全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 肌荒れが起こる?医療レーザー脱毛の副作用と対策法

肌荒れが起こる?医療レーザー脱毛の副作用と対策法

肌荒れが起こる?医療レーザー脱毛の副作用と対策法

脱毛効果を知って、医療クリニックで脱毛しようと考えている人も多いのではないでしょうか?しかし実は医療レーザー脱毛には副作用も存在するのです。今回は医療レーザー脱毛で起きてしまう副作用と対策についてご紹介していきます。

医療レーザー脱毛に副作用があるってホント?

医療レーザーは脱毛サロンの光脱毛よりも効果が高くて人気ですよね。なぜ脱毛効果に違いがあるのかというと、簡単にいえば照射出力に差があるからです。実はこの照射出力が原因で、医療レーザー脱毛では副作用が起きてしまいます。

脱毛サロンは医療機関ではないため、あまり高い照射出力を出すことができません。ムダ毛の元となる毛乳頭や毛母細胞に働きかけて発毛を抑えることしかできないため、通う回数も多い上にいずれまた生えてくる可能性も高いのです。

しかし医療レーザーの場合は、毛乳頭や毛母細胞を破壊するほどの高い出力で施術します。一度破壊すれば生えてくることはほとんどありません。また、照射出力が高いので、通う回数も脱毛サロンの半分で済みます。一見メリットばかりに見えますよね。しかし、照射出力が高いが故の弊害も存在するのです。

それが「肌への負担が大きいことで起きるトラブル」です。副作用といっても、体調が悪くなったり内臓が危険なことになったりするというわけではないのでご安心ください。起きる副作用は主に肌トラブルです。

細胞を破壊できるほどのレーザーを肌にあてるということはもちろん刺激も強いのです。痛みが強いということは、それだけ肌に負担がかかっていると思っていいでしょう。

具体的な副作用とは?

具体的な副作用とは?

肌トラブルといってもあまりイメージができませんよね。それでは具体的にどのような副作用なのか一緒に見ていきましょう。

1.炎症、炎症によるむくみ

施術後に赤みやむくみが症状として表れることがあります。これはレーザー脱毛の正常な反応であり、どうしても起こってしまうものだと理解しましょう。

毛乳頭と毛母細胞の壊し方は「熱破壊」です。黒い色素のメラニンに反応させて熱で破壊していくので、当然毛根だけにとどまらず毛全体が熱を帯びたような状態になります。そうなればその周辺の肌細胞も刺激を受けますよね。そのため、一時的に軽くヤケドに近い状態となって、赤みやむくみ、かゆみといった症状が出てしまうのです。特に何もしなくても1、2日で症状はなくなります。

2.ヤケド

炎症の割になかなか治らないということもまれにあります。目安としては3日以上です。

炎症もヤケドに近い状態ではありますが、実際には1、2日ほど経過すれば自然と治ります。しかし日焼けしていたり、照射出力が強すぎたり、体調が悪かったりとさまざまな要因によってヤケドが起きると、その部分が色素沈着する恐れがあります。特に直近で日焼けをした場合、もともと肌にダメージが起きているところに、さらに刺激を与えるので危険性は高くなります。

ヤケドをしていることがわかったら、病院を受診して指示を仰ぐようにしましょう。

3.毛囊炎(毛包炎)

毛囊炎というのは、膿(う)んでジュクジュクしている、ニキビのようなデキモノのことです。レーザーを照射することで、毛穴のバリアー機能が刺激を受けて炎症が起きてしまいます。

特に毛が濃くて太い脇や、デリケートゾーンに発生しやすい傾向があります。つぶしたくなるかもしれませんが、病院で薬をもらって治した方が悪化しなくて確実です。

4.硬毛化、増毛化

産毛や細い毛にレーザーを照射すると、まれに前よりも毛が太くなってしまったり、毛が増えたように感じたりすることがあります。これが硬毛化、増毛化です。特に顔や背中などで起きやすいといわれています。

これは医療レーザーだけではなく、脱毛サロンの光脱毛でも起きやすい症状です。実は、なぜ起きるのか科学的にも原因が分かっていません。一説では、中途半端に弱い照射出力だと毛根が活性化してしまうのでは?ともいわれています。

ヤグレーザーなど産毛に効果のあるレーザーを選ぶなど、場所によってレーザーを選ぶといいでしょう。

副作用を回避するための対策は?

副作用を回避するための対策は?

副作用が起きてしまうのは怖いですよね。どうにか回避するための対策をしておきたいものです。ここでは副作用を回避するための方法を三つご紹介します。

1.肌の保湿、冷却を徹底する

脱毛する数日前からキチンと保湿をするようにしましょう。顔の保湿を毎日しても、体はあまり保湿しないという人も中にはいるのではないでしょうか。

保湿があまりされていないと肌の水分量が減り、バリアー機能が低下します。結果として炎症の長期化やヤケドの原因となるので、面倒でもしっかりケアすることが大切です。

2.日焼けに注意する

日焼けは特に注意するべきです。現在の医療レーザー脱毛の主流はアレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトレーザーは特にメラニンへの反応率が高いため、肌が少し黒いだけでも反応してしまいます。ただでさえ医療レーザー脱毛は照射出力が高くて肌への負担が大きいのです。無用な肌トラブルを防ぐため、日焼け止めをしっかり塗るなどの対策はしておくようにしましょう。

3.複数のレーザーを導入しているクリニックで脱毛する

レーザーのタイプがいくつかあるクリニックの場合、脱毛箇所や肌の状態でレーザーを使い分けしてくれることがあります。使い分けをすることで、一つのレーザーで施術するよりも副作用の起きる可能性が少なくなります。 カウンセリングで相談しながら、自分に合うクリニック選びをするようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

医療レーザー脱毛の副作用は、事前の対策で起きる可能性を大幅に減らすことができるものです。せっかく脱毛をするなら肌トラブルになる確率を少しでも減らすために、自分ができることをしっかりやっていきましょう。