全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?その真相に迫る!

ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?その真相に迫る!

ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?その真相に迫る!

「ムダ毛をそると濃くなる」というウワサを、誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。それに、お手入れを重ねていると「なんだか毛が太くなった気がする・・・」と感じることも。

本当のところ、ムダ毛をそることで毛が濃くなることはあるのでしょうか?今回は、そんなムダ毛に関する疑問を解決していきたいと思います。

ムダ毛をそると濃くなるの?

ムダ毛を剃ると濃くなるの?

結論からいうと、ムダ毛をそることで毛が濃くなることはありません。人間の毛は、毛根部分が比較的太く、毛先になるにつれて細くなっています。

なので、毛をそると、太くてしっかりした、毛根付近の毛の断面が肌の表面に出てくるために、そる前に比べて濃くなったり太くなったりしたように見えるのです。

年齢によってムダ毛の量が変化する

「子どもの頃は体毛が少なかったのに、思春期を迎えたあたりから濃くなってしまった」という方は多いのではないでしょうか?

ムダ毛を気にして自己処理をし始める時期でもありますので、そったことが原因ではないかと心配になる方もいらっしゃいますが、増毛の原因は剃毛のせいではありません。

これは、成長によるものであり、思春期に入るとホルモンの分泌量が増えるため、体毛の量が増加するのです。

また、年齢を重ねていくと、ムダ毛は徐々に薄くなっていきます。老化が進むことで、毛を育成させる力が弱まってしまうので、最終的には産毛のような細い毛に変化するようです。

処理方法によっては濃くなる場合がある

そることで毛が太くなることはありませんが、中には例外もあります。間違った自己処理を行うと、体毛が濃くなってしまう場合があるのです。

人間の体毛というのは元々、身体を守るために生えているのをご存じでしょうか?カミソリや毛抜きで毛を処理したときに肌を傷つけてしまうと、その部分をバリアーするために皮膚細胞が活性化します。

そうなることで、メラニン色素がたくさん分泌し、毛の生成が促進されて毛を濃くしてしまうのです。

自己処理のときに気をつけたいポイント

自己処理のときに気をつけたいポイント

今以上にムダ毛を濃くしないためには、できるだけ肌を傷つけないように処理する必要があります。ここでは2つ、気をつけたいポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

その1:毛の流れに沿ってそる

みなさんは自己処理をするとき、毛の流れに沿ってカミソリやシェーバーを当てていますか?

思ったようにそれないからといって逆ぞりすると、毛穴を広げてしまったり、毛穴を傷めたりしてしまいます。それに、傷つけいた皮膚を治そうと、メラニン色素が働いて毛が濃くなります。

毛の流れに逆らってそったほうが、刃に毛が引っかかってきれいにそることが可能ですが、お手入れのたびに毛を濃くする原因を作っていることになるので、なるべく毛の流れに沿ってそりましょう。

その2:シェービングクリームを使う

ムダ毛のお手入れを入浴と同時にされる方は多いですよね。そのとき、面倒だからといって、せっけんやボディーソープの泡を使ってそっていませんか?実はこれ、やってはならないNG方法なのです。

せっけんやボディーソープの場合、洗浄力が強いために身体に必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。その状態でお手入れを行うと、肌にダメージが与えられてしまうのです。

自己処理をするときは必ずシェービングクリームを使って、肌を傷つけないように注意しながら行いましょう。

おわりに

いかがでしょうか。太くなったり濃くなったりしたように見えるだけなので、正しいそり方をしていれば毛の量が増えることはありません。

ですが、肌に負担がかかるようなお手入れの仕方ですと、毛の生成を促進してしまう原因につながるので十分気をつけましょう。

とはいえ、いくら注意していても、知らず知らずのうちに傷つけてしまっている場合もないとは言い切れません。

それらのリスクを回避するためにも、脱毛サロンで脱毛をしてみてはいかがでしょうか?毎日の自己処理からも解放されるのでおすすめです。