全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > ムダ毛はこうして抜く!正しい毛抜きの使い方と注意点

ムダ毛はこうして抜く!正しい毛抜きの使い方と注意点

ムダ毛はこうして抜く!正しい毛抜きの使い方と注意点

ムダ毛を処理する時に活躍する毛抜き。気になった時に手軽に処理できますし、一度抜いてしまえばしばらく生えてくることがないので便利ですよね。

眉を整えたい時や、厄介なワキのムダ毛はシェーバーやカミソリでそるのではなく、1本1本抜いている方も多いのではないでしょうか?

しかし、ムダ毛を抜く時の力は案外強いもので、処理の仕方を間違えると肌トラブルが起きることも。そうならないためにも、今回はムダ毛の正しい抜き方とムダ毛を抜く時に起こりやすいトラブルについてご紹介します。

毛抜きでの正しいムダ毛処理の方法

毛抜きを使った正しいムダ毛処理の方法

1.蒸しタオルで毛穴を開く

ムダ毛を抜く前にはまず、ぬらしたタオルをラップで包んだものを用意し、電子レンジで1~2分温めて「蒸しタオル」を作ります。これを、お手入れしたい部分にしばらく当てて、毛穴を開いてあげましょう。

もしも何もしていない状態で処理を行うと、引っ張る力のせいで痛みを感じたり、毛穴が傷ついたりする場合があります。

毛抜きで毛を抜く際、部位によっては痛みを感じますよね。その痛みを回避するためも、処理前に毛穴を開いておくことは有効な方法になるのです。

2.毛の流れに沿って抜く

蒸しタオルで毛穴が開いたら、毛の流れに沿ってゆっくり毛を抜いていきましょう。

この時、流れに逆らって抜いたり、勢いよく引っ張ったりすると、途中で毛が切れてしまうことがあるので注意が必要です。

しっかり抜ききれずに毛根が残ってしまうと、黒ずんで見えてしまうこともあるので気をつけてください。

3.抜き終わったらアフターケアをしっかり行う

毛抜きを使用した箇所をそのままにしておくと、毛穴はどんどん広がっていき、雑菌も入り込みやすい状態となっています。

ですから、処理が終わった後は必ず冷やしたタオルや保冷剤などを当て、毛穴をしっかりと閉じるようにしてください。

十分冷やしたら化粧水や乳液を塗り、ダメージを負った肌を保湿ケアしましょう。

自己処理する時は肌トラブルに注意

自己処理する時は肌トラブルに注意

毛抜きは、気になるムダ毛を手軽に処理できますし、お手入れの頻度も少なくなるというメリットがありますよね。

しかし、毛を抜くという行為は、私たちが思っている以上に肌へと負担をかけてしまうものです。

では、カミソリやシェーバーの方が安全かというとそうとも言い切れません。シェービングクリームを使ったとしても、肌に直接刃が当たるため、毛とともに肌の角質まで一緒に落としてしまうからです。それが原因で肌が赤く腫れたり、傷ついた肌を守ろうと、メラニン色素が活性化して色素沈着を起こしたりすることも。

さらに、ニキビのような吹き出物ができて痛みやかゆみを引き起こす「毛嚢炎(毛包炎)」、傷ついた毛穴がかさぶたを作ることによって、外に出てこられなかった毛が肌の内部で成長してしまう「埋没毛」になる可能性もあるのです。

肌トラブルが心配な方は脱毛しよう!

一度肌トラブルを起こしてしまうとなかなか治らない上に、傷ついたまま自己処理を続けていくと肌はどんどんダメージを受ける一方です。

そのような厄介な事態を避けたい方は、ぜひ脱毛サロンで脱毛しましょう。一度脱毛が完了してしまえば、毛が生えてくるたびにそったり抜いたりするといった自己処理の手間から解放されますし、お手入れし忘れの心配も無くなりますよ。

おわりに

ムダ毛の正しい抜き方についてと、自己処理時の注意点をご紹介しました。普段毛抜きを使用していた方は、自分の処理の仕方を一度見直してみましょう。

自己処理によって受けるダメージは大きいものですので、肌トラブルが起きる前に脱毛してしまうのも1つの手段です。

女性ならば、いつでもツルツルの肌を維持しておきたいもの。この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?