全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > できるまえに対策を!シミの種類別、予防と薄くする方法

できるまえに対策を!シミの種類別、予防と薄くする方法

できるまえに対策を!シミの種類別、予防と薄くする方法

ふと鏡を見た時、いつの間にかシミができてしまっていた、なんて経験をしたことはありませんか?

シミは一度できてしまうとなかなか消えないどころか、どんどん濃くなっていき目立つようになってしまうことも・・・。

そんなシミができてしまう前に徹底的に予防するためには、シミの種類や原因、ケア方法を知っておくことが大切です。

今回はそんなシミの種類や予防方法、薄くする方法などを紹介していきたいと思います。

シミは1種類だけじゃない!?種類別の原因&予防方法

シミは1種類だけじゃない!?種類別の原因&予防方法

顔にできてしまうシミは1種類だけではありません。また、シミは種類によって原因や予防方法も違うので、まずは自分にできてしまったシミがどの種類ものなのかを知る必要があります。

そこでまずは、シミの種類別に、その特徴や原因を紹介していきましょう。

最もメジャーな「老人性色素斑」

「老人性色素斑」はシミの中でも最もメジャーなタイプです。お主な原因は紫外線による影響や加齢だと考えられており、特に長年蓄積された紫外線のダメージが肌の表面に出てきてしまうことで目立つようになってくるケースが多いようです。

基本的に顔の頰骨(きょうこつ)の高い位置にでき始めることが多いと言われていますが、顔以外にも手や前腕、背中など、衣服で隠れにくい場所にできることもあります。

また、できはじめの頃は薄い茶色をしていることがほとんどですが、徐々に色が濃くなっていき、濃褐色のシミになってしまうこともあるそうです。

「老人性色素斑」の予防方法として最も有効なのは紫外線対策です。

先ほども述べたように、「老人性色素斑」の主な原因は紫外線にあるため、毎日紫外線対策を徹底して行うことが大切なのです。

肌の炎症がシミの原因に?「炎症後色素沈着」

「炎症後色素沈着」はヤケドやニキビ、傷による肌の炎症が治った後の色素沈着が原因で起こるシミのことを言います。

例えば消えない虫刺され跡や、ムダ毛処理後の色素沈着も「炎症後色素沈着」に該当します。

褐色のシミであることが多いようですが、場合によっては青色をしていることもあるそうです。

また、炎症が治るとシミも徐々に薄くなっていくことがほとんどですが、紫外線を浴びてしまうとそのまま色素沈着として残ってしまうこともあります。

「炎症性色素沈着」の場合、肌の炎症を防ぐことが最も有効な予防方法です。

もしニキビやヤケド、傷などができてしまった場合には、なるべく肌に刺激を与えないように気を付けてスキンケアを行うようにしましょう。

また、先ほども述べたように紫外線を浴びてしまうとシミとして残ってしまうこともあるので、紫外線対策をしっかりと行うことも大切です。

高齢者に多い「脂漏性角化症」

「脂漏性角化症」は皮膚にできる良性腫瘍の一つで、いわゆる老人性イボと呼ばれるもののことです。

高齢者に特に多く見られるタイプのシミで、遺伝的な要因が関係しているという説もありますが、主な原因は紫外線だと考えられています。

そのため、「脂漏性角化症」を予防するには紫外線対策が有効だと言えます。

30~40代女性に多い「肝斑」

「肝斑」は30~40代の女性に多く見られるシミで、女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こると考えられています。

そのため、高齢者にはほとんど見られませんが、妊娠中や更年期の女性に起こることが多いシミでもあります。

「肝斑」は頰や額、目の下、鼻の下などに左右対称で現れるのが特徴で、シミとしてはやや大きく、褐色をしているものがほとんどです。

「肝斑」の場合、先ほども述べたように女性ホルモンのバランスの乱れが原因だとされているため、生活習慣を見直しホルモンバランスを整えることが有効な予防方法と言えます。

いわゆるそばかす「雀卵斑」

「雀卵斑」とは頰や鼻を中心に点在してできる、茶褐色のシミのことで、いわゆるそばかすのことを指します。「雀卵斑」の発生には遺伝的な要因が大きく関係していると考えられているため、事前に予防することは難しいそうです。

しかし紫外線を浴びてしまうとシミの進行が早まることがわかっているため、紫外線対策は必須と言えます。

毎日のスキンケアでシミを薄くしよう

毎日のスキンケアでシミを薄くしよう

自宅でのスキンケアだけでシミを薄くするのは簡単なことではありません。

しかし毎日適切なスキンケアを続けることができれば、シミの進行を防いだり色を薄くしたりしていくことは可能だと言えます。

例えばルブチンやトラネキサム、ビタミンC誘導体といったシミに有効な美白成分配合の美容液やクリームを使用してみても良いでしょう。

また、もともとシミは肌のターンオーバーにより古い角質とともに剝がれ落ちていくはずなので、肌のターンオーバーを促すためのピーリングや馬油を使用してスキンケアを続けることもシミ改善に有効だと言えます。

頑固なシミは皮膚科に相談してみよう

手っ取り早くシミを薄くしたい、除去したいという方には、皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

皮膚科に行くことで自分のシミの種類を的確に知ることができますし、もちろん適正な治療を受けることも可能です。

基本的に皮膚科では内服薬や外服薬、光治療、レーザー治療といったシミ治療を受けることができるので、気になる方はぜひ皮膚科で話を聞いてみてください。

おわりに

いかがでしたか?シミは種類別で原因も予防方法も異なるので、まずは自分のシミが度の種類のものなのか知ることが大切です。

また、シミは一度できてしまうとセルフケアだけではすぐに改善させることが難しいため、紫外線対策を徹底するなど、日常生活で予防を心がけるようにしましょう。