全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 肌トラブルの危険!?脱毛前の飲酒がNGなワケ

肌トラブルの危険!?脱毛前の飲酒がNGなワケ

肌トラブルの危険!?脱毛前の飲酒がNGなワケ

レーザー脱毛でも光脱毛でも、脱毛前の飲酒はNGとされているのを知っていますか?

お酒を飲む習慣がある方は要チェック。脱毛前に飲酒をしていると、場合によっては施術が受けられないことがあるのです。

そこで今回は、脱毛前の飲酒を控えたほうがいい理由についてご紹介します。せっかくの予約を無駄にしないためにも、一度目を通しておきましょう。

脱毛前に飲酒すると肌トラブルのリスクが高まる

脱毛前に飲酒すると肌トラブルのリスクが高まる

お酒を飲むと血行が促進され、体温が上がりますよね。それにより、肌は普段に比べて敏感になるため、少しの刺激を受けるだけでも大きな負担がかかります。

脱毛は一般的に、高温の熱を肌に照射して毛根を焼き切ることでムダ毛を処理していくので、肌がかゆくなる、赤くなるといったトラブルが起こりやすくなり、中には湿疹が出る方もいるようです。また、施術時に痛みを感じやすくなったり、やけどしたりする恐れも。

痛みを和らげるために、脱毛機器の光の出力を下げることは可能ですが、そうすると脱毛効果も落ちてしまいますよね。脱毛の質を低下させず、余計な肌トラブルを引き起こさないよう、脱毛前の飲酒は控えましょう。

どのくらい前から飲酒を控えればいいの?

アルコールが抜けるまでの時間には個人差があります。前日の夜に飲酒をしても翌日の脱毛に影響が出ない方もいれば、半日たってようやくお酒が抜けきる方もいるでしょう。

そのため、脱毛サロンでは「施術の前日」や「施術の12時間前」の飲酒は厳禁としているところが多く見られます。次の日に脱毛の予約が入っている時は、ソフトドリンクやノンアルコールドリンクなどで我慢しておきましょう。

脱毛後の飲酒にも肌トラブルの可能性がある

実は脱毛前だけでなく、脱毛後の飲酒も控えたほうがいいと言われています。お酒を飲んで血行が良くなると、赤みが引くまでに時間がかかってしまうのです。

そのほかにも、かゆみが強く出てしまう場合があるようです。脱毛後の飲酒によってこれらの症状が強く出てしまった時は、なるべく早く皮膚科へ行って診てもらうようにしましょう。

脱毛後はいつから飲酒していいの?

脱毛後はいつから飲酒していいの?

これにも個人差があるため、具体的に「◯時間後から」とはいい切れませんが、目安としては肌の赤みや火照りが完全に無くなってからが良いでしょう。

レーザー脱毛の場合、脱毛後の症状が長引くことが多いようですので、念のため脱毛当日の飲酒は避けたほうがいいかもしれません。

脱毛前後には日焼け対策やホームケアも大切!

脱毛後に気をつけたいのは飲酒だけではありません。肌の状態を悪化させないためには、日焼け対策をしたりホームケアをしたりすることも重要です。

脱毛後の敏感な肌で日焼けをすると、紫外線の影響でシミなどの色素沈着が起こりやすくなります。さらに、日焼けは軽いやけどとも言われているため、肌に水ぶくれができることもあるのだとか。

脱毛後はなるべく日焼けしないように、日焼け止めクリームを塗ったり、袖のある服を着たりして、肌を日差しから守りましょう。

また、脱毛後の肌は照射機器の熱のせいでとても乾燥しています。肌が乾燥したままだと、次回の脱毛で強い痛みを感じる恐れがあり、やけどのリスクも高まるようです。

肌のコンディションを元に戻すべく、脱毛後はこまめにクリームを塗って保湿を心がけましょう。

おわりに

脱毛前に飲酒をすると、血行が良くなって赤みやかゆみを引き起こす可能性があることがわかりましたね。また、脱毛後すぐの飲酒も赤みを長引かせたり、皮膚科へかからなければならなかったりするケースもあります。

飲酒によって脱毛に影響を及ぼさないために、施術の前日と当日は飲酒を控えましょう。