全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 脱毛したらニキビが!施術後に起こる毛嚢炎の原因と症状

脱毛したらニキビが!施術後に起こる毛嚢炎の原因と症状

脱毛したらニキビが!施術後に起こる毛嚢炎の原因と症状

脱毛には少なからず、やけどや肌にかゆみが出るなどの肌トラブルが起こってしまうリスクがあるのをご存じでしょうか?その中の1つに「毛嚢炎」とよばれるものがあります。

ニキビとよく似ているので、勘違いしてしまう方も多いこの症状。今回は脱毛するとなる恐れがある「毛嚢炎」の原因や症状などについてご紹介します。

毛嚢炎の原因や症状について

毛嚢炎の原因や症状について

毛嚢炎とは、ブツブツした吹き出物が肌に現れる皮膚炎のことで、「毛包炎」ともよばれます。ニキビのような見た目ですが、ニキビと毛嚢炎とでは発症する原因が異なるのです。

脱毛は高温の特殊な光を当てて毛根を焼き切る方法で行われるので、肌や毛穴にはダメージが加わってしまいます。

毛嚢炎とは、この時傷つけられた毛穴の奥にある毛包部分に「黄色ブドウ球菌」「表皮ブドウ球菌」が入り込むことで、肌が点々と赤くなったり、ブツブツができたり、時には白っぽい膿が毛穴に詰まる症状のことを指します。

また、カミソリが肌に触れることで傷がついたり、毛抜きで毛を強く引っ張って毛穴を傷つけたりしてしまうことでも起こりやすいようです。

毛嚢炎の見分け方は?

ニキビとよく似ているので、毛嚢炎にかかっていると気づかない方もいらっしゃるようですが、症状が悪化した場合、治療が必要になる場合があります。軽いものは清潔にしていれば自然と治る場合が多いので、放っておいてもあまり心配はいりません。

しかし、かゆみや痛みを感じ始めたり、皮膚の内側にしこりができたり、広範囲にわたってブツブツが広がってきたりした時などは、毛嚢炎にかかっている可能性が高いです。早めに医療機関で診てもらいましょう。

肌の状態を見て、毛嚢炎に有効なステロイドの軟こうや抗生物質の飲み薬など、適切なものを処方してもらえます。

また、ステロイドは塗りすぎると毛嚢炎を悪化させてしまう恐れがあるので、決められた用法・用量を必ず守りましょう。

医師の治療が受けられるクリニックでの施術がおすすめ

サロンでは医療資格を持たないスタッフが施術を行うので、脱毛によって肌トラブルが起きた場合、その場で適切な対処をとるのが難しいようです。

一方、クリニックでは専門の医師によってカウンセリングから施術までが行われるので、脱毛中もその後も、何かあればすぐに対応してもらえます。

脱毛で起こる肌トラブルは毛嚢炎の他にも存在するので、不安な方はアフターフォローが充実しているクリニックで施術を受けることをおすすめします。

   

毛嚢炎ができやすい場所はどこ?

毛嚢炎ができやすい場所はどこ?

毛嚢炎はVIOやふくらはぎ、太もも、ワキ、背中、おでこなど、皮脂が多く分泌されるところや、ムダ毛が多くてムレやすい部位に多く見られます。

他の部位と比べて雑菌が繁殖しやすいので、脱毛後や自己処理後には念入りにケアしましょう。

毛嚢炎を防ぐためのケア方法

基本はニキビと同じように、脱毛後はその部位を清潔に保つことが大切です。

脱毛後の肌はダメージを負っているだけでなく、バリアー機能も低下してしまっています。雑菌が入りやすい状態なので、しっかりと洗浄を行い、保湿成分をたっぷり含んだクリームやローションなどでこまめに保湿してあげましょう。

また、紫外線を直接受けるのも肌には負担がかかるので、出掛ける前には日焼け止めを塗る、袖のある服を着るなどしてできるだけ露出を避けてください。

そして、自己処理の際にはカミソリや毛抜きではなく、電動シェーバーを使ったほうが肌への負担も少なくて済み、毛嚢炎になる可能性も減るのでおすすめです。

おわりに

少し肌が傷つけられただけでもすぐになってしまう毛嚢炎。脱毛後にニキビのような吹き出物ができたらしばらく様子を見てみてください。

自然に治れば問題ありませんが、かゆみや痛みが出てきたらすぐに皮膚科や施術を受けたクリニックを受診しましょう。