全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 洗って流すだけで毛が抜ける?脱毛せっけんのメリット・デメリット

洗って流すだけで毛が抜ける?脱毛せっけんのメリット・デメリット

洗って流すだけで毛が抜ける?脱毛石鹸のメリット・デメリット

脱毛といえば脱毛器を使ったりカミソリでそったりするような方法が一般的ですが、洗って流すだけで毛が抜けていく、とても簡単で手軽な脱毛せっけんというせっけんをご存じでしょうか。

脱毛せっけんを使って脱毛するメリットとデメリットをご紹介します。

脱毛せっけんってどんなせっけん?

脱毛せっけんとは、ムダ毛に反応して毛根に直接働きかけてくれる成分が配合されたせっけんで、ムダ毛を弱らせて抜けやすい状態を作ってくれます。

洗って流すだけで毛が抜けるというとイメージが湧きにくいですが、脱毛せっけんの仕組みがわかれば、使うだけでムダ毛がなくなっていくということもイメージしやすくなります。

脱毛せっけんの優れているところは、ただ毛を生えにくくしてくれるだけではなく、しっかりと美容成分が配合されているので、毛穴ケアや黒ずみといった肌の悩みがムダ毛と一緒に解消できるところです。

脱毛せっけんのメリット

脱毛石鹸のメリット・デメリット

費用が安い

脱毛せっけんは使う時にせっけんを泡立ててのせていくだけで良いので、自己処理では手の届かない部位も脱毛することが可能です。金額も脱毛サロンで脱毛するよりも、かなりリーズナブルとなっています。

痛みがない

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでよく使われる脱毛器での脱毛は痛みを感じることもありますが、脱毛せっけんは痛みもなくムダ毛を処理することができます。

肌への負担が少ない

同じ自己脱毛でも毛抜きを使った処理は皮膚を引っ張るので痛みが強く、カミソリも皮膚への負担が大きいといったデメリットがあります。

しかし、脱毛せっけんではそのような皮膚への負担が少なく、逆に美肌効果の高い成分が配合されているので、使うことによってどんどん肌がきれいになっていきます。

香りが良いものも多いので、癒やしの効果があってストレスが軽減できるのも良いですよね。

脱毛せっけんのデメリット

敏感肌だと肌に合わない可能性も

「せっけん」という言葉から、比較的肌に優しいように思える脱毛せっけんですが、人によっては合わない成分が入っていることもあり、敏感肌の人でも100%安全に使える訳ではないという点です。

除毛効果のある成分の中で特に刺激が強いのは「チオグリコール酸」と呼ばれる成分で、敏感肌でない人でも全身には使わない方が無難です。

使う時には普通のせっけんと同じようには考えずに、顔や皮膚が薄い部位への使用はやめて、肌トラブルのリスクを避けましょう。

即効性・持続性がない

除毛や抑毛効果が期待されている脱毛せっけんですが、即効性はあまりなく、使った瞬間に全ての毛がするっと抜け落ちるという訳ではありません。

効果が出て毛が抜けるまでには少なくとも1週間ほどの時間がかかり、しかも使った人全員に必ず効果がある訳ではなく、効果を実感できる人は使用した人の約半数だといわれています。

つまり、約半数の人はせっかく脱毛せっけんを使ってもほとんど効果を実感できないということになります。

毛が抜けたという人でも抑毛や除毛効果しかない脱毛せっけんでは永久脱毛はできないので、ムダ毛のない状態をキープしたかったらずっと使い続けなければいけません。

効果も弱いので、肌に合っていたという人でもかなりの回数をかけなければいけないのもちょっと面倒ですよね。

最近ではモデルでも脱毛せっけんを使っているとブログなどに書いている人がいますが、その芸能人が脱毛せっけんだけでそこまでツルツルになれたかということは判断できません。

この脱毛せっけんを使えばあの芸能人みたいにきれいな肌になれる!とは思わずに、脱毛せっけんの脱毛効果は人によるということを頭に入れておきましょう。

脱毛せっけんと脱毛器を使った脱毛はどっちの方がいいの?

脱毛石鹸と脱毛器を使った脱毛はどっちの方がいいの?

メリットとデメリットを踏まえた上で、自宅で手軽に脱毛できる脱毛せっけんと脱毛サロンで脱毛器を使って脱毛するのとでは、どちらの方が良いのか考えてみましょう。

しっかり脱毛をしたいのであれば、金額は高くても効果が高い脱毛サロンでの施術をおすすめします。

脱毛サロンでは1~2カ月に1回程度の照射をしてもらうだけなので楽ですし、通えば通うほど毛は薄く少なくなっていきます。

ただし、脱毛サロンでも永久脱毛はできないので、永久脱毛にこだわる方は医療脱毛クリニックでのレーザー脱毛の施術を受けるようにしてください。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛も医療脱毛クリニックのレーザー脱毛も、黒いものに反応する光を照射していきます。

したがって、色素沈着がある部分は避けて施術をしていくことになります。

ホクロなどずっとある黒い部分は照射をしてもらえることはなく、脱毛する度に避けて照射をしていくことになるので、そこに生えてくる毛は薄くなることはありません。

そのため、脱毛効果が実感できたことで目立ってしまう色素沈着した部分の毛が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時には脱毛せっけんを使い、照射できない部分も抑毛や除毛をしていくことをおすすめします。

   

おわりに

脱毛せっけんは肌に合っていれば使える脱毛アイテムですが、脱毛という視点で見ると長期的な目で見ていかなければいけなかったり、合わなければ肌トラブルの元になるデメリットも持ち併せています。

使う時にはパッチテストを必ず行って肌トラブルのリスクを回避するとともに、なかなか結果が出ない時には無理して使い続けずに脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛を検討しましょう。