全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 痛みはあれど効果抜群!?ニードル脱毛のメリット・デメリット

痛みはあれど効果抜群!?ニードル脱毛のメリット・デメリット

痛みはあれど効果抜群!?ニードル脱毛のメリット・デメリット

せっかく脱毛をするなら、キチンと効果のある方法で脱毛したいですよね。今回は脱毛効果が高いといわれているニードル脱毛について、メリットとデメリットを交えながら詳しくご紹介していきます。

ニードル脱毛ってそもそもなに?

ニードル脱毛とは、針脱毛とも呼ばれている脱毛方法の一つです。正式名称は「美容電気脱毛」です。現在ではレーザー脱毛や光脱毛が主流となっていますが、15年ほど前まではニードル脱毛が一般的でした。

毛穴に針を刺して電流を流し、ムダ毛のもとになる毛乳頭や毛母細胞を熱で破壊します。この作業を1つ1つの毛穴に対して行います。想像していただければ分かりますが、毛穴に電流を通すので痛いですし時間もとても時間がかかります。そのため全身脱毛など、広範囲の脱毛には向いていません。

また、医療クリニックと脱毛サロンでは、使っている針に違いがあります。

医療クリニックの場合

医療クリニックでは絶縁針を使用します。皮膚にあたる部分がコーティングされており、先端の針の部分だけ電流を流すので肌を傷つけません。高い電流を流すことができるため、毛穴に刺す時間も0.5秒と短時間で済みます。

医療クリニックは麻酔も使うことができますし、血液検査で感染症のチェックなど安全性も考慮されています。トラブルがあってもすぐに対応が可能です。

脱毛サロンの場合

サロンで使われている針はコーティングされていないので、肌に刺激がある可能性があります。医療機関ではないため電流も弱く、毛穴に刺している時間も医療機関よりも長めです。

電気分解法、フラッシュ法、ブレンド法、ショートウエーブ法、スーパーフラッシュ法など施術方法も多く、サロンによって対応可能な施術方法も違います。サロンでのニードル脱毛はデメリットが多いとされてきましたが、現在は痛み軽減のためにさまざまな工夫がされているようです。

ニードル脱毛は針を使うので医療行為にあたり、本来は医療機関でしか行うことができません。正直な話、サロンでの施術はグレーゾーンともいえます。

しかしサロンでも長い実績があり、国家資格ではありませんが「認定脱毛士」などの資格を取得していたりと技術の腕には申し分ありません。医療クリニックと脱毛サロンのどちらで施術するかは、自分の目でキチンと比較検討して決めましょう。

ニードル脱毛のメリットとは?

ニードル脱毛のメリットとは?

ニードル脱毛のメリットは大きく分けると四つあります。一つずつ見ていきましょう。

1.永久脱毛ができる

実は永久脱毛ができるのはニードル脱毛だけです。効果が非常に高い脱毛といっていいでしょう。永久脱毛にこだわるのであれば、ニードル脱毛しか選択肢がありません。ムダ毛への効果としては、ニードル脱毛>医療レーザー脱毛>光脱毛です。

脱毛できるエステティックサロンやクリニックが多くありますが、細かくいってしまうと光脱毛は抑毛、医療レーザー脱毛は永久減毛にあたります。

医療レーザー脱毛では処理が難しかった産毛や色の薄いムダ毛も、1本ずつ確実に処理していくことができます。

2.肌の状態を選ばず脱毛できる

レーザー脱毛では、日焼けや肌荒れなどの肌トラブルがあると施術を断られることがありますが、ニードル脱毛ならそのような肌トラブルがあっても施術を受けることができます。

タトゥーなどを入れている場合でも、メラニンでの反応によるやけどの心配がないため施術可能です。

3.どんな毛でも脱毛できる

光脱毛やレーザー脱毛などのメラニンに反応する施術と違い、毛穴から直接アプローチするので産毛や白髪など、どんな毛でも確実に脱毛することができます。たとえほくろやシミの上にムダ毛があったとしても、ニードル脱毛なら対応ができます。

4.どんな部位でも脱毛できる

メラニンに反応する脱毛方法だと、乳輪や陰部などの色素の濃い部分が施術ができないことがあります。しかしニードル脱毛ならそのような部分も問題なく脱毛可能です。

1本ずつ処理していくという工程から、細かい部分の脱毛に優れているため、まゆ毛などもキレイに処理することができます。

ニードル脱毛のデメリットとは?

ニードル脱毛のデメリットとは?

ニードル脱毛で気になるのは、どちらかというとデメリットの方ではないでしょうか。ニードル脱毛のデメリットを三つ挙げるので、ぜひ参考にしてください。

1.とにかく痛い

最大のデメリットは痛みが強いことです。光脱毛や医療レーザー脱毛の比ではありません。

脱毛サロンでの施術は電流が弱い分、通電時間が長くなります。そのため電流が強くて通電時間が短い医療クリニックより、痛みを感じやすい可能性があります。痛みに弱い場合は、素直に医療クリニックで麻酔をお願いするといいでしょう。

痛みがトラウマ(心的外傷)になってしまう人がいるくらいなので、光脱毛で快適に脱毛するのも選択肢の一つです。

2.時間とお金がかかる

光脱毛や医療レーザー脱毛に比べて、施術時間が長く、それに伴って費用も高額であることが多いです。また、時間制や定額制の場合がほとんどですが、時間の区切り方や値段も場所によってマチマチです。

  • 医療クリニック
  • ・時間制:1分400円~

    ・定額制:ワキで約6~15万円

  • 脱毛サロン
  • ・時間制:1分100~500円

    ・定額制:ワキで約10万円

毛量によって施術時間や金額が変わります。毛量が多い方はニードル脱毛以外の方法も検討した方がいいかもしれません。ワキのような狭い範囲でも上記のような料金なので、繰り返しになりますが、広い範囲の施術には向きません。

トラブルが起きる危険性

毛穴に針を刺すということから分かるように、施術には熟練した技術が必要です。

やけどや水ぶくれ、色素沈着などのトラブルが起きる可能性は否定できません。もちろん光脱毛や医療レーザー脱毛でも起こる可能性があることですが、毛穴に直接針を刺す分、危険性としてはニードル脱毛の方が上です。

おわりに

いかがでしたか?

ニードル脱毛がオススメなのは「金銭的に余裕があって、どうしても永久脱毛がしたい方」、「小範囲を確実に脱毛したい方」です。

非常に効果がある脱毛方法ではありますが、痛みと金額がネックですね。医療レーザー脱毛や光脱毛の後に総仕上げとして、気になる部分をニードル脱毛でキレイにするのもいいかもしれません。

ニードル脱毛のメリットとデメリットを考えて、どのような方法で脱毛するか考えてみてはいかがでしょうか。