全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > ハイジニーナとVIO脱毛の違いは?それぞれのメリット、デメリット

ハイジニーナとVIO脱毛の違いは?それぞれのメリット、デメリット

ハイジニーナとVIO脱毛の違いは?それぞれのメリット、デメリット

最近は日本でもデリケートゾーンの脱毛の人気が高まってきているようです。しかしよく聞く「ハイジニーナ」と「VIO脱毛」の違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなハイジニーナとVIO脱毛の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

ハイジニーナとVIO脱毛は何が違う?

ハイジニーナとVIO脱毛は何が違う?

ハイジニーナ、VIO脱毛は両方ともデリケートゾーンの脱毛を指す言葉ですが、厳密にはお手入れする範囲において違いがあります。

まずはそんなハイジニーナとVIO脱毛の違いについて説明していきましょう。

ハイジニーナとは

ハイジニーナとはデリケートゾーンのムダ毛をすべて処理し、無毛状態にすることを指します。

もともと英語で「衛生的」という意味を持つ“hygine”が語源となっているハイジニーナは、海外のセレブや女優たちが行ったことで注目を浴びました。

現在は日本でもハイジニーナへの関心が集まってきていますが、まだ海外程はメジャーではないと言えます。

VIO脱毛とは

VIO脱毛とは、デリケートゾーンのムダ毛を処理し、毛量を減らしたり形を整えたりすることを指します。

すべての毛を処理するわけではないので、施術の際、逆三角形型やI型、ハート型など、自分の好きな形に処理してもらうことが可能です。

日本ではどちらも同じ意味で使用されている?

先ほど紹介したように、ハイジニーナは海外で一躍話題となり日本でも注目されるようになった脱毛です。

そのため海外では「ハイジニーナ=無毛状態にする」という方程式が一般的ですが、実は日本では必ずしもそうとは限りません。と言いますのも、脱毛サロンやクリニックのなかには「ハイジニーナ脱毛」という名のコースでも、一般的なVIO脱毛コースとして展開しているところも少なくはないからです。

この食い違いは日本と海外でアンダーヘアへ対する価値観が異なることから生じたと言われています。

ハイジニーナのメリット

ハイジニーナのメリット

続いてはハイジニーナ脱毛のメリットやデメリットを紹介していきましょう。

1.自己処理のリスクから解放される

夏場に水着を着る時などは特に、デリケートゾーンのムダ毛をカミソリや毛抜きで自己処理している人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンはもともと皮膚が敏感な部位でもあるので、カミソリや毛抜きを用いた自己処理をすると肌トラブルが起きやすいほか、繰り返すことで肌に黒ずみができてしまうこともあります。

自己流のお手入れは手軽でコストもかからないというメリットはありますが、デリケートゾーンの場合カミソリで傷をつけてしまったり、さらには傷口から菌が侵入してしまったりすると深刻なトラブルに発展する可能性もあります。

その点ハイジニーナ脱毛を行っておくと自己処理の手間やリスクから解放されるので、余計な心配もなくなると言えるでしょう。

2.好きな下着や水着が自由に着られる

ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンを無毛状態にしてしまうので、股上が浅い下着や水着を着用してもムダ毛がはみ出る心配がありません。好きなデザインの下着や水着を自由に着ることができます。

3.清潔な状態をキープできる

デリケートゾーンは生理中の経血、汗、おりものなどでどうしても汚れてしまいがちなうえ、菌が繁殖してしまうと痒(かゆ)みやにおいなどの気になるトラブルを生じやすいデリケートな部位でもあります。

しかしハイジニーナ脱毛で無毛状態にすることで、経血がアンダーヘアに付着することがなくなるほか蒸れにくくもなるので、デリケートゾーンを常に清潔な状態に保つことが可能です。

ハイジニーナのデメリット

ハイジニーナのデメリット

1.一度お手入れするとなかなか生えてこない

ハイジニーナ脱毛をするとその後はなかなか毛が生えてきません。実際にハイジニーナにしてから元の毛がある状態に戻すことは難しいため、脱毛する際はきちんと考えてから実行に移すようにしましょう。

2.ツルツルにするまで時間がかかる

基本的にハイジニーナ脱毛で無毛状態にするまでは時間がかかります。脱毛サロンに通う場合は大体12回、年月にして2~3年程度かかりますし、クリニックでも6回くらいは通う必要が出てくるでしょう。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリット

最後にVIO脱毛のメリットやデメリットを紹介していきたいと思います。

1.好きな形にお手入れしてもらえる

先ほども紹介したように、VIO脱毛の場合アンダーヘアを自分の好きな形にお手入れしてもらうことが可能です。

脱毛サロンやクリニックではVIO脱毛のカタログを用意しているところも多いので、それらを参考にしてみても良いですし、自分で好きな形や毛量をリクエストすることもできます。

2.ハイジニーナよりも自然な状態にできる

VIO脱毛は完全に無毛状態にするわけではないので、お手入れ後の状態が自然な感じになります。

例えば人気の逆三角形型は特に自然な印象の仕上がりになりますし、「今より少し毛量を減らしたい」という方にもおすすめです。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリット

形を後から変えることが難しい

ハイジニーナと同じように、VIO脱毛の場合も一度お手入れしてしまうとなかなか毛が生えてこないので、後から形を変えたり元に戻したりすることが難しいと言えます。

おわりに

いかがでしたか?ハイジニーナとVIO脱毛、名前は違っても日本では大体同じ意味で使用されていることがほとんどです。

最近はハイジニーナやVIO脱毛専門のサロンも増えてきましたが、もしデリケートゾーンだけでなく他の部位も脱毛したいのなら全身脱毛コースがおすすめです。

脱毛サロンやクリニックの中には全身脱毛コースの対象部位の中にデリケートゾーンも含まれていることが多いので、ぜひ検討してみてください。