全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 知っておきたい、全身脱毛で痛みを感じやすい部位はどこ?

知っておきたい、全身脱毛で痛みを感じやすい部位はどこ?

知っておきたい、全身脱毛で痛みを感じやすい部位はどこ?

全身脱毛を受ける前に気になるのが施術中の痛みです。どの部分を脱毛するのが特に痛いのか気になりますよね。もし事前に痛みを軽減させる方法を知っていれば、怖さもなくなるかもしれません。

今回は全身脱毛で特に痛みを感じやすい部位と、痛みを軽減される方法をご紹介していきます。

全身脱毛で痛みを感じやすい部位とは?

全身脱毛で最も痛い部位がデリケートゾーンであるVIOです。

痛みの程度としてはIゾーン>Vゾーン>Oゾーンの順で強く、特にIゾーンは歯を食いしばるほどの激痛だったという人もいます。

黒い色素であるメラニンに反応するので、毛が密集している部分や毛が太い部分は痛みを感じると考えておいたほうがいいでしょう。

VIOほどではありませんが、ワキも毛が太く密集しているため痛みが強いです。毛が濃い人の場合は、ヒザ下なども痛みを強く感じる場合があります。

その他に皮膚が薄いヒザや指などの関節部分、うなじも痛みを感じることがあるようです。

また医療脱毛の場合には顔も痛いという声があります。顔は非常に皮膚が薄い上、うぶ毛を脱毛するために高出力のレーザーで施術するためより痛く感じるでしょう。

痛みには個人差がある

痛みには個人差がある

痛みの程度には個人差があります。

肌の色や毛の濃さ、太さ、乾燥具合によっても痛みの感じ方は異なってくるのです。

レーザーで毛根にダメージを与え破壊して毛を抜くのですが、レーザーはメラニンに強く反応するように作られています。

つまり、色素沈着していたり毛が太かったり濃かったりしている部位は、必然的に痛くなります。特に脱毛1回目は毛量も多いため、より痛みを感じてしまうかもしれません。

レーザーによる刺激で皮膚が薄い部分や乾燥している部分も、強く痛みを感じます。

毛根にレーザーを照射する時に熱が発生するのですが、これが痛みの原因です。毛根に熱が伝わると考えれば、痛い理由が分かるのではないでしょうか。

皮膚が薄い部分が痛みを感じるの理由は、肌の水分量が関係しています。

水分は痛みを軽減するクッションのような役割を担っています。しかしその水分量が少なく乾燥していると、熱が吸収できないため痛みを強く感じてしまうのです。

痛みを軽減させるには?

痛みを軽減させるには?

全身脱毛で痛みを感じやすい部位であっても、できれば最小限にとどめたいですよね。

ここでは全身脱毛の痛みを軽減させる方法を6つ挙げていきます。

1. 保湿

先ほども述べたように、肌の水分は痛みを吸収するクッションのような役割をしています。つまり肌の水分が増えるほど、痛みを感じにくくなるということです。

日頃のスキンケアでしっかりと全身にクリームを塗ったりして、保湿するように心がけましょう。

またサロンによっては、冷却ジェルを塗るところもあります。冷却することで神経を鈍化させ、肌の水分量を上げて痛みの元の熱を吸収します。冬場は少々寒いかもしれませんが、痛みを軽減したい場合には冷却ジェルを使えないか相談するといいでしょう。

2.紫外線対策をする

全身脱毛は日焼けに気をつける必要がありますが、夏だけではなく秋冬も紫外線対策をしておくといいでしょう。

肌の色素が濃い分だけ痛みが増します。毎日見ているからこそ気づかないかもしれませんが、秋冬も多少なりとも紫外線で肌は焼けているのです。

少しの手間が痛みの軽減につながります。面倒くさがらずに秋冬も日焼け止めを塗るようにしましょう。

3.生理前後の脱毛は控える

生理前後は肌が敏感な時期で、痛みを感じやすいといわれています。この時期はホルモンバランスの影響で情緒も不安定です。わざわざ脱毛の痛みが強くなる時期に施術すると、怖い気持ちが増長されて通うのもおっくうになってしまうかもしれません。

生理前後はできれば避けたほうが無難です。

4.カフェインの摂取を控える

カフェインは神経を過敏にさせるため、痛みを強く感じやすくなってしまいます。施術前にコーヒーや紅茶、エナジードリンクなどを飲むのは控えるようにしましょう。

5.レーザーの出力を下げてもらう

どうしても施術中に痛みが激しい場合は出力を下げてもらいましょう。施術中にいきなり言い出せない場合は、事前に相談しておくのも手です。最初から出力を下げてくれる場合もありますし、痛みは大丈夫そうか気にかけてくれます。

無理に痛みに耐えていると次に施術するのが怖くなってしまうので、自分が耐えられる範囲で出力してもらうようにしましょう。

6.光脱毛を選択する

痛みの強さはレーザーの強さに比例します。脱毛には医療レーザー脱毛と光脱毛あり、どちらもレーザーを照射して施術をします。しかし、レーザーの強さは医療レーザーのが上です。

レーザーの強さが強い分、医療レーザーでの施術では痛みを覚悟しておく必要があります。できるだけ痛みを軽減したい場合は、通う回数は増えますが光脱毛を選択するといいでしょう。

   

おわりに

いかがでしたか?痛みをできるだけ減らしたいのであれば、VIOやワキは光脱毛を選択することをおすすめします。

痛いのが怖くて脱毛に通うのを止めてしまう人もいます。せっかく自分がキレイになるために通うのに、憂鬱(ゆううつ)になってしまってはもったいないですよね。

自分磨きは明るい気持ちでしたほうが、周りから見ても魅力的に映りますし自信にもなります。痛みの軽減方法を試すなど、痛みの相談もしながら、全身をキレイにしていきましょう。