は高めになっています。

しかし、先に述べたように脱毛サロンは完了までに長い期間がかかりますので、長い目で見たらクリニックのほうが安くなるかもしれません。

パワーの強い機器での施術と専門医による施術が受けられるので、本格的な脱毛を行いたい方にはレーザー脱毛のほうが向いているでしょう。また、何度も通うのが面倒な方や短期間で脱毛の効果を得たい方にもおすすめです。

脱毛による肌の変化

脱毛による肌の変化

脱毛サロン:美肌効果が期待できる

広域波長の弱い光のおかげで肌への負担はレーザー脱毛よりも少なめです。光脱毛の光には毛穴を引き締める効果や黒ずみを軽減させるなどの美肌効果があります。

施術回数が多いことがデメリットですが、回数を重ねれば重ねるほどに肌はきれいになっていくでしょう。

脱毛クリニック:施術中痛みを伴う上に肌への負担が大きい

高い脱毛効果が得られるレーザー脱毛ですが、強い光を当てているだけあって、肌にかかるダメージは大きく、施術中と施術後に痛みがあります。やけどする可能性もゼロではありません。

また、レーザーアレルギーの方は、医師とのカウンセリングをしっかりと行いましょう。

施術資格を持っているかどうか

脱毛サロン:医師がいないため、エステティシャンがディプロマを有しているか確認する

医療機関であるクリニックとは違い、エステサロンには医師がいないため、何らかの問題が発生してもその場で必要な薬を出すなどの迅速な対応をとることは難しいでしょう。

カウンセリングはサロンのカウンセラーやエステティシャンが行うため、医療観点からの診断という面では、いくら経験を積んでいるからといっても不安が残ります。脱毛サロンに医師が在籍していない理由の多くは光脱毛を行う際に資格が必要ないからです。

そこで、よいサロン選びのポイントとなるのが、担当するエステティシャンが専門学校を卒業するなどして得たディプロマを所有していることです。ディプロマ所有の有無が施術技術に対して信頼できるかどうかの参考になります。

脱毛クリニック:医師が在籍しているため、適切な治療が行える

医療機関で脱毛を行う場合、研修を受けた「有資格者」である医療従事者の手で施術をしてもらうことになります。

「有資格者」とは医師や看護師のことを指し、トラブルが発生しても適切な処置がとれるよう、しっかりと研修を行っています。

医療機関であるため、多くのクリニックでは初診料や投薬代がかかります。ですが、施術をする際には医師によるカウンセリングを受けられることから、施術者の肌の状態に適した照射パワーで安全に脱毛を行えます。

ただし、全てのクリニックが安心できるというわけではありません。中には、コスト削減の目的などで、医療資格のない従業員によるカウンセリングや施術が行われている場合があります。

そのような違法行為をしていないかどうか、しっかり下調べをしておきましょう。

おわりに

いかがでしょうか。ご自身の肌の状態や費用に対する考え方などによって、脱毛サロンか脱毛クリニック、どちらを選択したらよいかが変わってくると思います。

2つともそれぞれメリット・デメリットがあり、自分だけでは判断が難しいと思われる方もいらっしゃるでしょう。そういった方は一度、脱毛のカウンセリングが無料で行えるサロンやクリニックへ足を運んでみましょう。

ぜひ、ご自身が納得のいく脱毛方法を見つけてみてください。