全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > お菓子の食べすぎ!?子どもが毛深くなってしまう5つの原因と対策方法

お菓子の食べすぎ!?子どもが毛深くなってしまう5つの原因と対策方法

お菓子の食べすぎ!?子供が毛深くなってしまう5つの原因と対策方法

子どもが毛深いことでお悩みの保護者の方は、意外と多いのではないでしょうか?

小さい頃はいいかもしれませんが、小学生や中学生になってくると、周りの友達との身体的な差を気にして悩みを抱える子どもが増えてきます。身体のことってなかなか人には言いづらいもの。ましてや思春期の子どもにとってはなおさらです。

ですから、お子さんが毛深いことで悩み始める前に原因を見つけてあげたり、対策できる場合は今から注意して見守ってあげたりしましょう。

ここでは、子どもが毛深くなってしまう原因と対策方法をご紹介していきます。

子どもが毛深くなる原因って何?

子どもが毛深くなる原因って何?

そもそも、子どもなのになぜ毛深くなってしまうのでしょうか?それにはいくつかの原因があります。

その原因について、ここでは5つにわけて解説するので、お子さんに当てはまるものがないか見ていきましょう。

その1:多毛症などの病気

多毛症とは男性ホルモンが過剰分泌することで、本来薄くて目立ちにくい部位の毛が硬毛化してしまい、毛深く見えるようになる症状のことをいいます。

また、副腎皮質と呼ばれるホルモンや成長ホルモンの量が異常になることでも発症する場合があるようです。ホルモンバランスの乱れは多毛症の他に、月経異常や肥満、脱毛症などの病気を併発する可能性があります。

個人差があるので一概にはいえませんが、子どもに生えるにはあまりにも多い量の毛が生えていたら、多毛症を疑った方がいいかもしれません。

その2:親の遺伝

毛深さは親の遺伝でほぼ決まるものといわれています。両親のどちらかが毛深い、あるいは祖父母に毛深い人がいれば、子どもの毛深さは遺伝によるものと考えていいでしょう。

中には親以上に毛深くなってしまう子もいるようです。

遺伝の場合ですと、食生活の改善や、生活習慣を正すことで毛が薄くなるということは残念ながら期待できません。

その3:生活習慣によるもの

ケーキやチョコレートなど、甘いものが好きなお子さんは多いですよね。しかし、糖分を取りすぎることで、インスリン値が上がってしまい、男性ホルモンが多く生成されてしまうのです。

男性ホルモンの分泌が活発になることで毛の成長が促進され、毛深くなる原因につながります。

また、ホルモンバランスが不安定な時期でもあるため、偏った食事ばかり取っていると、子どものうちから肥満になったり、疲れやすい体質になったりしてしまいます。

ですから、日頃からバランスの取れた食生活を心がけてあげましょう。

その4:紫外線にあたりすぎる

紫外線にあたることでも毛深くなります。

これは、紫外線が肌にあたることで毛が肌を守ろうとするので、結果的に毛深くなってしまうのです。

皮膚がまだ完成されていない子どもにとって、紫外線から受ける影響は大人以上に大きく、場合によっては遺伝子が増えてしまう可能性があるようです。

さらに、毛深くしてしまうだけでなく、皮膚がんのリスクも高まります。

なので、夏や日差しが強い日は、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶせたりするなどの紫外線対策をしてあげましょう。

その5:運動不足によるもの

運動不足は子どもにとってもいいものではありません。大人と同じように、運動不足は代謝を悪くしたり、ストレスをためたりする原因にもなります。

代謝が悪くなると、筋肉の成長が思うようにいかなくなり、冷え性を招いてしまいます。そして、毛は冷えから身体を守ろうとするため、産毛が次第に濃くなっていくのです。

また、ストレスは男性ホルモンの分泌を過剰にするので、毛が濃くなる原因になります。

ですから、日頃から運動する習慣をつけ、基礎代謝を高めてあげましょう。

子どもの毛深さを見極める時期はいつ?

子どもの毛深さを見極める時期はいつ?

子どもの毛深さは大体3~5歳の時期に決まるといわれているようです。その時期に周りの子どもと比べて毛が濃かったら、毛深いと判断して良いでしょう。

腕・足・背中・額などに産毛が生えていて、鼻の下や眉毛の間にも薄く生えている状態であると、そのあとムダ毛が薄くなる可能性は低いようです。

安全にムダ毛を処理できるキッズ脱毛がおすすめ

「子どものうちから毛深いのがかわいそう!」ということで、ムダ毛の処理を行ってあげる保護者の方は多くいらっしゃると思います。

ですが、子どもの肌は大人と違ってまだ弱く、とても敏感です。脱毛クリームやカミソリですと、肌はすぐに傷ついてしまいます。

そこで、おすすめなのが、キッズ脱毛です。「子どもに脱毛させて大丈夫?」と思われるかもれしませんが、これは、子どもの肌に合わせて照射パワーを弱めたり、肌にダメージのない光を使用したりして施術が行われるので、安心して脱毛を受けることができます。

現在キッズ脱毛の全身脱毛を実施している代表的なサロンはエピレとディオーネです。脱毛できる箇所と脱毛可能年齢をまとめましたので、参考にしてみてください。

サロン名

脱毛部位数

脱毛可能年齢

19部位

7歳から

26部位

3歳から

おわりに

いかがでしょうか?大人も子どもも、毛深いことはどうしてもコンプレックスに感じてしまうものです。

ただし、繰り返しになりますが毛深さには個人差があります。保護者の方が気にしすぎてしまうことが逆に、子どもが「自分は毛深いんだ。変なんだ。」と思ってしまうことにもつながりかねません。毛深いからといってあまり心配しすぎないことも大切です。

どうしても気になるときは、普段の食生活を見直す運動不足を解消してあげる、ということに気を遣ってあげましょう。

また、自己処理で済ますことはせず、設備の整った脱毛サロンで安全に脱毛してもらうことがおすすめです。