全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 金属アレルギーや光アレルギー体質でも全身脱毛できる?

金属アレルギーや光アレルギー体質でも全身脱毛できる?

金属アレルギーや光アレルギー体質でも全身脱毛できる?

きれいになるために脱毛しにきているのに、アレルギー症状が出てしまうと困りますよね。今回は金属アレルギーや光アレルギーなど、アレルギー体質の人でも全身脱毛ができるのかどうか解説していきます。

アレルギー体質の人は相談&テスト照射が必須

腕が痒い女性

結論からいうと、カウンセリングでの診察やテスト照射の結果によります。

一口にアレルギーといっても人によって強弱はさまざまです。自分自身では大したことがないと思っても、アレルギー反応が強く出る場合には脱毛を断られる可能性が高いです。
またアレルギーの症状がすでに出ていて、赤みや色素沈着などが表れている場合も、トラブルや症状悪化を危険視される恐れがあります。

全身脱毛を受けたいからと、アレルギーがあることを隠すことや避けましょう。アレルギーはある特定の物質に免疫細胞が過剰に反応してしまい起こるものです。隠していても施術でバレてしまいますし、肌トラブルにより途中で脱毛施術が受けられなくなることもあるからです。

同じアレルギーであっても脱毛サロン、クリニックによって対応も若干異なるので、安心して受けられる場所を探すといいでしょう。

金属アレルギーでも全身脱毛できる?

足を組む女性

基本的に金属アレルギーの人は全身脱毛ができるとされていますが、念のためにテスト照射をしてもらい問題がないか確認してもらいましょう。

金属アレルギーの原因は、金属が汗や傷口などに触れてイオン化し、体内のタンパク質と結合することで生じるアレルギー反応です。接触性皮膚炎とも呼ばれています。
主な症状は腫れやかゆみ、ブツブツ、赤みなどです。悪化すると発熱したりだるくなったりする場合も。異常を感じたら病院で薬をもらうなどの対処が必要です。

またそれ以外にも、食品や虫歯治療で使った金属が体内に取り込まれることで起こる全身性の金属アレルギーもあります。

この場合は接触性皮膚炎よりも金属アレルギーと気づきにくい場合が多いです。湿疹やじんましん、全身にかゆみがある場合は、皮膚科で早めに治療してもらいましょう。ただし治療に抗ヒスタミン薬や塗り薬が処方されている場合、脱毛が受けられないので注意してください。

金属アレルギーは人によって症状が出る金属が違います。発症原因となる金属はニッケルやクロム、コバルト、水銀など。
局所性の金属アレルギーの場合、体液と混じらなければアレルギー反応が出ることはありません。つまり空中照射の脱毛機器を採用している脱毛サロン、クリニックであれば問題ないということです。

脱毛方法や機器によって注意が必要

特に注意したいのが以下の二つの場合です。

  • ・脱毛機器のヘッドが直接肌に触れる
  • ・ニードル脱毛

直接肌に脱毛機器が触れる機器だと、ヘッド部分に使われている金属の影響で金属アレルギーの症状が出る可能性があります。もちろんジェルを塗られている場合がほとんどですが、敏感な人だとちょっとの刺激で反応が起こる恐れもあります。

直接肌に触れる脱毛機器を使っているサロンやクリニックを利用する場合は、カウンセリングでよく相談しておきましょう。

ニードル脱毛は直接針が肌に触れることになりますので、よりアレルギー症状が出る確率が高まります。例えばTBCのスーパー脱毛では、チタン、クロム、ニッケルの金属が使われているため、これらに反応する場合は利用できません。

ニードル脱毛を検討している場合は、どの金属のアレルギーをもっているか必ず事前に確認してください。ただし金属アレルギーの検査には時間もお金もかかります。

アレルギー専門医のところでないと受けられない上、パッチテストで2、3日かかります。金属アレルギーの症状が出ていない場合は保険適応外で~1万円近くかかる場合もあるようです。
金属アレルギーの人は、ニードル脱毛は避けた方が無難かもしれませんね。

光アレルギーでも全身脱毛できる?

考える女性

光アレルギーの場合は脱毛クリニックであれば脱毛できる可能性があります。

光アレルギーは光過敏症とも呼ばれており、紫外線や日光にあたることで水膨れや湿疹、かゆみなどの症状が出ます。脱毛機器は紫外線が出ていないので、光にさえアレルギー反応がなければ理屈的には脱毛することも可能です。しかし脱毛サロンでは判断が難しいため、光アレルギー全般をお断りしているところもあります。

というのも、光アレルギーと紫外線アレルギーは同様とものと定義されている場合が多く、医師から明確な診断結果を得ていないと判断がつきにくいからです。脱毛サロンは医療機関ではないので、安易に照射テストだけで判断できません。

もし明確に紫外線アレルギーのみという診断を受けているのであれば、脱毛できる可能性もあるので事前にサロンへ相談してみるといいでしょう。

脱毛クリニックの場合は医師の診察が入るため、カウンセリングで光へのアレルギー反応がないと判断されれば施術できる可能性が高いです。
公式サイトでも診察と照射テストでアレルギーの反応具合を確認してからと記載しているところも多いので、どちらか分からない場合は相談しに行くことをオススメします。

おわりに

金属アレルギーも光アレルギーも、自己判断せずにまずはカウンセリングで相談するといいでしょう。
特に金属アレルギーの場合は、使用している機器やパッチテストの結果で脱毛できる可能性が高いです。光アレルギーの場合は、医療クリニックで医師の診察を受けましょう。光そのものにアレルギーがあると脱毛は難しいですが、紫外線のみであれば受けられる可能性があります。

隠して受けても肌トラブルになって後悔するだけなので、服用薬や症状はできるだけ詳しく伝えるようにしてくださいね。