全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > Vライン処理には最適!ヒートカッターのメリット・デメリット

Vライン処理には最適!ヒートカッターのメリット・デメリット

Vライン処理には最適!ヒートカッターのメリット・デメリット

最近、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理アイテムとして、ヒートカッターの人気が高まってきています。

今回はそんなヒートカッターの仕組みやメリット・デメリット、使用するにあたっておすすめの部位などを詳しく紹介していきます。

ヒートカッターとは?

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切るムダ毛処理アイテムのひとつです。

毛を焼き切るための部分がコーム(くし)状になっているものが主流で、VIOラインの処理に用いられることが多いことから「Vライントリマー」「Iライントリマー」といった名前で呼ばれることもあります。

毛をつまみながらコームで毛をとかすようにするだけなので、使い方も簡単ですし、毛を焼き切るとはいっても正しく使用すれば肌に直接熱が触れることはないため、やけどの心配もありません。

ヒートカッターのメリット

ヒートカッターのメリット

続いてはヒートカッターのメリットについて紹介していきましょう。

毛先のチクチク感が少ない

ハサミやカミソリでムダ毛を処理すると、毛先が鋭くなってしまい、チクチクとした感じがしたり水着や下着の繊維をムダ毛が突き抜けてしまったりすることがあります。

しかしヒートカッターで焼き切られた毛先は丸くなるため、ムダ毛処理後独特のチクチク感も少ないですし、毛が伸びてきたときに水着や下着から飛び出てくる心配もありません。

肌に熱が触れないので安全

ヒートカッターは、コーム状の部分の中に熱線が入った構造になっているので、ムダ毛処理中に肌に直接熱が触れることはありません。

そのため、やけどのリスクも少なく、安心してムダ毛処理を行うことができます。

アフターケアは不要

ヒートカッターの場合、カミソリでムダ毛処理を行う時のように、事前にジェルやシェービング剤を塗ったり、アフターケアで乳液や保湿剤を塗ったりする必要がありません。

なぜならヒートカッターは、あくまで生えているムダ毛に作用するアイテムなので、カミソリや毛抜きのように、肌に直接的な負担をかけることがほとんど無いからです。

そのため肌へのダメージも少なくて済みますし、敏感肌の方や肌が弱い方にもおすすめです。

ヒートカッターのデメリット

ヒートカッターのデメリット

ここまで紹介したように、ヒートカッターは使い方も簡単で、肌へのダメージもほとんどない点などを見るととても優れたムダ毛アイテムと言えますが、その反面いくつかデメリットも存在します。

そこで続いては、ヒートカッターのデメリットを紹介していきましょう。

ツルツルにはできない

製品によって多少の差はありますが、基本的にヒートカッターで処理できる長さの限界は1cm程度となっているため、ツルツルの状態までケアすることはできません。

ギリギリまで処理できても1cm位の長さにしかできないので注意しましょう。それ以上処理しようとすると、コームで熱線を包み込んでいるとはいえやけどの危険性があります。

処理中は毛が焼ける独特の匂いが・・・

ヒートカッターの処理中は、毛が焼けるような独特の匂いが発生します。

この独特の匂いの正体は、毛を構成しているタンパク質(ケラチン)が焼けることで生じるもの。

この匂いが原因で体調を悪くする人も少なくはないので、ヒートカッターを使用する際はしっかり換気しながら行いましょう。

処理に時間がかかる

ヒートカッターでムダ毛処理する場合、毛を少しずつつまみながら焼き切っていくので、時間がかかってしまいます。

毛量の関係で個人差はありますが、VラインとIラインを両方しっかりと処理しようとすると1時間程かかってしまうこともあるようです。

Vラインの処理にはヒートカッターがおすすめ

冒頭でも紹介したように、ヒートカッターは主にアンダーヘアの自己処理対策として使用されることが多いアイテムです。

しかしアンダーヘアの中でも、お尻周りのムダ毛であるOラインの処理にはヒートカッターは向いていません。

Oラインは背面なので自己処理してもセルフチェックが難しいですし、粘膜部分に近い部位でもあるので、ヒートカッターで処理して失敗した時のリスクが高いからです。

一方で、VラインやIラインは専用の製品も販売されていますし、ヒートカッターでの処理に向いている部位と言えます。

ただIラインは自分ではチェックしにくい部位なので、慣れていない方はヒートカッターでの処理は難しいかもしれません。

しかし最近はミラーや発光ダイオード(LED)ライトが付属品としてついている製品も販売されているので、「うまく処理できるかどうか不安・・・」という方はまずは使いやすさ重視でヒートカッターを選ぶことをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?ヒートカッターは家庭用脱毛器などと比べるとお値段も安価で、安いものだと2000円程度で購入することができるので、「一度試してみたい!」という方も手が出やすいと思います。

一方で、「ヒートカッターで定期的に処理するのは面倒」という方にはサロンやクリニックでのVIO脱毛がおすすめです。

脱毛ならヒートカッターでは処理が難しいIラインやOラインもきれいに施術してもらえますし、プロの手でケアしてもらえるので理想の形に仕上げることも可能です。ぜひ検討してみてください。