全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > いつから行って大丈夫?全身脱毛後の海、プールについて

いつから行って大丈夫?全身脱毛後の海、プールについて

いつから行って大丈夫?全身脱毛後の海、プールについて

脱毛サロンで脱毛をしていると、注意事項の欄に「日焼けはしないでください」という記述がありますよね。施術の担当者によっては、毎回脱毛が終わるたびに日焼けはしないでくださいと声をかけてくれることもあるかと思います。

実は、これは今日や明日だけの話ではなく、基本的には脱毛の施術が全て終わるまでは日焼けをしてほしくない、というのが脱毛サロンの本音です。

とはいっても、夏になればプールや海に行きたくなりますよね。

今回は、脱毛後にいつから海やプールへ行ってもよいのかについて解説します。

全身脱毛後の海やプールは日焼けをするのでNG

全身脱毛の施術を受けた後すぐに海やプールに行くことは、基本的にはNGです。その理由は、先に述べたように日焼けをしてしまう可能性があるからです。

ただし、この日焼けに関しては脱毛「後」に限った話ではなく、脱毛に通っている間はずっと避けなくてはなりません。

では、なぜ脱毛中に日焼けをすることがNGとされているのでしょうか。まずは、脱毛中に日焼けをすることのデメリットを2つご紹介します。

1.脱毛の効果が減ってしまう

日焼けをした肌は水分を奪われた状態です。乾燥した肌では脱毛器の光が毛穴の奥まで届きにくくなってしまうため、脱毛効果が減ってしまいます。

また、乾燥した肌は通常よりも脱毛の痛みを感じやすくなります。そのため、日焼けをしていると本来の出力よりも弱い出力で施術を行うことになり、その結果、脱毛の効果を実感できなくなってしまう場合があります。

2.肌トラブルを引き起こす

日焼けをしている肌は、軽いやけどと似た状態です。そして脱毛後の肌もまた、ごく軽いものですが、やけどした状態になります。

日焼けをしている肌に脱毛器を当てるのは、やけどをさらに悪化させてしまう原因にもなりかねません。このやけど状態が続くとシミやそばかす、かゆみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので、脱毛中の日焼けには十分注意しましょう。

脱毛後はいつから海やプールがOKになるの?大手サロンに聞いてみた

脱毛後はいつから海やプールがOKになるの?大手サロンに聞いてみた

日焼けがダメだとわかっていても、レジャーシーズンになれば海やプールに行きたくなりますよね。脱毛後すぐには行けないとしても、期間をあけて日焼けに十分注意すれば行ってもよいのでしょうか。

各脱毛サロンに問い合わせてみました。

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーでは施術を担当している担当者さんに確認してみました。すると、次のような回答を得ることができました。

「脱毛後の肌は熱を加えているためダメージを受けています。肌の中がやけどをしているイメージをもってください。そこにさらに光のダメージが入ると肌を傷める可能性があるので施術後2週間理想としては脱毛に通っている間は行かないのがおすすめです。」

海やプールに行くことを完全にNGとはしていませんが、「理想としては、脱毛中は海やプールへ行かないでほしい」という回答が返ってきました。やはり、脱毛中は日焼けをしてしまうと効果が減ってしまうので脱毛サロンの担当者としてもできるだけ避けてほしいそうです。

   

キレイモ

キレイモ

キレイモは、公式サイトで「施術後2週間は日焼けをしないよう対策してください。」と明言しています。こちらも銀座カラーと同じ期間ですね。

   

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

ミュゼではチャットを利用して質問したところ、「お肌状態が問題なければ、翌日から可能です。」との回答を得ることができました。

また、ミュゼのみ脱毛後翌日から可能との回答をいただきました。

チャットでは、日焼け止めを必ず塗るというような注意点までは指導されず、詳しくは無料カウンセリングでお話しますとの回答でした。

   

海やプールへ行くなら万全の紫外線(UV)対策と乾燥対策を

海やプールへ行くなら万全のUV対策と乾燥対策を

脱毛に通っている途中に海やプールへ行くなら、UV対策と乾燥対策を行いましょう。1番よいUV対策は日焼け止めを塗ることです。ウォータープルーフの日焼け止めを全身にしっかり塗り込みましょう。もちろん、朝1番に塗るだけでなく、2~3時間に一度は塗りなおすように心がけておきましょう。

また、日焼けによる乾燥にも注意が必要です。海やプールへ行った日は化粧水とボディークリームで肌をいたわってあげましょう。

日焼け肌もOKの脱毛サロンがある!

日焼けをした肌は基本的に脱毛サロンでお手入れすることができませんが、中には日焼け肌でも脱毛できるようなしくみの脱毛方法を採用している脱毛サロンがあります。

そういったサロンでは、よほど強い日焼けをしていない限りはお手入れすることができるようです。

ここで、日焼け肌の方でも脱毛OKの脱毛サロンをご紹介いたします。

STLASSH(ストラッシュ)

ストラッシュ

従来の脱毛方法は、毛の黒色(メラニン色素)に反応する光によって、毛をつくる組織に働きかけるものでした。日焼け肌だと脱毛できない理由は、肌が日焼けで黒いと光が強く反応してしまうため、火傷のリスクがあるからです。

ストラッシュの脱毛方法は、黒い色素に反応するのではなく、毛包自体に直接アプローチするものなので、肌の色に関係なく光を当てることができます。日焼け肌だけでなく、通常の脱毛機では効果が出にくい産毛や金髪の毛にも効果が期待できるようです。

   

Lacoco(ラココ)

>Lacoco(ラココ)

ラココも、ストラッシュと同様のSHR脱毛を採用しています。この脱毛方法は、毛周期に関係なく通えるという点も大きな特徴です。一般的な脱毛方法では、毛周期に合わせて2~4ヵ月期間をあけなくてはならず、完了までに何年もの期間が必要になります。

ラココでの脱毛方法であれば、それが最短6ヵ月で脱毛完了できるので、自己処理から開放されるまでのスピードもそれだけ早くなります。

   

ディオーネ

>ディオーネ

ディオーネの脱毛方法は「ハイパースキン脱毛」というもので、こちらもストラッシュやラココと同じく、肌の色素に関係なくお手入れすることができます。

さらに、ハイパースキン脱毛は3歳から脱毛可能と言われるほど肌への負担が少なく、痛みゼロの脱毛をうたっています。アトピーや敏感肌の方も、他のサロンで断られてしまった色黒肌の方も、どんな肌質でも安心して通っていただけます。

   

おわりに

脱毛に通っている期間は、日焼けをするような行動は控えるようにしましょう。外出の際もUV対策が必須です。海やプールに行くと日焼けの原因となりますから、1番理想的なのは海やプールに行かないことです。ただし、夏になれば海やプールにはどうしても行きたいものです。銀座カラーやキレイモで指導している通り、脱毛後2週間は期間をあけて万全のUV対策を行った状態で行くようにしましょう。