全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 当てはまる方は要相談!脱毛ができない病気と服用薬まとめ

当てはまる方は要相談!脱毛ができない病気と服用薬まとめ

当てはまる方は要相談!脱毛ができない病気と服用薬まとめ

脱毛はお金を払えば誰でもできるものではありません。たいていカウンセリングでは服用している薬や病気について尋ねられます。中にはカウンセリングで断られてしまう場合も。今回は脱毛ができない病気と服用薬についてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

なぜ病気や薬によって脱毛ができなくなるの?

サロンやクリニックによって考え方に多少の差はありますが、基本的には脱毛施術ができない持病や薬は存在します。なぜ断るのかというと、安全面で責任が取れないからです。基本的に脱毛は「健康状態が良好な人」への施術を目的としています。

脱毛の影響で持病が悪化したり、何らかのトラブルが起こってしまったりしたら大変ですよね。あなた自身も相手を責めたくなってしまうのではないでしょうか。だからカウンセリングで問診をしたり、契約書を交わしたりするのです。

どうしても脱毛したいからといって問診票をごまかしたり、ウソの記述をしたりするのは止めましょう。何かあった場合、取り返しがつかなくなってしまいます。

脱毛ができない病気には何がある?

脱毛ができない病気には何がある?

以下のような持病を持っていると、脱毛を受けられない可能性があります。

甲状腺疾患

バセドウ病や橋本病などが該当します。病気そのものよりも、治療のために飲んでいる薬や皮膚の乾燥、免疫機能の乱れが原因で断られてしまいます。

てんかん

てんかんは発作が起こると本人も意識を失ってしまいます。一般的な脱毛サロンなどでは医師もいないため早急な対応が難しく、不可としている場合が多いです。

また光や熱によって発作が誘発されるため、脱毛施術は危険性が高いとされています。

心疾患

狭心症や心筋梗塞などが該当します。万が一のことがあった場合、重篤化する危険性があるため対応が難しいとされています。

ただし完治していれば受けられる可能性もあるため、医師に確認しましょう。

内科系疾患

肝臓病、重い糖尿病、血友病や血小板減少などの血液に関する病気は断られることがほとんどです。

皮膚系疾患

光過敏症(光アレルギー)、ケロイド体質、デルマドロームなどの病気も断られます。

ただしアトピー性皮膚炎などは、医師の同意書があれば脱毛を受けられる可能性があります。

妊娠中・授乳中は?

サロンやクリニックによります。受け付けていないことがほとんどですが、脱毛機器によっては対応している場合もあります。

非常に多い質問のため、たいていホームページの「よくある質問」に記載されているので確認しましょう。

その他受けられない可能性があるのは?

その他にガンの既往症があったりアルコール依存症、ペースメーカーを使用していたりする場合も断られる可能性が高いでしょう。場合によっては事前にお断りをする旨をホームページに明記していることもあります。

いずれにせよ何らかの病気で通院している場合には注意が必要です。かかりつけの医師に事前に確認して問題がないと了承を得た上で、受け入れてくれるサロンやクリニックを探すようにしましょう。

これを飲んでたら注意!脱毛できない服用薬

これを飲んでたら注意!脱毛できない服用薬 class=

以下のような薬を服用している場合、脱毛施術を断られるケースがほとんどです。

  • ・抗不安薬
  • ・抗生物質
  • ・抗うつ薬
  • ・経口抗真菌薬
  • ・ステロイド剤
  • ・血圧の薬
  • ・風邪薬
  • ・花粉症の薬

ただし風邪薬や花粉症の薬などは、服用後◯時間経過すればOKなど条件がある場合も。花粉症でいつも薬を飲んでいる人は事前にカウンセリングなどで聞いてみるといいでしょう。

市販薬だったら大丈夫?

「病院で処方されたわけじゃないし、市販薬ならいいかも」と思う方もいるかもしれません。しかし市販薬であっても、基本的には薬はNGです。

市販薬であっても薬には副作用が存在します。熱に過敏になったり、肌が刺激を受けやすくなったりと「いつもとは違う状態」になるために、施術を見送るケースがほとんどです。

ただし便秘薬や漢方薬などタイプによっては、脱毛できることもあります。サロン、クリニックの判断を仰ぐようにしてください。

低用量ピルは?

低用量ピルはいわゆるホルモン薬で、副作用による毛量増加や色素沈着などのリスクから断られるケースもあります。しかしピルは相談が特に多い薬で、基本的には相談の上で施術できることが多いです。体調に気をつけて通うようにするといいでしょう。

処方してもらっている病院に確認をしよう

上記に挙げた薬以外にも、サロンやクリニックでは受け付けていない薬もあります。すべて事前に報告が必要です。できれば病院の医師に脱毛しても大丈夫かを確認するといいでしょう。脱毛時でも対応可能な薬を処方してくれる可能性もあります。

もし薬を飲んでしまったらどうする?

脱毛施術があることを忘れて薬をうっかり服用した場合は、正直に申告するようにしましょう。その上でスタッフの指示に従い、日程変更やキャンセル手続きを行います。

自分では大したことがないと思っていても、薬によって体はさまざまな影響を受けています。万が一誤って施術を受けてしまったら、体調や肌になんらかの変化がないかしっかりと経過観察をするようにしましょう。何か異変が起きた場合は病院にいって診察を受けることが大切です。

おわりに

いかがでしたか?脱毛はムダ毛を抑制させるほどの影響を肌に与えるわけですから、思っている以上に肌に負担がかかります。病気や服用薬によって重篤化したり肌トラブルが起こったりする可能性は否定できません。

より安全にキレイになるために、病気や服用薬はキチンと申告して脱毛ができると判断されてから受けるようにしましょう。