全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 脱毛に影響アリ!?紫外線と肌の関係について

脱毛に影響アリ!?紫外線と肌の関係について

脱毛に影響アリ!?紫外線と肌の関係について

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛を始めるにあたって、脱毛期間中は日焼けをしないように気をつける必要があります。

これは最初のカウンセリングの時にも注意事項として、スタッフや医師から説明を受ける事柄の1つ。日焼けの原因である「紫外線」が脱毛に影響を及ぼす可能性があるからです。

今回は、紫外線と肌の関係からその真相に迫っていきたいと思います。

紫外線を受けた肌で脱毛するとどうなるの?

紫外線を受けた肌で脱毛するとどうなるの?

紫外線は、肌のメラニン色素を増加させてシミやそばかすをつくってしまう、いわば肌の大敵ともいえる存在。「紫外線を浴びすぎると皮膚がんになる」なんて話もよく耳にしますよね。

そんな紫外線は、脱毛にも悪い影響を与えます。それでは一体どのようなものがあるのか見ていきましょう。

脱毛効果が落ちてしまう可能性がある

脱毛機器の光は、黒いメラニン色素に反応する性質を持っており、その光の熱が毛根を破壊することで脱毛が完了します。

しかし、紫外線を受けて肌全体にメラニン色素が広がった状態だと、毛根にうまく光が反応せず、思ったような脱毛効果が得られない可能性があります。

また、紫外線を受けて肌が乾燥している状態も脱毛効果を落としてしまいます。乾燥した肌は、脱毛機器の光がうまく毛根まで浸透しにくいのです。

施術時に痛みを感じやすくなる

前述した通り、脱毛機器の光は黒色のメラニン色素に反応します。紫外線を多く受けて日焼けした肌だと、その肌の色にも反応して施術時に痛みを感じやすくなってしまうのです。

脱毛器は毛根を熱で焼き切るほどの強いパワーがあるので、それが肌全体に反応してしまうことを考えれば、痛みを感じるのは当然といえますね。

そのほかに、やけどを負ったり、炎症を起こしたりするケースもあるようです。

このような肌トラブルの危険性を考慮して、脱毛サロンでは、日焼けしている肌や、褐色の肌の方の施術をお断りされてしまうことがあります。

普段から紫外線対策を心がけよう!

紫外線は、脱毛効果を落としてしまうだけでなく、施術時に痛みを感じやすくしたり、肌トラブルを引き起こしたりと、デメリットだらけ。肌質によっては、その日の施術を断られてしまう可能性も考えられます。

「せっかく予定を空けたのに脱毛できなかった!」なんてことになったら残念ですよね。そうならないためには、普段から紫外線対策を心がけることが大切になります。

それでは、具体的な紫外線対策の方法をご紹介します。

肌の露出を控えたり日焼け止めを塗ったりする

「すぐそこのコンビニまで」「洗濯物を干すだけ」と、素肌のまま外に出るのはよくありません。その短い時間の間に、肌はどんどん紫外線を吸収し、体内に蓄積されていきます。

外出する際には「日焼け止めクリームを塗る」「長袖を着る、足首まで隠れるパンツをはいたりして肌の露出を控える」といった対策をとりましょう。

そのほかにも、「帽子をかぶる」「サングラスをかける」ことも効果的です。暑い季節は、アームカバーをしたり、涼しい生地のロングスカートをはいたりして、極力露出しないようにしましょう。

保湿成分の高いクリームやパックで肌をケアする

どんなに気をつけていても、うっかり紫外線を浴びて日焼けしてしまうこともあるかと思います。

日焼けをすると、皮膚の細胞が傷ついて水分を保持する機能が弱まってしまうため、保湿成分の高いローションを塗ったり、パックをしたりして肌をケアしましょう。肌がヒリヒリと痛む時は、冷やしたタオルを当てて炎症を抑えてあげるのもおすすめです。

おわりに

紫外線は、脱毛の効果や施術時にさまざまなデメリットをもたらすことがわかりましたね。

1回ごとの脱毛で高い効果が得られるよう、普段から肌の露出を控えたり、日焼け止めを塗ったりして紫外線対策をしっかりと行っておきましょう。

また、万が一日焼けしてしまった場合は、肌に優しい成分が入ったクリームやローションなどを塗ってケアすることも忘れずに。