全身脱毛キャンペーン人気ランキング

人気の全身脱毛サロン・クリニックを徹底比較!
全身脱毛キャンペーン比較 > 硬毛化と多毛化って?脱毛で起こるかもしれないトラブル解説!

硬毛化と多毛化って?脱毛で起こるかもしれないトラブル解説!

硬毛化と多毛化って?脱毛で起こるかもしれないトラブル解説!

「前よりも毛が多くなってきた気がするけど、これって大丈夫なのかな?」「私の毛ってこんなに硬かった?」といった不安や疑問を脱毛直後に感じることがあるようです。ムダ毛処理のために脱毛へ通っているのに、どうして毛が増えたり濃くなったりするのでしょうか?

このコラムでは、光脱毛やレーザー脱毛の施術で起こるかもしれない「硬毛化」と「多毛化」について解説します。万が一このようなトラブルが起きても慌てず対処できるように、知識として覚えておきましょう。

硬毛化と多毛化について

硬毛化と多毛化について

光脱毛やレーザー脱毛の光を照射する際に、まれに毛が硬くなったり、毛の量が増えたりする場合があります。これが脱毛時に起こる副作用の1つである、「硬毛化」と「多毛化」です。

硬毛化とは、細い毛や産毛の脱毛をした際に起こりやすく、その部位の毛が以前よりも太く、硬くなったり、長く伸びてしまったりする症状のことを指します。

そして多毛化は、脱毛後に毛の本数が増えてしまう現象で、「増毛化」とも呼ばれています。これは、脱毛機器の光を照射した際、元々発毛が見られなかった毛穴から新しい毛が生えてくることで、毛の量が増えたと感じるようです。

何が原因で起こる?

残念ながら、硬毛化と多毛化が発症する原因について解明されていないのが現状です。

通常、光脱毛もレーザー脱毛もメラニン色素に反応し、毛根にダメージが与えられることで脱毛効果が生まれます。

本来ならば、毛根と周辺の組織が破壊されるはずであるのに、その刺激が逆に毛を生成するエネルギーに変換され、発毛を促進させてしまっているのではないかと、一般的には考えられているようです。

発症しやすい部位はどこ?

硬毛化と多毛化が発症しやすいのは、背中・うなじ・耳の下・おなか・二の腕・肩付近などの、毛が薄くて細い部位です。

対して、ワキやヒゲ、ひざ下などの比較的太くて濃い毛が生える部分では、この症状が起きる可能性は低いようです。

硬毛化と多毛化になってしまった場合

サロンやクリニックではどう対処してくれるの?

発症しても脱毛できる?

硬毛化や多毛化になってしまっても、脱毛は引き続き受けられます。

正式な原因が不明なこともあり、硬毛化・多毛化が発症するかどうかは、脱毛機器の光を実際に当ててみないとわかりません。

そのため、テスト照射した時にこれらの症状が見られた場合は、光の照射パワーを調節したり、脱毛機器を変更したりして施術が進められます。

中には、産毛や薄くて細い毛が硬毛化・多毛化したことで、脱毛機器の光を毛根へと確実に反応させられ、ムダ毛をきれいに処理できたケースも報告されているようです。

サロンやクリニックではどう対処してくれるの?

このような脱毛のリスクに対して不安を抱える方のために、サロンやクリニックによっては、硬毛化・多毛化を含めた脱毛トラブルに関しての保証制度を設けているところがあります。

もしも何かしらの症状が起きた場合、診察料やお薬代、脱毛の追加照射代が無料になるといった内容です。施術の設備が万全であっても、副作用やトラブルの可能性はないとは言い切れないので、心配な方は保障制度のあるところで脱毛の契約をしましょう。

どうしても「硬毛化・多毛化になりたくない!」という方は電気脱毛施術を受けるのも1つの手です。この方法は、毛穴に電流を流して確実に毛根を破壊するので、硬毛化・多毛化を起こすことなく脱毛することができます。

おわりに

いかがでしょうか?脱毛しているのにも関わらず、毛が太くなったり、毛の量が増えたりしたら誰でもびっくりしてしまうと思います。このようなトラブルが起こったら、慌てず焦らず、スタッフや医師に相談しましょう。

原因が解明されていない上に予防法もないため、硬毛化や多毛化が起こりやすい部位を脱毛する方は、念のため補償制度があるサロンやクリニックで契約しておけばより安心して脱毛が行えますね。