全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > コラム > 基礎知識 > VIO脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

VIO脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

VIO脱毛はどのくらいの回数・期間が必要?

夏に向けて海やプールなどに行く予定を立てている方も多いのではないでしょうか。一方で、「いざ水着を着よう!」となったとき、アンダーヘアの処理の甘さに後悔する女性は少なくはないかと思います。

そんな女性におすすめしたいのが、「VIO脱毛」です。今回は、「VIO脱毛」について必要な回数や期間のほか、自己処理と脱毛サロンのそれぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

VIO脱毛って?

VIO脱毛って?

VIO脱毛とは、いわゆる「Vライン」「Iライン」「Oライン」を脱毛することを指します。

最近は「VIO脱毛」ではなく、「ハイジニーナ脱毛」という名を使用しているサロンも多くみられますが、「ハイジニーナ脱毛」とはもともとアンダーヘアを無毛にする施術のことを指していました。しかし、最近は必ずしも無毛にする必要があるわけではなく、部分的な脱毛施術のことも「ハイジニーナ脱毛」と呼ぶことが主流となっているようです。

一方で、「VIO脱毛とはいっても具体的にどこまでを脱毛するのかよくわからない」という人も多いかもしれませんね。基本的にVラインとはアンダーヘアの部分を指しますが、サロンによって具体的なボーダーラインは多少差があるようです。例えばショーツで隠れる部分の前面をVラインと規定しているサロンもありますし、両足の付け根のみをVラインとし、他の部分をさらに細かく位置付けているサロンもあります。

また、Iラインとは体育座りをしたときにみえてしまう股(また)の間の部分を指します。サロンによって範囲は異なりますが、大体割れ目がみえるところから肛門の近くまでを対象としているそうです。

Oラインは肛門周りの部分を指しますが、サロンによってはヒップ奥という名を使用していることもあるようです。これらはそれぞれTバックのショーツや水着を着用する際にヘアがはみ出てしまうのを防ぐため、脱毛したり自分でケアしたりする方がいるようです。

自己処理?脱毛サロン?それぞれのメリット・デメリットについて

「デリケートゾーンの処理はなんだか気恥ずかしい」という人も多いのではないでしょうか。確かにあまり人にみられたくはない部分を見せることになりますし、恥ずかしいことを理由に自己処理で済ませている人も少なくはないようです。自己処理で問題ないようであればそのままでも良いかもしれませんが、実はデリケートゾーンの自己処理には、思わぬ落とし穴があります。

自己処理の具体的なメリット・デメリットは以下のようなことが挙げられます。

  • 自己処理のメリット

    ・誰にもデリケートゾーンをみられずに済む

    ・自宅で処理できる

    ・安価で済む

  • 自己処理のデメリット

    ・肌荒れしやすい

    ・埋没毛の処理が難しい

    ・傷がつく、血が出ることもある

    ・かゆくなる、ニキビができることもある

自己処理する場合は、カミソリや脱毛クリーム、家庭用脱毛器などを使用する方が多いほか、ブラジリアンワックスを活用する方もいるようです。

一方で、脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 脱毛サロンでの処理のメリット

    ・永久脱毛に近い施術を受けることができる

    ・脱毛状態にムラがない

    ・肌トラブルが起きる心配が少ない

  • 脱毛サロンでの処理のデメリット

    ・自己処理と比べるとお金がかかる

    ・サロンに通う必要がある

    ・施術するときに恥ずかしさがある

実際に、自己処理を止めて脱毛サロンで施術してもらうことで、デリケートゾーンの肌質改善につながることもあるようです。また、脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける場合、どうしても恥ずかしさが勝るという人も多いようですが、サロンによってはできるだけ局部を隠しながら施術してくれますので、恥ずかしさは多少ながらも軽減されると思います。

お金がかかるという点で脱毛サロンを敬遠している方もいらっしゃるかもしれませんが、時期によってはお得なキャンペーンや割引制度などを実施しているサロンもあるので、これらを利用できれば、比較的お手軽な値段で済ませることが可能です。

VIO脱毛に必要な回数・期間って?

VIO脱毛に必要な回数・期間って?

VIO脱毛に必要な回数や期間は、サロンによっても異なります。また、脱毛サロンか医療機関かでも回数や期間には違いが出るようです。

脱毛サロンの場合、ツルツルになるまでに2~3年、回数にして18回ほど通わなくてはいけないこともありますが、医療機関の場合は1~2年程度、合計8回ほどで済むと言われています。しかし、医療機関の場合施術に伴う痛みが強いうえに料金も高額である傾向が強いです。

また、VIO脱毛の場合、場所によって施術回数も異なります。実際に、VラインやOラインは毛が多いので脱毛効果も早く実感できますが、Iラインは毛が薄めなので比較的脱毛に時間がかかるそうです。

おわりに

いかがでしたか?VIO脱毛は多少恥ずかしさがあるかと思いますが、その後の処理の楽さや爽快感のことを考えるとメリットは多いかもしれません。また、現在はVIO脱毛を含む全身脱毛コースを展開しているサロンもあるので、ぜひ検討してみてください。