全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 本当に毛が1本も生えてこない?永久脱毛の定義に迫る!

本当に毛が1本も生えてこない?永久脱毛の定義に迫る!

本当に毛が1本も生えてこない?永久脱毛の定義に迫る!

"永久脱毛"と聞くと将来1本も毛が生えてこなくなることを意味しているように感じてしまいますよね。

でも、本当に永久脱毛さえすればしつこい毛も生えてこなくなるのでしょうか。

今回は永久脱毛の定義に迫って、その効果を検証していきます。

永久脱毛の定義とは

永久脱毛をしたのに、毛が生えてきてびっくりした経験を持つ人も少なくありません。

これではせっかく永久脱毛をしても意味がないと思って、脱毛サロンやクリニックにクレームをつけたくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

でも、その前に自分が本当に永久脱毛の定義を理解しているかを振り返ってみてください。

永久脱毛の定義について、AEA(米国電気脱毛協会)は、"最後に脱毛をした日から1カ月の間に生えてくる毛の再生率が全体の20%以下であること"と定めています。

この定義を見ると、永久脱毛とは“脱毛した部位からは将来1本も毛が生えてこないこと”を指しているわけではないということがわかります。

定義を見た限りだと毛の再生率も意外と高く、生えてこない期間も最終脱毛日から1カ月とかなり短いですよね。

二度と毛が生えてこないと思っていた方はかなりガッカリしてしまったのではないでしょうか。

永久脱毛しても毛が1本も生えてこないわけではない!

永久脱毛しても毛が1本も生えてこない訳ではない!

永久脱毛の定義を見てわかるように、実は永久脱毛=将来1本も毛が生えてこないというわけではありません。

それでも、永久脱毛と呼ばれるレーザー脱毛や電気脱毛の費用は、永久脱毛でないフラッシュ脱毛と比べても高いですよね。

永久脱毛の定義を知っている人なら、本当に1本も毛が生えてこないわけではないのに割高な費用を払うのはもったいない気がしてしまうかもしれません。

それでも“永久脱毛”と一般的に呼ばれているレーザー脱毛や電気脱毛を選ぶ人が多いのには、2つの理由があります。

1つ目は永久脱毛の定義を知らずに、この脱毛が完了したら将来ムダ毛に悩むことがなくなると思っているパターンです。

2つ目はこの定義を知っていて、一生毛が生えてこないことに理解はしているものの、フラッシュ脱毛よりは効果が高いこともわかっていて永久脱毛を選択しているパターンです。

先述した定義をベースに、フラッシュ脱毛がなぜ永久脱毛と呼ばれていないのを考えてみると、フラッシュ脱毛は“最終脱毛日から1カ月以内に20%以上の再生率で毛が再生する”ということを意味します。

そう考えると、費用は少しくらい高くても永久脱毛の方を選択すべきだと考える人が多いことにも納得できますよね。もちろん、毛乳頭やバルジ領域などの毛を生成するところを、医療脱毛によって破壊すれば、新しい毛は作りにくくなるので毛の再生率はグッと下がっていくでしょう。

しかし、今のレーザー脱毛の脱毛器では黒い毛にしか反応しないので、色素が薄い産毛にはほとんど反応しないことも考えられます。

つまり、今の脱毛技術では永久脱毛をしたからといって全ての毛が生えてこなくすることは非常に難しいことなのです。

永久脱毛と永久脱毛でない脱毛ではどっちを選ぶべきか?

永久脱毛と永久脱毛でない脱毛ではどっちを選ぶべき?

永久脱毛をしても永久脱毛を完了してからまた脱毛サロンやクリニックを利用しなければいけないなら、やっても意味がないと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、脱毛する頻度や手間が減るというメリットがあるので、永久脱毛という方法を選ぶ意味は十分にあるといえます。

永久脱毛と永久脱毛でない脱毛方法を選ぶのではどちらが良いかは、個人によって変わってきますが、次に脱毛するまでの期間をできるだけ空けたい、毛の再生率をできるだけ低くしたい、肌トラブルが起こるリスクを軽減したいという方にはクリニックでの永久脱毛が向いています。

その反対で永久脱毛でない脱毛サロンを選ぶべきなのは、効果は薄くても1回の費用を下げたい、痛くない脱毛をしたいというような方です。

どちらを選んでも一生全ての毛穴から毛が生えてこないわけではないので、最終的に何を基準に選ぶのかを自分自身で優先順位を作って決めてください。

おわりに

永久脱毛では将来1本も毛が生えないわけではなく、全ての毛穴から今までと変わらずに毛が生えてくるということでもありません。

永久脱毛をすればムダ毛全体が薄くなるのは確かなことですし、毛が生えてこなくなる毛穴ももちろんあります。

したがって、永久脱毛を続けていれば1本も毛が全て生えてこなくするということはできなくても、かなり毛を少なくするということは期待できます。

永久脱毛と永久脱毛でない脱毛のどちらも効果が出るまでに多少の時間と回数がかかり、脱毛完了までには毛周期を見ながら脱毛していく必要があります。

場合によっては先に脱毛サロンである程度毛を薄くしてからクリニックで永久脱毛の施術を行うのもおすすめです。

いずれにしても脱毛の施術を受ける時には永久脱毛の定義を把握しておくことで、実際の効果と勘違いによって起こる悪いギャップを感じることもなくなるでしょう。