全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 授乳が終わるまで脱毛NG?出産後の脱毛について

授乳が終わるまで脱毛NG?出産後の脱毛について

授乳が終わるまで脱毛NG?出産後の脱毛について

妊娠中は母体に負担がかかる可能性があるため、脱毛の施術は控えたほうがいいといわれていますよね。

ですから、赤ちゃんが生まれたことを機会に、中断していた脱毛を再開しようと思っているママさんはたくさんいらっしゃると思います。

しかし、出産後は赤ちゃんを育てるために授乳をしなければなりません。脱毛はレーザーの光を当てて施術が行われるので、母乳に影響が出ないか心配ですよね。

それでは一体、いつから脱毛を再開させるのがベストなのでしょうか。今回は出産後の脱毛についてご紹介します。

出産後すぐに脱毛しても大丈夫?

after-childbirth-hair-loss

妊娠から出産まで、女性の体はホルモンバランスの影響で体質にさまざまな変化が起こります。感情の起伏が激しくなったり、肌が敏感になってシミができやすくなったりといった経験をされた方は多いことでしょう。

このホルモンバランスが正常に保たれるまでには意外と時間がかかり、産後すぐに整えることはできません。中には「出産後脱毛症」といって異常な抜け毛に悩まされることもあるようです。

体調不良やホルモンバランスが乱れていると、施術時に強い痛みを感じたり、炎症を起こしやすくなったりといったデメリットがあるので、心身ともに落ち着いた状態になるまで脱毛は控えたほうが良いでしょう。

サロンやクリニックで対応が異なる

出産後は、「出産後2カ月から」、「卒乳してから」というように、サロンやクリニックごとで施術可能な条件が異なります。

中でも「生理が何回か来てから」を再開の基準としているサロンが多いようです。これは、生理が来ることでそれまで不安定だったホルモンバランスが元に戻った(妊娠可能な状態)と判断できるためです。

ここでご紹介したのはごく一部ですので、ご自身が通っているサロンが産後の脱毛についてどのような対応をとっているのか確認してみましょう。

授乳中だと脱毛を断られるのはなぜ?

脱毛に使用されるレーザーは肌の浅い部分までしか届かないので、おなかの中の赤ちゃんや母乳に影響は無いといわれています。

ですが、産後の脱毛条件に「卒乳してから」とあるように、授乳中の施術を受け付けていないサロンが存在します。

これは授乳中に脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンの値が高くなっていることが理由になります。プロラクチンとは、乳汁を分泌するホルモンです。乳腺の発達を促すのですが、毛を濃くしたり、多毛症を発症させたりする働きも持っています。

このようなことが起きるとクレームや解約の可能性があるので、サロンでは授乳中の脱毛をお断りしているのです。

授乳中の脱毛は施術部位が限られる

授乳中でも脱毛可能なサロンはありますが、処理できる部位は限られており、胸の周辺・両脇・背中は避けて施術が行われます。脱毛による刺激のせいで、授乳に影響を及ぼさないようにするためです。

もしも胸周辺を脱毛して肌トラブルが起きた場合、治療のために薬を塗布しなければなりません。授乳の際、その薬が赤ちゃんの口に入ったり、触れたりしたら大変ですよね。

赤ちゃんの体へのリスクを考えて、その部位の脱毛は卒乳後の楽しみにとっておきましょう。時期はそれぞれ異なりますが、大体1歳を過ぎた頃から卒乳する赤ちゃんが多いみたいですよ。

おわりに

産後の脱毛はサロンやクリニックによって施術可能な条件が異なることがわかりました。

脱毛機器の光が直接母乳に影響は無いとはいえ、産後はホルモンバランスが不安定なので、思うように脱毛の効果が出ない恐れがあります。

それに、育児や家事によるストレス、睡眠不足などで体調も万全な状態ではないため、施術中に痛みを感じやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりということも。

万が一のことを考えて、脱毛を再開するのは、母子ともに落ち着いてからにしましょう。