全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛できる?おすすめの脱毛法は?

毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛できる?おすすめの脱毛法は?

毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛できる?おすすめの脱毛法は?

よく見ると二の腕や背中、足などに赤いプツプツができていた、なんて経験はありませんか?ニキビとは違って、広範囲に赤くブツブツしたものができている、触るとザラザラしているという場合には、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」と呼ばれる皮膚疾患かもしれません。

今回は、そんな毛孔性苔癬(たいせん)について詳しく解説していくとともに、脱毛との関係性についても見ていきたいと思います。

毛孔性苔癬(たいせん)って?

毛孔性苔癬(たいせん)とは、小児~思春期までに発症することが多いとされている、一般的な皮膚疾患のひとつです。特に思春期のころ発症しやすいようですが、一般的に20代を迎え徐々に大人になるにつれて症状は緩和されていき、30代になるころには症状が無くなっていく人が多いといわれています。

一方で大人になっても症状が軽減しない人も少なくはないそうで、男女に関わらず発症する可能性があるようです。毛孔性苔癬(たいせん)が起こる原因は遺伝によるものだとも考えられていますが、実は根本的な原因は未だ判明していません。

本来、皮膚の角質はターンオーバーによってはがれ落ちます。しかし、何らかの異常で自然にはがれず、角質が毛穴に詰まってふさいでしまうことで皮膚の表面が盛り上がり、丘疹(きゅうしん)と呼ばれる、ザラザラ・ブツブツとした状態の肌になります。

主に二の腕、太もも、背中、肩などに発症しやすく、自覚症状はほとんどないようですがまれに軽い痛みを感じることもあるといわれています。

毛孔性苔癬(たいせん)を発症したからといって、命にかかわるような健康上のトラブルに悩まされることは基本的にないようです。

しかし、若い女性の場合は特に、夏場に二の腕や背中、足を露出した際赤いプツプツが見えてしまうのは抵抗があるでしょうし、周りの目が気になってしまうという方も少なくないと思われます。

そのため、健康上のトラブルというよりは見た目の問題からコンプレックスになってしまったりストレスの原因になってしまったりなど、心の健康に影響を及ぼす可能性が考えられます。

毛孔性苔癬(たいせん)は治せるの?

毛孔性苔癬(たいせん)は治せるの?

毛孔性苔癬(たいせん)は軽度の症状であれば自宅でのケアで改善することもあるようです。

角質ケアや十分な保湿を心がけることもとても大切なポイントであるようですが、自宅ケアでは心配だという方は一度美容皮膚科などで診察を受けることをおすすめします。一例ではありますが、美容皮膚科ではレーザー治療などを行うことで、新しい皮膚の再生を促し、古い皮膚と入れ替える治療を行うこともあるようです。

毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛はできるの?

毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛はできるの?

結論からいえば、毛孔性苔癬(たいせん)でも全身脱毛の施術を受けることは可能のようです。しかし一方で、脱毛サロンの場合は必ずしも施術ができるとは限らないようです。といいますのも、脱毛サロンは医療機関でないため、皮膚疾患のひとつである毛孔性苔癬(たいせん)が起きている場合は施術を断られるか、受けられるとしても患部を避けての施術となることが多いそうです。

医療機関であるクリニックの場合、脱毛の施術を行うことができるだけでなく、なんと毛孔性苔癬(たいせん)の改善につながることもあるそうです。クリニックで取り扱っている医療レーザー脱毛を行うことで、毛根だけでなくその周りにある角質も除去されるため、自然と皮膚のブツブツが目立たなくなるそうです。

ただしこういった効果が見込めるのはあくまで医療脱毛の場合のみだといわれています。というのも、サロンで行っている光脱毛では、光のエネルギーが比較的弱いためです。ほかにも、先ほども述べた通り医療機関ではないので、施術自体を行うことができない場合も多いからです。

毛孔性苔癬(たいせん)が起きている部分の自己処理は危険!?

毛孔性苔癬(たいせん)が起きているとしても、ムダ毛が生えていれば処理したいと思うのが自然でしょう。

しかし、毛孔性苔癬(たいせん)の患部をカミソリで自己処理するのは危険です。といいますのも、毛孔性苔癬(たいせん)が起きている肌は触ってみるとザラザラしていることでも分かるように凹凸ができてしまっているため、かみそりを当ててしまうと皮膚や毛穴を傷つけてしまい、症状を悪化させる原因にもなりかねないためです。

ピーリングをプラスすることでさらなる効果も!

医療レーザー脱毛はあくまで脱毛の施術であるため、毛孔性苔癬(たいせん)の改善効果があるとはいっても完治にはつながらない可能性もあるようです。そのため、もし毛孔性苔癬(たいせん)をしっかりと治療したいという場合には、美容皮膚科などで「毛孔性苔癬(たいせん)フラクセル」という、皮膚の入れ替わりを促す治療を受けた方が良いと考えられています。

一方で、医療脱毛と併せて“ピーリング”を行うことで、毛孔性苔癬(たいせん)へのさらなる改善効果が期待できるかもしれません。

レーザー治療はあくまで皮膚の毛根組織といった深部にアプローチする施術であるのに対して、ピーリングは皮膚の表面に作用するものであるため、これらを併用することで早く効果を実感できるそうです。

治療方法のひとつとして検討してみるのも良いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?肌を露出する機会が増える夏場は特に、肌に赤いブツブツができてしまうと気になりますし、外出する気力も下がってしまうという方は多いかと思います。

ブルーになってしまう夏が来る前に、脱毛効果と毛孔性苔癬(たいせん)の改善効果が期待できるというクリニックでの全身脱毛を受けてみてはいかがでしょうか?まずは気になるクリニックをぜひチェックしてみてください。