全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 昔の女性はどうしてた?意外と知らない、脱毛の歴史

昔の女性はどうしてた?意外と知らない、脱毛の歴史

昔の女性はどうしてた?意外と知らない、脱毛の歴史

現代の女性で、ムダ毛の処理をしていないという方はほとんどいないのではないでしょうか。今でこそ、サロンやクリニックで簡単に脱毛が可能ですし、自己処理の方法もたくさんありますが、昔の女性はどうしていたのでしょうか。

そこで、今回は「脱毛の歴史」について詳しくご紹介していきたいと思います。

世界では紀元前から脱毛文化があった

世界では紀元前から脱毛文化があった

現在の中東地域のあたりでは、硫黄やデンプンを含んで作った脱毛剤が紀元前3,000から4,000年程の昔にすでにあったそうです。

また、地中海沿岸のあたりの国ではひもや縄を用いて毛を抜ける脱毛方法が使われており、現代でも台湾などではこの手法の脱毛はいまだに使われています。エジプトでも紀元前1500年頃に焼いたハスと油を亀の甲羅とカバの脂肪をまぜたものを脱毛剤として使っていたそうです。

その他にも、あの有名なクレオパトラは砂糖やハチミツ、蜜ろうを練ったもので脱毛をしていたと言われており、この方法は現代でもワックス脱毛として主流の方法です。

昔は美容としてではなく、宗教上や衛生面での観点で脱毛を行うことが多かったようです。

世界に比べて日本は遅かった

日本でのワキ毛処理等の文化はとても浅い!

日本での脱毛の歴史は平安時代程からと言われているそうです。「枕草子」や「源氏物語」には「引眉」をするための脱毛について記述が残っているそうです。この頃から女性の身だしなみや美容のために、脱毛が用いられるようになっていったのです。この引眉の文化は江戸時代まで続き、浮世絵などでも当時の毛抜きを使って脱毛しているところ等が描かれているそうです。

また、江戸時代には木の実から抽出した油と軽石などを粉にして混ぜ合わせた脱毛剤が使われるようになりました。 腕毛や脛毛に擦り込み毛を摩耗させるという、今考えると皮膚を傷つけてしまうような手法が使われていましたが、その当時は最先端技術だったのだそうです。

明治時代に永久脱毛が流行!

明治時代に入ると日本に永久脱毛の手法がはじまりました。その方法は、現代では考えられない程危険なもので、硫酸を塗布したり、汚れた針で毛穴をふさぐ等をするという、皮膚を傷つけたり跡になってしまうものでした。しかし、この手法がこの時代の日本では最先端の技術でした。

そんな危険な方法を続けていた頃に、アメリカでは電流での脱毛方法が発明されます。1875年になるとニードル脱毛が開発され、医師でなくても、電気脱毛師も脱毛器を扱って施術することが可能になり、永久脱毛が一気に広まるようになりました。

日本でのワキ毛処理等の文化はとても浅い!

1900年頃に入ると日本でも着物等の和服文化から洋服に変化していきます。

そんな服装の変化にともない、ブラウスやノースリーブ、ブラジャーなどを付ける時に露出の機会が増えるため、1960年頃からワキ毛を気にして処理するということがはじまりました。 1924年に高周波脱毛が発表され、1940年頃から高周波脱毛器の安全性が高まったことにより普及したそうです。

また、現在でも多くの女性が使っているストッキングが普及するようになってからは、足を脱毛する方が急激に増えていきました。せっかく足をキレイに見せてくれるアイテムでも、ムダ毛が生えたままだとかえって目立ってしまうからです。

日本には1970年代に脱毛器の輸入がはじまり、1997年にはレーザー脱毛器の導入がはじまりました。レーザー脱毛は黒い毛に反応する光を照射し、その熱で毛根から脱毛していく方法です。そこからフラッシュ脱毛が生まれたことにより、エステティックサロンでも導入され、一般人でも簡単に脱毛処置ができる時代になりました。

同じ1970年頃から日本でも脱毛器の開発や製造が増え、日本人に合わせた多機能の脱毛器が開発、発売されるようになります。

1986年には日本初のメンズエステティックサロンが誕生し、2000年頃から男性も身だしなみを整える文化が普及しはじめました。今では女性だけでなく、男性でも脱毛をすることが珍しくありません。

おわりに

日本の脱毛の歴史は平安時代からはじまり、現代のクリニックやサロンに至るまで、自己処理などの脱毛のに関する知識や技術がとても進歩してきました。ここまで進歩したのも、大昔の危険をともなった方法を追求してきた先人たちがいたからこそです。

昔も今も方法は違えど、女性は美を追究して過ごしているのでしょう。これからも、新しい方法や施術時間の短縮化など、脱毛技術はさらに進化していくでしょう。 そして、これからもたくさんの女性が美を追究していくための力になってくれるのではないでしょうか。