全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 脱毛効果はピカイチ!電気脱毛の施術方法とメリット・デメリット

脱毛効果はピカイチ!電気脱毛の施術方法とメリット・デメリット

脱毛効果はピカイチ!電気脱毛の方法とメリット・デメリット

脱毛といえば、光を使った脱毛を思い浮かべる方が多いと思います。実際、多くのサロンやクリニックでは光脱毛やレーザー脱毛が主流ですよね。

しかし、脱毛方法はそれだけではありません。この他にも、電気脱毛と呼ばれるものも存在します。

特に、これから脱毛を始めようと思っている方は、絶対に知っておいて損はないといえるこの電気脱毛。今回はその方法とメリット・デメリットをご紹介します。

電気脱毛の施術方法

電気脱毛の施術方法

電気脱毛は、針脱毛ニードル脱毛とも呼ばれており、電気を使って脱毛を行います。

これは本来、逆さまつげの治療に用いられていましたが、身体のムダ毛にも効果が期待できるということから、脱毛にも利用されるようになった脱毛方法です。

施術の流れとしては、毛穴の中に針を差し込んで電気を流し、毛乳頭やその周辺の組織を破壊することで脱毛を促します。

あらかじめムダ毛を処理してから施術するレーザー脱毛や光脱毛とは違い、電気脱毛は5mmほど毛を伸ばした状態で施術をしていきます。

これは、ある程度毛が肌の表面から出ていたほうが毛穴に針を通しやすく、確実に電流を流すことができるためです。

「金属アレルギーの人は脱毛できないの?」と思われる方がいるかもしれませんが、心配ありません。電気脱毛の針にはゴールドやチタンを使用しているので、金属によって肌荒れを起こしてしまう方でも安心して施術が受けられます。

電気脱毛のメリット

電気脱毛のメリット

永久脱毛の効果がある

電気脱毛最大のメリットは、永久脱毛が可能ということです。

強い電流のおかげで、毛をつくる組織全体にダメージを与えられるため、光脱毛やレーザー脱毛よりも高い脱毛効果を発揮することができます。

毛の生えている部分に1カ所ずつ電流を流していくので、1回の施術時間は比較的長めになりますが、約5~6回の脱毛で終えることが可能です。

ワキガを軽減できる場合がある

ワキガの原因である、アポクリン汗腺の一部も電気脱毛で破壊可能なので、場合によってはワキガを軽減させられます。

脱毛された方の統計では、約20%の方がワキガを改善し、40%のほうが症状の緩和を感じたというデータがあるようです。

ワキガの治療法ではないため、完全にアポクリン汗腺を無くすことはできませんが、「脱毛もしたいし、ワキガも治したい」という方には一石二鳥かもしれませんね。

電気脱毛のデメリット

他の脱毛方法に比べて施術費用が高い

脱毛を行うクリニックや美容外科によって、回数ごとで料金設定されているところもあれば、施術時間で料金が変わるなどさまざまです。

ですが共通していえるのが、レーザー脱毛や光脱毛に比べると施術料金が高いということです。

その他に、施術に使用する針の費用も負担しなければならない場合があります。

電気脱毛の針は、電流を流したり皮膚との摩擦が起きたりすることで徐々に傷んでくるので、一定回数脱毛を終えるごとに針を新しいものと交換しなければなりません。

それに、エイズウイルス(HIV)や肝炎などを患っていた場合、院内でそれらの感染症を広げないためにも、自分専用の針を使用して施術を行う必要があります。

そういった理由から、針に対しても費用が発生する可能性があるのです。

電気脱毛の契約を行う前には必ず、施術の料金プランがどのように設定されているかをしっかりチェックしておくことが大切です。

施術中に強い痛みを感じる、炎症を起こす場合がある

毛穴に針を差し込んで電流を流すので、どの脱毛方法よりも痛みを感じやすく、針を刺す時よりも、電流を流した時のほうが痛みを強く感じるようです。

これをなるべく軽減させるために、アイスパックなどの冷却材を施術部位に当てながら脱毛が行われます。刺激に敏感な人は、事前に麻酔クリームを塗ってもらうことをおすすめします。

また、施術中や施術後に毛穴が赤くなったり、腫れたりして炎症を起こす場合があるようです。そうなった時は医師の診察のもと、適切なケアを行ってもらいましょう。

おわりに

電気脱毛についてご紹介しました。皆さん、理解は深められたでしょうか?

施術費用が高かったり、痛みが強かったりなどのデメリットがありますが、永久脱毛の効果があるのは大きなメリットだと思います。

それに他の脱毛方法では、あらかじめ決められた回数内で思っていたような脱毛効果が得られないケースが出てきます。

しかし、電気脱毛ならその可能性は極めて低いので、追加で施術を受けなければならないということも少ないでしょう。

どの脱毛方法で脱毛するかお悩みの方は、ぜひ電気脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか?