全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 人気のVライン脱毛、デザインは何が人気?

人気のVライン脱毛、デザインは何が人気?

人気のVライン脱毛、デザインは何が人気?

女性なら誰でも一度は気になるであろう“Vライン”。

「男性はどんな形が好きなのかな」、「水着を着た時にはみ出たらどうしよう」など、Vラインのデザインや状態に関する悩みを現在進行形で抱えている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Vラインについて人気のデザインや脱毛の際の注意点などを詳しくご紹介していきたいと思います。

そもそもVラインって?

そもそもVラインって?

“Vライン”の大体の場所は分かっても、どこからどこまでを指すのかまでは分からない、という方は多いのではないでしょうか。

アンダーヘアに当たる女性のデリケートゾーンは、大きく分けてVライン、Iライン、Oラインの三つに分類することができます。

    Vライン:腰骨の下あたりから足の付け根のライン上あたりまで

    Iライン:女性器の周辺、肛門との間の部分

    Oライン:肛門の周囲、半径2センチ部分

一口にVIOラインと言っても、サロンによっては対象となる部位が多少異なることもあります。しかしどのサロンでも共通して、粘膜部分を処理することはできません。

VIOラインの中でも、特にVラインは下着や水着を着用していないと見えてしまう場所でもあるので、脱毛を希望する女性が多いようです。

一方で、VIOラインはどうしても人に見られることに抵抗があるエリアでもあるので、脱毛したいという気持ちはあってもなかなか踏み込めないという方も少なくはないかもしれません。

たしかに普段人に見せないような部位を処理することは恥ずかしいでしょうが、実はVIOラインを脱毛することで得られるメリットは多くあるのです。

  • VIOライン脱毛のメリット

    自己処理の手間が省ける

    自己処理によるかゆみ、肌トラブルを回避できる

    ムレや匂いの改善

特に女性器周辺の自己処理に関しては、リスクが伴うので避けた方が良いといわれています。また、VIOラインを脱毛するとはいっても、必ずしもツルツルにしなければいけないというわけではありません。

特にVラインに関してはいろいろなデザインから自分好みの形を選ぶことができるので、自然な形に仕上げることも可能なのです。

人気が高い「逆三角形型」

Vラインのデザイン1番人気は「逆三角形型」と呼ばれる形のようです。こちらは下着や水着を着用した時にはみ出ないように仕上がるだけでなく、自然な感じも出るので、男性人気も高いようです。

海外で人気があるのは「Iライン型」

「Iライン型」はスクエア型とも呼ばれるデザインのことで、両サイドの毛を処理し中央付近に縦長の長方形状に仕上げた形のことを指します。基本的に横幅は自由に調整することができるので、布面積が少ない下着や水着を着用する方に最適なデザインと言えるでしょう。

ちなみに「Iライン型」は日本人の人気があまり高くはないようですが、海外では人気があるデザインであるようです。

現在人気沸騰中!?「ハイジニーナ型」

「ハイジニーナ型」とは、VIOラインの全てを脱毛する、いわゆる無毛状態のことを指します。海外と比べて日本ではハイジニーナ型にしている女性はまだ少ないようですが、最近は人気が高まってきているといわれています。

しかし、ハイジニーナ型のように無毛にしてしまうことに抵抗を感じる女性はまだ少なくはありません。ただ、ハイジニーナ型にすることで、ムレやかゆみに悩まされたり毛がはみ出す心配もなくなったりとメリットも多々あるので、今後需要は増えていくかもしれません。

おしゃれ感がある「たまご型」

「たまご型」とは別名オーバル型とも飛ばれている形で、逆三角形型の角をなくして円形状に仕上げたデザインのことを指します。自然さもありながらかわいらしく仕上がるので、若い女性を中心に人気を集めているそうです。

自分の好みなデザインでOK「モチーフ型」

「モチーフ型」の場合、自分好みのデザインに仕上げてもらうことが可能です。例えばハート形にしたり星形にしたりと、他のデザインと比べて選ぶ楽しさがあるようです。

Vラインのデザイン選びは慎重に!

Vラインのデザイン選びは慎重に!

Vラインの脱毛を行う際、特にデザイン選びは慎重に行う必要があります。

といいますのも、一度脱毛を行ってしまうとさらに毛量を減らすことはできても、逆に毛量を増やすことは難しいためです。

例えばハイジニーナ脱毛を行ってみてはいいものの、「やらなきゃよかった」と後悔してももう毛量をもとに戻すことはできません。そのため、人気が高いデザインを選ぶというよりは、脱毛の目的とそれに合ったデザインをしっかり検討しておくことをおすすめします。

例えば下着や水着からはみ出ない程度で良いのであれば「逆三角形型」や「Iライン型」でもOKでしょうが、もしデリケートゾーンのムレやかゆみを改善したいのであれば「ハイジニーナ型」の方が好ましいといえます。

おわりに

いかがでしたか?Vラインの脱毛はもちろん単体でも契約することができますが、サロンによっては全身脱毛コースに含まれていることもあります。その場合はVラインだけでなく、ワキや脚などムダ毛が気になるほかの部分もきれいに脱毛してもらうことが可能なので、ぜひ検討してみてください。