全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > ヤグレーザー脱毛ってなに?特徴や効果は?

ヤグレーザー脱毛ってなに?特徴や効果は?

ヤグレーザー脱毛ってなに?特徴や効果は?

ヤグレーザー脱毛について、「名前は聞いたことがあるけれど、どんなものなのかまでは知らない」という方は多いのではないでしょうか。今回はヤグレーザーについての特徴や効果を詳しく解説していきます。

ヤグレーザー脱毛ってどんな脱毛?特徴と効果まとめ

ヤグレーザー脱毛は医療脱毛レーザーの一つです。YAGレーザーという表記をすることもあります。

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーといった他の医療脱毛レーザーよりも、比較的最近登場したものです。そのためまだ認知度が低く、知らない人が多いのかもしれないですね。

それではここで簡単にヤグレーザーの特徴をまとめていきます。

1.日焼け肌や色素沈着している肌もOK

黒い色素のメラニンに反応するレーザーの場合は、日焼けしていたり色素沈着があったりすると脱毛施術自体を断られてしまいます。肌自体に反応してしまうため、やけどや肌トラブルの原因になるからです。特にアレキサンドライトレーザーなどはメラニンへの反応率が高いので要注意です。

しかし、ヤグレーザーは逆にメラニンに反応しにくい性質をもっています。そのため、日焼けしていても色素沈着があっても施術が可能です。ホクロの上の毛など、ピンポイントの照射もできます。もともと肌が色黒で悩んでいる人にも最適でしょう。

2.産毛も脱毛できる

レーザー脱毛は産毛に反応しにくいといわれています。メラニンに反応するレーザーは、太くて濃い毛には絶大な効果を発揮しますが、産毛のような細くて薄い毛には非常に反応しにくいのです。そのためアレキサンドライトレーザーのみを導入しているようなクリニックでは、産毛が多い背中などの施術は行っていないことが多いです。

ヤグレーザーであればメラニンに左右されないので、産毛もしっかり脱毛することができます。肌への負担も少ないため、顔の産毛なども安心して脱毛が可能です。

3.今まで抜けたかったムダ毛にも効果が期待できる

ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと同じIPL脱毛に該当します。違うのはレーザーの波長の長さです。レーザーの波長の長さは以下の通りになります。

レーザー名 アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグ(YAG)レーザー
波長の長さ(単位:ナノミクロン) 755nm 810nm 1064nm

断トツでヤグレーザーの波長が長いことが、数値としても理解できるでしょう。波長が長いほど、肌を透過して深部働きかけてくれます。基本的に医療脱毛で使われているレーザーであれば、施術した部位のうち8割以上が抜けていないなら効果が薄いといわれています。もしなかなか脱毛しても効果がなかったり、抜けない毛があったりするのであれば、他のレーザーでは届かないような奥深くに毛乳頭や毛母細胞があるせいかもしれません。

なかなか抜けないムダ毛があるなら、ヤグレーザーでの施術がおすすめです。

4.美肌、美白効果も!

ヤグレーザーは肌の深部に蓄積されたメラニンを破壊します。もともとIPL自体は美肌治療で使われていた方法です。脱毛と美肌治療では使い方が異なるものの、美肌や美白効果も期待ができます。

ヤグレーザーのデメリットってあるの?

ヤグレーザーのデメリットってあるの?

特徴だけみていると、とてもメリットの多い魅力的な脱毛方法だと感じるでしょう。しかしやはり一長一短、デメリットも存在するのです。ここではデメリットをみていきましょう。

1.脱毛施術が痛い

医療脱毛は痛いといわれています。その中でも特に痛いのがヤグレーザーです。アレキサンドライトレーザーよりも痛みが強いので、覚悟しておいた方がよさそうです。しかもヤグレーザーは波長が長いために麻酔クリームも効きにくいことがあります。レーザーが肌の表面に働かないため、肌に優しいのはうれしいですが、痛みへの解決策がないのが残念ですね。

もしも痛いのが苦手ならSHR方式の脱毛法を検討してみるといいかもしれません。ヤグレーザーのように日焼け肌でも脱毛できて産毛にも効果があるのに、まったく痛くありません。脱毛サロンならストラッシュ、医療クリニックならリゼクリニックを検討してみるといいでしょう。

2.効果が他のレーザーより低い

根深い毛への効果が高いのですが、逆に普通のムダ毛へのアプローチがほとんどできません。そのため通常のムダ毛であれば、他の方が効率的に脱毛ができます。ヤグレーザーをサブの脱毛機器として導入しているサロンが多いのはそのためです。

全身脱毛をアレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーで済ませておき、どうしても抜けない毛があればヤグレーザーを使うのも手でしょう。

3.導入しているクリニックが少ない

残念ながらヤグレーザーを導入しているクリニックが少ないのが現状です。

やはり主流はアレキサンドライトレーザーです。ダイオードレーザーも導入しているクリニックが増えてきましたが、メインとしては使いにくいヤグレーザーは導入を見送るところも多いのでしょう。

現在ヤグレーザーを導入しているクリニックは、リゼクリニックドクター松井クリニックフェミークリニックアイエスクリニックなどが挙げられます。

おわりに

いかがでしたか?

ヤグレーザーは産毛やピンポイントで抜けないムダ毛に対して大きな効果を発揮します。他の脱毛方法を併用しながらしっかり素肌をキレイにしたい人にとっては、非常に強い味方になるでしょう。ぜひうまく使い分けてみてくださいね。